Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

use-interface-description

Syntax

Hierarchy Level

Description

DHCP ベース オプション 82 エージェント回線 ID(サブオプション 1)またはエージェント リモート ID(サブオプション 2)情報、または DHCPv6 オプション 18(リレー エージェント インターフェイス ID)またはオプション 37(リレー エージェント リモート ID)情報の代わりに、DHCP リレー エージェントが DHCP サーバーに送信する DHCP パケット内のインターフェイス識別子の代わりに、テキスト インターフェイスの説明を使用します。

注:

IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)インターフェイスの場合、オプション82フィールドは、エージェント回線IDまたはエージェントリモートIDに基づいて受信インターフェイスを一意に識別できる必要があります。テキスト インターフェイスの説明の情報を、未加工の IFD(サブユニットのない物理インターフェイス)名と一致するように変更し、オプション 82 フィールドでインターフェイスの説明を使用するように設定できます。

テキスト記述は、階層レベルの[edit interfaces interface-name]ステートメントをdescription使用して設定されます。テキストの説明を使用するように指定し、インターフェイスに説明が設定されていない場合、DHCP リレーはデフォルトでレイヤー 2 インターフェイス名を使用します。インターフェイス名ではなくインターフェイスの説明を使用する場合、インターフェイスの説明をインターフェイス ユニットの下で指定する必要があります(「set interfaces ge-0/0/0 unit 0 description "client")。これを行わない場合は、インターフェイス名が使用されます。

IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)インターフェイスの場合、IRB インターフェイスの代わりにレイヤー 2 インターフェイスのテキスト記述が使用されます。説明が設定されていない場合は、レイヤー 2 論理インターフェイス名が使用されます。レイヤー 2 インターフェイスの説明の代わりに IRB インターフェイスの説明を含める場合は、ステートメントとステートメントをuse-interface-description no-vlan-interface-name設定します。IRB インターフェイスに説明が設定されていない場合、DHCP リレーはデフォルトで IRB インターフェイス名を使用します。

注:

ステートメントは use-interface-description 、ステートメントと相互に use-vlan-id 排他的です。

デフォルトの構文を受け入れるのではなく、テキスト インターフェイスの説明を指定した場合、識別はサーバーから返されるパケット用で、その識別が DHCP リレーによって必要とされる場合(ステートレス パススルーなど)のみです。

注:

デフォルトでは、DHCP リレーは最大 253 ASCII 文字を受け入れます。テキスト インターフェイスの説明が 253 文字を超えると、DHCP リレーはパケットを破棄し、その結果、DHCP クライアントはバインドに失敗します。

Options

logical— 論理インターフェイス用に設定されたテキスト記述を使用します。

device— デバイス インターフェイス用に設定されたテキストの説明を使用します。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.6 で導入されたステートメント。

[edit ... dhcpv6] Junos OS リリース 11.4 で導入された階層レベルでのサポート。

Junos OS リリース 14.1 で導入された階層レベルと[edit ... remote-id]階層レベルでの[edit ... relay-agent-remote-id]サポート。

EX シリーズ スイッチの [edit vlans vlan-name dhcp-security dhcpv6-options option-18] Junos OS リリース 14.1X53-D10 で導入された階層レベルと [edit vlans vlan-name dhcp-security dhcpv6-options option-37] 階層レベルでのサポート。