Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:ルートフィルターの Walkup をグローバルに構成して、運用効率を高めます。

複数のポリシー条件でルートフィルターが分割されているため、ポリシーのパフォーマンスに懸念がある場合は、walkup 機能を使用してください。Walkup 機能を使用すると、1つのポリシー用語でルートフィルターを統合できます。

この例では、ルートフィルターを使用するポリシーステートメントに対してルートフィルター walkup 機能をグローバルに設定する方法を示します。グローバルレベルで設定された場合、ルートフィルター walkup オプションはすべてのポリシーステートメントに適用されます。この例では、複数のルート フィルタでポリシー条件のデフォルト動作をグローバルに変更します。そのため、デフォルトの「無歩み」動作に戻す場合はローカルで確立する必要があります。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • ジュニパーネットワークスルーター

  • Junos のオペレーティングシステム (13.3 またはそれ以上)

ルートフィルタ walkup をローカルに設定する前に、以下のことを確認してください。

  • 適切に構成されたルーティングポリシーまたはルーティングポリシーセット

  • 複数のルートフィルター条件を、より少ないルーティングポリシー条件に統合する必要がある

概要

ルーティングプロトコルは、同じルーティングプロトコルを実行している他のルーターと情報を交換します。多くの場合、ルートフィルターはルーティングポリシーステートメント内で使用され、インポートまたはエクスポートのプレフィックスをフィルター処理します。場合によっては、ルートフィルターが複数の条件に分割されていると、パフォーマンスが影響を受けます。Route filter walkup 機能を使用すると、ポリシーの文の条件を統合して運用効率を高めることができます。

この例では BGP を使用していますが、同じ walkup 機能は、入力または出力のルートフィルタリングをサポートするすべてのルーティングプロトコルに適用されます。

ルートフィルターを使用してポリシーステートメント内の用語のデフォルトの動作を変更するようにジュニパーネットワークスルーターを構成できます。デフォルトでは、条件内のすべてのルートフィルターに対して、最長一致の試行が1回だけ試みられています。ウォークアップ機能により、ルーターは、最も長い一致から、真の条件を探してより具体的ではない条件まで、ルート フィルタを「アップ」することができます。これにより、ポリシーステートメントに複数の条件を統合し、対応する運用効率を実現できます。

この例では、すべてのポリシーステートメントについて、既定の動作をグローバルに変更します。ポリシーを個別にno-walkup設定することもできます。

Topology

図 1サンプルネットワークでは、ルーター CE1 は他のベンダーのルーターです。残りのコンポーネントはジュニパーネットワークスルーターです。Walkup 機能は、図中のルーターの CE1 以外にも設定できます。ルーター CE1 のベンダーは、同様の機能をサポートしている場合があります。

図 1: グローバルな Walkup の例のトポロジーグローバルな Walkup の例のトポロジー

この例では、以下のアドレスが使用されています。

  • 10.0.0.0/16

  • 10.0.0.0/8

注:

10.0.0.0/8アドレス空間はドキュメント用に予約されているわけではあり10.0.0.0/8ませんが、このトピックでは、プライベート RFC 1918 アドレススペースを使用しています。これは、このアドレススペースが提供する柔軟性と現実的なシナリオによって異なります。

ルートフィルター Walkup をグローバルに構成する

CLI クイック構成

この例を迅速に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、アドレスやインターフェイスなどの詳細をネットワーク構成に合わせて変更してから CLI[edit]にコマンドをコピーしてください。階層レベル。

デバイス PE1

手順

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」を 参照してください。

Walkup をグローバルに実行するようにルーター PE1 を構成し、1つの条件で複数のルートフィルターを結合するには

  1. Walkup 機能をグローバルに設定します。

  2. という名前routeset1-importのインポートポリシーに対してポリシーステートメントを構成します。

  3. インポートとエクスポートのポリシーステートメントのポリシーオプションを構成します。

  4. BGP の近傍にインポートおよびエクスポートポリシーを適用します。

結果

設定モードから、 show protocolsshow policy-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

ルートフィルタオペレーションの検証

目的

ルートフィルターが期待どおりに機能していることを確認するために、ルートに関する必要な情報を表示します。

10.0.0.0/8 orlongerフィルターには、その範囲10.0.0.0/16 prefix-length-range /22-/24にフィルタが含まれていることに注意してください。つまり、8ビット10.0.0.0以上のプレフィックスを持つルートは、22 ~ 24 ビットの範囲のプレフィックスを持つルートにすることもできます。Walkup 機能が有効になっていないと10.0.0.0/16 、そのようなルートが拒否されたり、隠ルートになったりすることがあります。Walkup 機能が期待どおりに動作している場合は、など10.0.0.0/16のルートがポリシーによって承認されます。

アクション

動作モードから、ルートプロトコルbgp 10.0.0.0/16の表示コマンドを入力します。非表示ルート10.0.0.0/16になっていないことを確認します。

さらに確認するには、受け入れられるルートが非表示ルートでないことを確認します。動作モードから、ルートプロトコル bgp ip-address-prefix hiddenの表示コマンドを入力してこれを確認します。

構成済みポリシールートフィルタ条件において、ルートが最長一致していない場合、walkup 機能がグローバルに機能していることを示しています。

トラブルシューティング

ルートフィルタ walkup をグローバルにトラブルシューティングするには

トラブルシューティング BGP

BGP が予期したとおりに機能していません。

ソリューション

BGP の構成の概要」、「例」、「トラブルシューティング」を参照してください。

ポリシーステートメントのトラブルシューティング

ポリシーステートメントは予期したとおりに機能していません。

ソリューション

ルーターで特定の BGP ルートが受信されていることを確認し、次の例をご覧ください。BGP ルートの提供に関するトピック、関連する例、およびトラブルシューティングを構成します。

ルートフィルターのトラブルシューティング

ルートフィルターが予期したとおりに機能していません。

ソリューション

ルートフィルタマッチ条件のトピック、例、トラブルシューティングを参照してください。