Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

3色のポリサー構成ガイドライン

3色のポリサーをサポートするプラットフォーム

3色のポリサーは、以下のジュニパーネットワークスルーターでサポートされています。

  • M120 マルチサービスエッジルーター

  • M320 マルチサービスエッジルーターと T Series コアルーターを拡張された2台の柔軟な PIC コンセントレーター (FPCs)

  • MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォーム

  • 拡張スケール FPC4 を使用したコアルーターの T640

  • FPC5 を使用したコアルーターの T4000

デバイスMX シリーズルーター M120、3 カラー のポリシーをアグリゲート インターフェイスに適用できます。

discardファイアウォールフィルターの tricolor マーキングポリサーは、M120 ルーター、M320 ルーター、拡張された III の fpcs、M7i および M10i ルーター、Trio mpcs を使用した MX シリーズルーターをサポートしているため、必須ではありません。ステートメントを含めるlogical-interface-policerには、以下のようにします。

3色のポリサーのカラーモード

3 色のパサー(1 レート、2 レートの 3 カラー、両方)は、次の 2 つのモードのどちらかで動作します。

カラーブラインドモード

カラーブラインドモードでは、すべてのパケットがチェックされていないことを前提としています。カラー認識ではなくカラーブラインドになるように3色のポリサーを構成した場合、そのポリサーは以前のネットワークノードで構成された別のトラフィックポリサーによって、パケットに対して設定した既存のカラーマーキングを無視します。

カラー認識モード

カラー認識モードでは、すべてのパケットが前にマークまたはメータリングされていることを前提としています。言い換えると、3色のポリサーは、以前のネットワークノードで構成された別のトラフィックポリサーによって設定される可能性があるカラーリングマーキングを考慮しています。カラー認識型のポリシーが設定されているノードでは、既存のカラーマーキングを使用して、パケットに対する適切なポリシングアクションが決定されます。

カラー認識モードでは、3色のポリサーはパケットロスの優先度 (PLP) レベルを増加させることができますが、それを減少させるわけではありません。たとえば、カラー認識型の3色のポリサーが、中規模の PLP マーキングを持つパケットをメーターである場合、PLP レベルを高に上げることはできますが、PLP レベルを低く抑えることはできません。

2つのレートに対応し Junos OS た3色の監視では、2つのトークンバケットを使用して、トラフィックのレートに基づいて帯域幅を管理します。たとえば、ネットワークの上流のノードで2レートのポリシーが設定されている場合があります。2レートのポリサーは、パケットを黄色 (損失の優先度中-低) としてマークしています。カラー認識型のポリサーは、適切なポリシー設定アクションを決定する際に、この黄色マークを考慮しています。カラー認識型のポリシーでは、黄色のパケットは緑のパケットと赤色のパケットのどちらかに関連付けられたアクションを受信することはありません。このようにして、パケットを違反したトークンは、メータリングトークンバケットからカラー認識型のポリシー適用ノードで取得されることはありません。

注:

カラー認識モードで動作する3色のポリサーの場合、入力パケットの PLP が中低の場合、ポリサーへの入力パケットの色は黄色にマップされます。

このような状況では、入力パケットの色が変更されていない場合、ポリサーは次のように動作します。

  • T1600 拡張スケーリングタイプ 4 FPC (T1600-FPC4) では、出力パケットの PLP は低 (中低) のままになります。

  • T4000 タイプ 5 FPC (T4000-3D) では、出力パケットの PLP は中-high としてマークされます。

このような違いがあるため、PLP を使用するすべてのアプリケーション (出力インターフェイスでのリライト、WRED の選択など) については、FPC タイプ (T1600 拡張スケール FPC4 (T1600-FPC4) または T4000 FPC5 () に応じて、同じフローに対してパケットの扱いが異なります (T4000-3D))。ポリサーが適用されます。

3色のポリサーの名前付け規則

ポリサーは多数の場合があり、正しく適用する必要があるため、単純な名前付け規則によって、ポリサーを適切に適用することが容易になります。

次のように、ポリサーの基本コンポーネントを識別する慣例を使用して、ポリサーに名前を付けておくことをお勧めします。

  • 3 カラー ポリシー タイプ:1 レートの 3 カラー ポリシーを識別し、2 レートの 3 カラー ポリシー srTCMtrTCM を識別します。

  • 3 カラー ポリシー カラー モード:カラー認識型の 3 カラー ポリシーを識別し、カラー盲目の 3 カラー ポリシー cacbを識別します

注:

TCM は tricolor マークのためのものです。

表 1は、ポリサーの推奨される命名規則について説明しています。

表 1: ポリサーの推奨される命名規則

3色のポリサータイプ

名前付け規則

名前例

カラーに対応した単一レートの3色認識

srTCMnumber-ca

srTCM1-casrTCM2-casrTCM3-ca...

単一レート3色、色覚障碍

srTCMnumber-cb

srTCM1-cbsrTCM2-cbsrTCM3-cb...

色を認識する2対3色を持つ

trTCMnumber-ca

trTCM1-catrTCM2-catrTCM3-ca...

2レート3色、色覚障碍

trTCMnumber-cb

trTCM1-cbtrTCM2-cbtrTCM3-cb...