Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show accounting profile

Syntax

Description

アカウンティング プロファイル情報を表示します。

Options

profile-name

アカウンティング プロファイルの名前。

Required Privilege Level

ビュー

Output Fields

表 1 は、コマンドの出力フィールドを show accounting profile リストします。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show accounting profile Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

Profile

アカウンティング プロファイルの名前。

Sampling interval

統計収集用に設定された間隔(分)。

Profile Usage Count

アカウンティング統計収集用に構成された項目数。

file information

アカウンティング プロファイル ログに関する情報(以下を含む)

  • File—アカウンティング プロファイル ログの名前。名前が明示的に指定されていない場合は、アカウンティング プロファイルの名前が使用されます。すべての統計ファイルがディレクトリに /var/log 配置されます。

  • maximum size—設定済みのサイズ。サイズを超えると、ログ ファイルが閉じ、新しいログ ファイルが開きます。

  • maximum number—ログ ファイルの最大数を設定します。

  • bytes written— ログ ファイルに書き込まれたバイト数。

Transfer Interval

ファイルが開いたままで、閉じ、転送、回転される前に統計情報を受信する時間(分)。転送サイトが指定されているかどうかに関係なく、時間またはファイルサイズを超えると、ファイルは閉じられ、新しいファイルが開かれます。

Next Scheduled Transfer

次の転送が行われる時刻。

Column Labels

サンプル統計の名前。このリストは、設定によって異なります。

  • profile-layout— レポートされたデータ フィールドのリストが、出力に表示される順序で表示されます。

  • epoch-timestamp—剹區區からの秒数。

  • interfaces—(インターフェイス、フィルタ、宛先クラス プロファイルの場合)フィルタが適用されるインターフェイスの名前。

  • filter-name—(フィルタ プロファイルの場合)フィルタの名前。

  • counter-name—(フィルター プロファイルの場合)カウンターの名前。

  • packet-count—(フィルター および宛先クラス プロファイルの場合)カウンターのパケット数。

  • byte-count—(フィルター および宛先クラス プロファイルの場合)カウンターのバイト数。

  • input-bytes—(インターフェイス プロファイルの場合)入力バイト。

  • input-errors—(インターフェイス プロファイルの場合)汎用入力エラー パケット。

  • input-multicast—(インターフェイス プロファイルの場合)マルチキャストで受信する入力パケット。

  • input-packets—(インターフェイス プロファイルの場合)入力パケット。

  • input-unicast—(インターフェイス プロファイルの場合)ユニキャスト パケットを入力します。

  • output-bytes—(インターフェイス プロファイルの場合)出力バイト。

  • output-errors—(インターフェイス プロファイルの場合)汎用出力エラー パケット。

  • output-multicast—(インターフェイス プロファイルの場合)マルチキャストによって送信されたパケットを出力します。

  • output-packets—(インターフェイス プロファイルの場合)出力パケット。

  • output-unicast—(インターフェイス プロファイルの場合)ユニキャスト パケットを出力します。

  • no-proto:(インターフェイス プロファイルの場合)サポートされていないプロトコルのパケット。

  • snmp-index—(インターフェイス プロファイルの場合)SNMP インデックス。

  • destination-class-name—(宛先クラス プロファイルの場合)宛先クラス名を設定します。

  • host name—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)ルーターのホスト名。

  • date-yyyymmdd—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)日付。

  • timeofday-hhmmss—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)時刻。

  • uptime—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)前回の再起動からの時間(秒)。

  • cpu1min—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)過去 1 分間の平均システム負荷。

  • cpu5min—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)過去 5 分間の平均システム負荷。

  • cpu15min—(ルーティング エンジン プロファイルの場合)過去 15 分間の平均システム負荷。

Interface name

このアカウンティング プロファイルに設定されたインターフェイスの名前。

Filter name

このアカウンティング プロファイルに設定されたフィルタの名前。

routing-engine-stats

ルーティング エンジン アカウンティング プロファイル。

Next Scheduled Collection

名前付きインターフェイスの次の統計収集の時間。

Sample Output

show accounting profile (Interface)

show accounting profile (Filter)

show accounting profile (Destination Class)

show accounting profile (Routing Engine)

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたコマンド。