Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

論理インターフェイス・ポリサー

構文

階層レベル

説明

論理インタフェースポリサーを構成します。Junos OS Release 18.3 R1 以降を実行している PTX シリーズルーターでは、このコマンドを使用して、同じインターフェイスを共有するさまざまなファミリアドレスタイプ (IPv4 および IPv6) に対して個別のファイアウォールフィルターを構成し、フィルターのアクションとして同じポリサーを構成できます。.

アグリゲーションポリサーを設定するには、としてlogical-interface-policer使用するファイアウォールポリサーを設定します。また、ポリサーを参照するfirewall family family-name filter filter-name 階層レベルでは、ポリサーによってinterface-specificファイアウォールフィルタアクションを実行します。

サンプルの構成では、リレーションシップが示されています。

注:

Junos OS リリース12.2、T Series コアルーターのみで開始されている場合、特定の LSP に対して MPLS LSP ポリサーを構成して、異なるプロトコルファミリータイプ間で共有することができます。そのためにはlogical-interface-policer 、ステートメントを含める必要があります。

必須の権限レベル

ファイアウォール — このステートメントを設定に表示するには。

firewall-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

リリース [edit firewall three-color-policer policer-name] 8.2 で導入された階層Junos OSサポートされます。

リリース 9.3 でJunos OS論理システムがサポートされています。

Junos OS リリース 11.4 [edit dynamic-profiles ... policer policer-name][edit dynamic-profiles ... three-color-policer name]導入された階層レベルでのサポート

Junos OS リリース 18.3 R1 に PTX シリーズルーターを追加し、第3世代の FPCs をサポートしています。