Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

family (Firewall)

Syntax

Hierarchy Level

Description

IP バージョン 4(IPv4)または IP バージョン 6(IPv6)トラフィック用にファイアウォール フィルターを設定します。ブリッジングMX シリーズスイッチEX シリーズ、ブリッジング環境のレイヤー 2 トラフィック用のファイアウォール フィルターを設定します。

Options

family-name:アアドレス プロトコルのバージョンまたはタイプ:

  • any:プロトコルに依存しない一致条件。

  • bridge:(MX シリーズ)ブリッジング ドメインの一部であるレイヤー 2 パケット。

  • ethernet-switching—(EX シリーズ)レイヤー 2(イーサネット)パケットとレイヤー 3(IP)パケットをフィルターします。

  • ccc:レイヤー 2 スイッチングクロス接続が可能です。

  • inet—IPv4 アアドレス プロトコル。

  • inet6—IPv6 アアドレスプロトコル。

  • mpls—MPLS。

  • vpls:VPLS(仮想プライベート LAN サービス)。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

注:

ポリサーが考慮しているパケットの長さは、ファイアウォールフィルタのアドレスファミリーによって異なります。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

リリース 9.3 でJunos OS論理システムがサポートされています。

simple-filter ステートメントは、Junos OS リリース 7.6 で発表されました。

any ファミリー タイプは、Junos OS 8.0 で導入されました。

bridge ファミリー タイプは、Junos OS 8.4 で導入されました(MX シリーズ ルーターのみ)。