Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

color-blind

構文

階層レベル

説明

3 色ポリサーの場合は、事前に分類されたパケットを計測する方法を設定します。カラー ブラインド モードでは、ローカル ルーターはパケットの事前分類を無視し、高いまたは低いパケット 損失優先度を割り当てることができます。

たとえば、アップストリーム ルーターが、パケットがアップストリーム ルーター インターフェイスのコミットされた情報レートを超えたために、パケットに中程度の高いパケット 損失優先度を割り当てたとします。

  • ローカル ルーターがパケットにカラー認識ポリシングを適用する場合、パケットがローカル ルーター インターフェイスの設定済み情報ルートに準拠している場合でも、ルーターはパケット 損失の優先度を低に変更 できません

    注:

    カラー認識ポリサーは、レイヤー 2 トラフィックに適用できません。

  • ローカル ルーターがパケットにカラー ブラインド ポリシングを適用する場合、パケットがローカル ルーター インターフェイス上の設定されたコミットされた情報ルートに準拠している場合、ルーターはパケット 損失の優先度を低に変更 できます

デフォルト

ステートメントを color-blind 省略すると、既定の動作は、色認識モードです。

必須権限レベル

ファイアウォール — このステートメントを設定で表示します。

ファイアウォール制御 — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 7.4 で導入されたステートメント。

Junos OS リリース 11.4 で導入された階層レベルと[edit dynamic-profiles ... two-rate] 階層レベルでの[edit dynamic-profiles ... single-rate] サポート。