Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

IS-IS プロトコルのバックアップ選択ポリシーの構成

IS-IS プロトコルのバックアップ選択ポリシーについて

IS-IS ループフリーの代替 (LFA) ルートのサポートにより、IS-IS に IP 高速再ルーティング機能が追加されています。Junos OS 事前に、すべての IS-IS ルートに対して複数のループなしのバックアップルートを計算しています。これらのバックアップルートはパケット転送エンジンに事前にインストールされており、ローカル修理を実行し、特定のルートのプライマリネクストホップへのリンクが利用できなくなった場合にバックアップパスを実装します。LFA の選択は、指定された宛先に進行するために、一致する LFA を選択することでランダムに実行されます。このことは、ネットワークに最適なバックアップカバレッジを保証するものではありません。最適な LFA を選択するために、Junos OS では、各宛先 (IPv4 および IPv6) に対応したネットワーク全体のバックアップ選択ポリシーと、プライマリホップインターフェイスを構成できます。これらのポリシーは、管理者グループ、srlg、帯域幅、保護タイプ、メトリック、および近隣情報に基づいて評価されます。

最短パスファースト (SPF) 計算では、バックアップパスの各ノードとリンク属性は IGP によって累積され、トポロジ内のすべてのノード (ルーター) に関連付けられます。最適なバックアップパスの次ホップが、ルーティングテーブルのバックアップの次ホップとして選択されます。一般に、バックアップ評価ポリシールールは、以下のタイプに分類されます。

  • Pruning — 対象のバックアップパスを選択するように設定されたルール。

  • 順序 — 対象のバックアップ パスの中で最適なオプションを選択するように設定されたルール。

バックアップ選択ポリシーには、排除ルールと順序規則の両方を設定できます。バックアップポリシーの評価では、各バックアップパスにスコアが割り当てられます。この整数値は、評価基準の総重量を表します。最高のスコアを持つバックアップパスが選択されます。

LFA 選択を適用するには、以下の属性に対してさまざまなルールを設定します。

  • 管理グループ: 管理グループ(リンク カラーリングまたはリソース クラスとも呼ばれる)は、リンクの「色」を説明する手動で割り当てられた属性です。リンクは概念的に同じクラスに属するのと同じ色でリンクします。これらの構成済み管理グループは、[プロトコル MPLS で定義されています。管理グループを使用して、除外、インクルード-すべて、包含-すべて、または設定を使用して、さまざまなバックアップ選択ポリシーを実装することができます。

  • バックアップネイバー — バックアップパスの選択で選択または除外するネイバーID。

  • ノード— バックアップ パスの選択で選択または除外する、隣接ノードのループバック IP アドレスのリスト。ノードは、ローカル (隣接したルーター) ノード、リモートノード、またはバックアップパス内のその他の任意のルーターにすることができます。ノードは、LSP のノードによって提供された TE ルーター ID TLV を使用して識別します。

  • ノードタグ: ノードタグは、すべてのPEノードに対して同じネイバータグ値などの条件に基づいてネットワーク内のノードのグループを識別し、バックアップパスの選択で選択または除外します。これは IS-IS 管理タグを使用して実装されています。ルーター id は明示されていませんが、管理タグプリフィックスを lo0 のアドレスプレフィックスとして識別することができます。これらのタグは、ルーターの TE ルーターの _ID またはノード ID を表す、/32 プレフィックス長を使用して、拡張 IP 到達可能性の一部として提供されます。

  • srlg: 共有リスク リンク グループ(SRLG)は共通リソースを共有するリンクのセットで、共通リソースに障害が発生した場合にセット内のすべてのリンクに影響を与える。これらのリンクは、障害の同じリスクを共有しているため、同じ SRLG に属していると見なされます。たとえば、ファイバーに障害が発生すると、グループ内のすべてのリンクが失敗する可能性があるため、共通ファイバーを共有するリンクは同じ SRLG であると言われています。SRLG は、IGP (IS-IS) ドメイン内でユニークな32ビット番号で表されています。リンクは、複数の SRLGs に属することがあります。バックアップの選択を定義して、プライマリとバックアップのパスの間にある共通の Srgs を許可または拒否することができます。

  • 帯域幅 — 帯域幅は、プライマリ パスとバックアップ パスの間の帯域幅制約を指定します。バックアップの次ホップリンクは、バックアップのネクストホップインターフェイスの帯域幅がプライマリネクストホップの帯域幅以上である場合にのみ使用できます。

  • 保護タイプ: 保護タイプは、プライマリ ノードのノード障害や、プライマリ リンクのリンク障害から宛先を保護します。ターゲットを保護するために、ノード、リンク、またはノードリンクを構成できます。. リンクノードが設定されている場合、リンク保護 LFA よりもノードを保護している LFA が優先されます。

  • metric — 指標が LFA を優先する方法を決定します。バックアップ選択パスでは、ルートメトリックと宛先メトリックは2種類のメトリックです。ルートメトリックは、1ホップの隣接ノードまたは RSVP バックアップ LSP テールエンドルーターなどのリモートルーターへのメトリックを示します。宛先メトリックは、1ホップの近隣ノードまたはリモートルーター (RSVP backup LSP tail エンドルーターなど) から最終宛先へのメトリックを示します。メトリック評価は、昇順または降順で実行されます。デフォルトでは、1つ目の設定は、宛先評価が最下位のバックアップパスに、次に、最下位のルートメトリックを使用してパスをバックアップするために使用されます。

評価順序によって、バックアップパスでこれらの属性を評価する順序と条件を制御できます。評価順序を明示的に設定できます。バックアップパスの選択に影響を与えるのは、設定された属性のみです。LFA のこれらの属性の評価のデフォルトの順序は、[admin group srlg 帯域幅の保護-近傍ノードのタイプ-タグメトリック] です。