Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

例:BGP 大規模コミュニティの設定

この例では、オプションの推移性パス属性(グローバル管理者として自律システム番号をエンコードするための最も重要な4バイト値を提供する12バイトのBGP大規模コミュニティと、RFC 8092で定義されているローカル値をエンコードするための残りの2つの4バイト割り当て番号)を設定する方法を示します。BGP大規模コミュニティ は、 および 階層レベルで設定できます。[edit policy-options community community-name members][edit routing-options static route ip-address community] BGP ラージ コミュニティ属性フォーマットには、4 つのフィールドがあります。:。largeglobal administrator:assigned number:assigned number

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 3 つの MX シリーズ ルーター

  • すべてのデバイスでJunos OS Release 17.3以降が作動していること

この例を設定する前に、デバイス初期化以外の特別な設定を行う必要はありません。

概要

この例では、デバイスR1とデバイスR2は自律システム(AS)64510のOSPFネイバーです。デバイスR3には、デバイスR1への外部BGP(EBGP)接続があります。デバイスR2の172.16/16アドレス空間に顧客ネットワークがあり、ループバックインターフェイス(lo0)上のアドレスでシミュレートされます。デバイスR1は、複数の172.16.x/24ネットワークへのスタティックルートを持ち、これらのルートに通常のコミュニティ値を付加します。次に、デバイスR1はエクスポートポリシーを使用してデバイスR3にルートをアドバタイズします。デバイスR3はこれらのルートを受信し、インポートポリシーを使用して大きなコミュニティ値をルートに追加します。

トポロジー

図 1 に、サンプル ネットワークを示します。

設定

CLIクイック構成

この例を素早く設定するには、以下のコマンドをコピーしてテキスト・ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク構成に合わせて必要な内容を変更した後、[edit]階層レベルのCLIにコマンドをコピー&ペーストしてください。

デバイスR1

デバイスR2

デバイスR3

手順

ステップバイステップでの手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLIのナビゲーションについては、Junos OS CLIユーザーガイドの「設定モードでのCLIエディターの使用」を参照してください。

デバイス R3 を設定するには:

  1. インターフェイスを設定します。

  2. 自律システム(AS)番号とルーターIDを設定します。

  3. デバイスR1へのEBGP接続を設定します。

  4. デバイスR1から受信したルートに大きなコミュニティ値を追加するポリシーを設定します。

    大規模なコミュニティでは、: という表記を使用します。largeglobal administrator:assigned number:assigned number 特定のコミュニティ値は、特定のパラメータ内で、管理目標を達成するものであれば何でもかまいません。

結果

設定モードから、show interfacesshow protocolsshow policy-options、およびshow routing-options のコマンドを入力して設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから commit を入力します。

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

R1の検証

目的

デバイスR1で、172.16を確認します。ルーティングテーブル内のルート。

アクション

意味

出力からは、通常のコミュニティ値とラージコミュニティ値がルートにアタッチされていることがわかります。

注:

コミュニティはスタティックルートに接続されており、通常のコミュニティと大規模なコミュニティの両方をスタティックルートに接続できることを示しています。

R3 の検証

目的

デバイスR3で、172.16を確認します。ルーティングテーブル内のルート。

アクション

意味

出力では、アドバタイズされた通常のコミュニティ値とラージコミュニティ値がルートにアタッチされたままであり、R3が受信すると新しいラージコミュニティ値が追加されることを示しています。