Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ポリサーのオーバーヘッドの構成

ポリサーオーバーヘッドを構成すると、インターフェイスで送信または受信されるトラフィックの速度を制御できます。ポリサーのオーバーヘッドを構成すると、構成されたポリサーのオーバーヘッド値 (バイト) が最終的なイーサネットフレームの長さに追加されます。このフレームの計算長さは、ポリサーまたはレート制限アクションを決定するために使用されます。そのため、ポリサーのオーバーヘッドによって、インターフェイスで送信または受信されるトラフィックの速度を制御できます。ポリサーのオーバーヘッドを設定して、キューとレイヤー2および MAC ポリサーの速度を制限することができます。ポリサーのオーバーヘッドと帯域のオーバーヘッドは、インターフェイス上で同時に設定できます。

この機能は、IQ2 PICs または IQ2E PICs を備えた M Series および T Series ルーターでサポートされており、MX シリーズ Dpc にも対応しています。

インターフェイスで送信または受信するトラフィックの速度を制御するために、ポリサーのオーバーヘッドを構成するには、次のようにします。

  1. 構成モード[edit chassis]の階層レベルで、入力または出力トラフィックにポリサーオーバーヘッドを追加するためのインターフェイスを作成します。

    たとえば、以下のように記述します。

  2. ポリサーのオーバーヘッドを設定して、インターフェイス上の入力または出力トラフィックを制御します。この構成では、いずれかの文または両方の文を使用できます。

    たとえば、以下のように記述します。

  3. 構成を確認します。
注:

PIC 上のポリサーオーバーヘッドバイトの設定が変更されると、PIC がオフラインになり、オンラインに戻ります。さらに、CLI での設定は PIC 単位で行われるため、PIC のすべてのポートに適用されます。