Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

source-address-filter-list

source-address-filter-list (Create List)

Hierarchy Level

source-address-filter-list (Use list)

Hierarchy Level

Description

送信元アドレスフィルターリストは、通常、受信ルートアドレスをマルチプロトコル BGP (MBGP) およびマルチキャストソース探索プロトコル (MSDP) 環境のユニキャストソースアドレスに一致させるために使用する、個々の送信元アドレスフィルターのユーザー設定リストです。、 [edit policy-options]階層レベルで作成されます。リスト内の各項目は、完全な送信元アドレスフィルタステートメントで構成されています。これは、送信元プレフィックスアドレス、対戦タイプ、およびオプションのアクションからなります。

たとえば、以下のように記述します。

設定されるsource-address-filter-listと、をsource-address-filter-list-name階層レベルpolicy-statementでの[edit policy-options policy-statement policy-statement-name term term-name from]で参照することによってを使用します。送信元のアドレスフィルターリストは、他のsource-address-filterステートメントとともに使用できます。

たとえば、以下のように記述します。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース16.1 で M Series、MX シリーズ、T Series に初めて導入されました。