Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ポリサーオーバーヘッドの設定

ポリサーのオーバーヘッドを設定することで、インターフェイス上で送受信されるトラフィックのレートを制御できます。ポリサーオーバーヘッドを設定すると、設定されたポリサーオーバーヘッド値(バイト)が最終的なイーサネットフレームの長さに追加されます。この計算されたフレームの長さは、ポリサーまたはレート制限アクションを決定するために使用されます。そのため、ポリサーのオーバーヘッドにより、インターフェイス上で送受信されるトラフィックのレートを制御できます。ポリサーオーバーヘッドを設定して、キューとレイヤー2とMACポリサーをレート制限することができます。ポリサーオーバーヘッドとシェーピングオーバーヘッドは、インターフェイス上で同時に設定できます。

この機能は、IQ2 PICまたはIQ2E PICを搭載したMシリーズおよびTシリーズルーター、およびMXシリーズDPCでサポートされています。

インターフェイス上で送受信されるトラフィックのレートを制御するためのポリサーオーバーヘッドを設定するには:

  1. 設定モードの [edit chassis] 階層レベルで、入力トラフィックまたは出力トラフィックにポリサーオーバーヘッドを追加するインターフェイスを作成します。

    例えば、

  2. ポリサーのオーバーヘッドを設定して、インターフェイス上の入力または出力トラフィックを制御します。この設定には、ステートメントまたは両方のステートメントを使用できます。

    例えば、

  3. 設定を確認します。
注:

PIC のポリサー オーバーヘッド バイトの設定が変更されると、PIC はオフラインになり、その後オンラインに戻ります。さらに、CLI の設定は PIC 単位であるため、PIC 上のすべてのポートに適用されます。