Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

帯域幅の割合

構文

階層レベル

説明

単一レートの 2 カラー ポリシーでは、帯域幅制限を割合値として設定します。シングルレートの2色のポリシーでは、単一トークンバケットアルゴリズムを使用して、2色のポリサーレート制限に対するトラフィックフロー準拠を測定します。

帯域幅制限に一致するインターフェイスのトラフィックは、緑に分類されます。指定されたレートを超えるトラフィックは、1つのトークンバケットに十分なトークンがあるということを示すため、緑色のように分類されます。緑色のフローのパケットは、パケットロスlowの優先度で暗黙的にマークされ、その後、インターフェイスを通過します。

1つのトークンバケットに残っているトークンがない場合、指定されたレートを超えるトラフィックは、赤で分類されます。2色のポリサーの構成によっては、赤のトラフィックフロー内のパケットが暗黙的に破棄されることがあります。または、指定された転送クラス、指定された PLP、またはその両方を使用してパケットを再マークし、その後、インターフェイスを通過することがあります。

注:

このステートメントは、物理インターフェイス ポート速度または設定済みの論理インターフェイス シェーピング レートのいずれか、帯域幅の制限を割合として指定します。または、 ステートメントを使用して、帯域幅の制限を 1 秒あたりの絶対ビット bandwidth-limit bps 数として指定できます。

帯域幅制限の機能は、バースト サイズ(ステートメントを使用して設定)によって拡張され、トラフィック負荷全体に基づいて、トラフィックのバーストを最大制限 burst-size-limit bytes まで可能にできます。

  • 1対の2色のポリサーがインターフェイスの入力または出力トラフィックに適用されると、トラフィックバーストの初期容量は、このステートメントで指定されたバイト数と等しくなります。

  • 比較的低いトラフィック (トークン到着レート以下の全周波数でインターフェイスから受信または departs されるトラフィック) では、未使用のトークンはバケットに蓄積されますが、構成済みトークンバケツの深さまでです。

単一レートの2色のポリシーにより、トラフィックを短期間でバーストすることができ、シングルレートと2レートの3色のポリシーにより、トラフィックのバーストが持続します。

階層のポリシー作成は2色のポリシー適用方式の1つであり、パケットが優先転送 (EF) に分類されているか、優先度が低いかに基づいて、さまざまなコストの対処法を実行します。階層型ポリシーをイングレス レイヤー 2 トラフィックに適用すると、EF トラフィックのバーストを短い期間、および EF 以外のトラフィックのバーストを短期間で許可し、EF トラフィックは常に非 EF トラフィックよりも優先されます。

オプション

percentage—トラフィック レート(物理インターフェイスのメディア レートまたは論理インターフェイス設定のシェーピング レートのいずれか)の割合。論理インタフェースの帯域制限レートを設定するには、サービスのクラスを使用します。

注:

帯域幅の割合 (%) を使用して、トンネルまたはソフトウェアインターフェイス、または転送テーブルのフィルターをレート制限にすることはできません。インターフェイス専用のフィルターにのみ有効です。アグリゲート型イーサネットまたは SONET バンドルで帯域幅の一致やバーストサイズを使用する場合は、帯域幅のshared-bandwidth-policer割合を使用する必要があります。

  • 0~100

  • なし。

必須の権限レベル

ファイアウォール — このステートメントを設定に表示するには。

firewall-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

Junos OS リリース 11.4 [edit dynamic-profiles ... if-exceeding]で導入された階層レベルでのサポート