Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ファイアウォールフィルタトラフィックの監視

動作モードコマンドを使用して、ファイアウォールフィルタトラフィックを監視できます。

構成されているすべてのファイアウォールフィルターおよびポリサーのトラフィックを監視します。

目的

ファイアウォールフィルターに一致したパケットおよびバイト数を監視し、ポリサー率の制限を超えたパケット数を監視します。

アクション

運用モードshow firewallのコマンドを使用します。

このshow firewallコマンドは、構成されているすべてのファイアウォールフィルター、カウンター、およびポリサーの名前を表示します。フィルタ構成で指定されている各カウンターについて、[出力] フィールドには、カウンターが指定されている用語のバイト数とパケット数が示されます。フィルタ構成で指定されている各ポリサーについて、[出力] フィールドには指定したレート制限を超えるパケット数が表示されます。

特定のファイアウォールフィルターのトラフィックを監視する

目的

ファイアウォールのフィルターに一致したパケット数と bytes を監視し、ポリサー率の制限を超えたパケット数を監視します。

アクション

運用モードshow firewall filter filter-nameのコマンドを使用します。

このshow firewall filter filter-nameコマンドは、指定されたフィルタに対して定義されているカウンターおよびポリサーに対して、表示情報を制限します。

特定のポリサーのトラフィックの監視

目的

次のように、ポリサーのレート制限を超えたパケット数を監視します。

アクション

運用モードshow firewall policer policer-nameのコマンドを使用します。

このshow firewall policer policer-nameコマンドは、指定されたポリサーのレート制限を超えたパケット数を表示します。