Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トラフィックマネージャーでのレートの形状を考慮した er のオーバーヘッド

レート形状の概要を考慮しているので、負担を軽減

インターフェイスに対して受信/送信トラフィックのオーバーヘッド値を設定した場合、トラフィックマネージャーは、インターフェイスに適用されているいかなる速度制限にもこれらの値を適用できません。ポリシーのポリシーが決定されたときにルーターが追加のイーサネットフレーム長を考慮するようにするには、ポリサーの受信または送信のオーバーヘッド値を個別に構成する必要があります。

注:

ポリサーのオーバーヘッド値が変更されると、PIC または DPC がオフラインになり、オンラインに戻ります。

ギガビット イーサネットIQ2(インテリジェント キューイング2)とIQ2E(拡張IQ2)PIC、またはMX シリーズルーターのDPC(高密度ポート コンセントレータ)上のインターフェイスでは、ポリシーのオーバーヘッドを設定して、PICまたはDPC上のすべてのインターフェイスを通過するトラフィックのレートを制御できます。 ポリシー イングレス オーバーヘッドと、0~255 バイトの値を持つポリシー エグレス オーバーヘッドを設定できます。ポリサーのオーバーヘッド値は、受信および送信のポリサーのアクションを決定する際に、最終的なイーサネットフレームの長さに追加されます。

例:レート設定を考慮して、ポリサーのオーバーヘッドを構成する

この例では、レート-帯域のオーバーヘッドが設定されているときに、ポリサーのオーバーヘッド値を設定する方法を示します。

要件

開始する前に、受信/送信ポリサーのオーバーヘッドを適用するインターフェイスが、以下のいずれかの方法でホストされていることを確認してください。

  • ギガビットイーサネット IQ2 PIC

  • IQ2E PIC

  • DPC(MX シリーズ ルーター)

概要

この例では、サポートされている PIC または MPC 上のすべての物理インタフェースのポリサーのオーバーヘッド値を設定し、論理インタフェースに設定されているレートの字形値が、その論理インタフェースの任意のポリシーに含まれるようにする方法について説明します。

Topology

ルーターは、スロット番号1にあるFPC(フレキシブルPICコンセントレータ)のPICロケーション3にインストールされたギガビット イーサネットIQ2 PICをホストします。そのPIC上のポート1の物理インターフェイスは、論理インターフェイス0上でトラフィックを受信して論理インターフェイス1に送り返します。サービス クラスのスケジューリングには、出力トラフィックに対する 100 Mbps のトラフィック レート シェーピング オーバーヘッドが含まれます。100 バイトのポリシー エグレス オーバーヘッドを PIC 全体で設定して、出力トラフィックに適用されるポリシーの場合、イングレス/エグレス ポリシーのアクションを決定する際に、最終的なイーサネット フレーム長に 100 バイトが追加されます。

注:

トラフィックレートとそれに対応するポリサーのオーバーヘッドは個別に設定されています。

  • [edit class-of-service interfaces interface-name unit unit-number]階層レベルでレート形状を設定します。

  • ポリサーのオーバーヘッドは、 [edit chassis fpc slot-number pic pic-number]階層レベルで設定します。

ポリサーのオーバーヘッド値が変更されると、PIC または DPC がオフラインになり、オンラインに戻ります。

構成

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

この例を構成するには、以下のタスクを実行します。

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下の構成コマンドをテキストファイルにコピーし、改行を削除してから、コマンドを[edit]階層レベルで CLI に貼り付けます。

論理インタフェースの構成

順を追った手順

論理インタフェースを設定するには、次のステップに従います。

  1. インターフェイスの設定を有効にする

  2. 各論理インターフェイスに対して複数のキューを有効にします (出力スケジューラを各論理インターフェイスに関連付けることができます)。

    注:

    ギガビットイーサネット IQ2 PICs のみの場合shared-schedulerは、ステートメントを使用して、物理インタフェース上で共有スケジューラとスナップショットを有効にします。

  3. 論理インタフェースge-1/3/1.0を構成します。

  4. 論理インタフェースge-1/3/1.1を構成します。

結果

show interfaces構成モードのコマンドを入力して、インターフェイスの設定を確認します。コマンドの出力に意図した構成が表示されない場合は、この手順の手順を繰り返して設定を修正します。

出力トラフィックを搬送する論理インタフェース上でのトラフィックレートの設定

順を追った手順

出力トラフィックを搬送する論理インタフェース上でトラフィックレートを設定するには、次のようにします。

  1. サービスクラスの機能の設定を有効にします。

  2. 論理インタフェースge-1/3/1.0でパケットスケジューリングを構成します。

    • 伝送容量の割合を指定するスケジューラを構成します。

      割合がゼロの場合、キューにあるすべてのパケットが破棄されます。このrate-limitオプションが指定されている場合、伝送レートはレート制御された金額に限定します。このexactオプションとは異なり、 rate-limitオプションを持つスケジューラは、レート制御量より上の未使用の帯域幅を共有します。

    • スケジューラマップを設定して、各スケジューラを転送クラスに関連付けます。

    • スケジューラマップと論理インタフェースge-1/3/1.0を関連付けます。

  3. 論理インターフェイスで 100 Mbps のトラフィック レート シェーピング オーバーヘッドを設定します ge-1/3/1.1

    または、論理インタフェースの字形化レートを設定し、 shaping-rate[edit class-of-service traffic-control-profiles]階層レベルに文を含めることによって物理インタフェースをオーバーサブスクライブすることもできます。この構成アプローチでは、遅延バッファーレートを独立して制御できます。

結果

設定モード コマンドを入力して、サービス クラス機能(エグレス トラフィックのシェーピングを含む)の設定を show class-of-service 確認します。コマンドの出力に意図した構成が表示されない場合は、この手順の手順を繰り返して設定を修正します。

レートを持つ論理インタフェースをホストする PIC または DPC でのポリサーのオーバーヘッドの設定

順を追った手順

レートを持つ論理インタフェースをホストする PIC または MPC でポリサーのオーバーヘッドを設定するには、次のようにします。

  1. サポートされている PIC または MPC の設定を有効にします。

  2. サポートされているPICまたはMPCで、100バイトのポリシー オーバーヘッドを設定します。

    注:

    これらの値は、PIC または MPC のすべての物理インターフェイスに対する受信および送信のポリサーのアクションを決定する際に、最終的なイーサネットフレームの長さに追加されます。

    0~255 バイトの値を使用して、Policer のオーバーヘッドを指定できます。

結果

show chassis設定モードコマンドを入力して、物理インタフェース上のポリサーのオーバーヘッドの設定を確認し、レートを考慮してください。コマンドの出力に意図した構成が表示されない場合は、この手順の手順を繰り返して設定を修正します。

入力トラフィックを搬送する論理インタフェースにポリサーを適用します。

順を追った手順

入力トラフィックを伝送する論理インタフェースにポリサーを適用するには、次のようにします。

  1. 論理インタフェース (集約) ポリサーを構成します。

  2. IPv4 論理インターフェイスのレイヤー 3 入力に、ポリシーを適用します。

    注:

    イングレス/エグレス ポリシー アクションを決定する際に、100 Mbps のポリシー オーバーヘッドが最終的なイーサネット フレームの長さに追加されます。

結果

show firewall And show interfaces configuration モードのコマンドを入力して、ポリサーのオーバーヘッドによって、ポリサーの設定を確認してください。コマンドの出力に意図した構成が表示されない場合は、この手順の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

論理インタフェースのトラフィック統計とポリサーの表示

目的

論理インタフェースを通過するトラフィックフローを検証し、そのパケットが論理インタフェースで受信されたときに、ポリサーが評価されることを確認します。

アクション

論理インタフェースshow interfacesge-1/3/1.0の運用モードコマンドを使用し、 detail or extensiveオプションを含めます。コマンド出力セクションには、論理インターフェイス上で送受信されるバイトおよびパケットの数がリストされます。このセクションには、次のように、関連付けされた番号が入力/出力パサーとしてリストされるフィールドが含 Traffic statisticsProtocol inetPolicer500Kbps まれます。

  • Input: 500Kbps-ge-1/3/1.0-log_int-i

  • Output: 500Kbps-ge-1/3/1.0-log_int-o

サフィックスは入力トラフィックに適用される論理インターフェイス ポリシーを示し、サフィックスは出力トラフィックに適用される論理インターフェイス ポリシー log_int-ilog_int-o を示します。この例では、論理インタフェースポリサーは入力トラフィックのみに適用されます。

ポリサーの統計を表示しています

目的

ポリサーによって評価されたパケット数を確認します。

アクション

show policer運用モードのコマンドを使用し、必要に応じて、ポリサーの名前を指定します。このコマンド出力には、各方向における各構成済みのポリサー (または指定したポリサー) によって評価されたパケット数が表示されます。ポリサー 500Kbpsでは、入力および出力のポリサー名は次のように表示されます。

  • 500Kbps-ge-1/3/1.0-log_int-i

  • 500Kbps-ge-1/3/1.0-log_int-o

サフィックスは入力トラフィックに適用される論理インターフェイス ポリシーを示し、サフィックスは出力トラフィックに適用される論理インターフェイス ポリシー log_int-ilog_int-o を示します。この例では、論理インタフェースポリサーは入力トラフィックのみに適用されます。