Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

output-chain

Syntax

Hierarchy Level

Description

コマンドは output-chain フィルタ条件と同様に next 機能し、イングレス方向とエグレス方向の両方でインターフェイス上で複数レベルのフィルタリングを可能にします。たとえば、評価に分類ルールとファイアウォール フィルター ルールの組み合わせを実装できます。ここでは、最初のフィルターが汎用フィルター分類を実行し、後続のフィルターが実際のフィルタリングとアクションを実行します。

次のフィルターに進むには、現在のフィルターで終了アクションをする accept必要があります。

この output-chain コマンドは、ループバック(lo0 および fxp0)を除くすべてのインターフェイスと論理システムのインターフェイスでサポートされています。

Options

[ filter-names ]—パケットがインターフェイスで受信されたときに評価されるチェーン内の各フィルタの名前。最大 8 個のイングレス フィルターと 8 個のエグレス フィルターをサポートします。評価は、名前が左から右に表示される順序で行われます。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 18.4R1 で導入されたステートメント。

Junos OS Evolvedリリース21.4R1(PTX10001-36MR、PTX10004、PTX10008、PTX10016)で導入されたステートメント。