Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show interfaces source-class

Syntax

Description

送信元クラス別にグループ化されたインターフェイスに関する情報を表示します。

Options

all

設定されたすべてのソース クラスに関する情報を表示します。

source-class-name

これらのプレフィックスに一致する送信元アドレスを持つパケットをカウントするプレフィックスの論理グループの名前。

interface-name

論理インターフェイスの名前。

Additional Information

IPv4、IPv6、または MPLS(マルチプロトコル ラベル スイッチング)トラフィックを伝送するインターフェイスの場合、ネットワークを通過するトラフィックのエントリー ポイントと出口点に基づいてパケット数を維持できます。エントリーポイントとエグジットポイントは、送信元クラスと宛先クラスとして定義されたセットにグループ化された送信元および宛先プレフィックスによって識別されます。詳細については、「 ルーティング デバイス用 Junos OS ネットワーク インターフェイス ライブラリ」を参照してください

Required Privilege Level

ビュー

Output Fields

表 1 は、コマンドの出力フィールドを show interfaces source-class リストします。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show interfaces source-class Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

Logical interface

論理インターフェイスの名前。

Source class

このインターフェイスのクラス当たりの送信元クラス使用量(SCU)カウンター。

Packets

指定されたユーザー選択プレフィックスに送信されるパケット。

Bytes

指定されたユーザー選択プレフィックスへのバイト数。

Sample Output

show interfaces source-class all

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたコマンド。

all Junos OSリリース8.0で導入されたオプションです。