Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティング ポリシーの一致条件で使用するルート フィルタと送信元アドレス フィルタ リストについて

既存のルート フィルタと送信元アドレス フィルタは、ポリシー ステートメントの範囲内でインラインで設定および処理されます。ルート ポリシーが変更されると、ポリシー全体がパージされ、設定解析操作中に再構築されます。これは、数百または数千のルート フィルターと送信元アドレス フィルターを含むルーティング ポリシーで発生すると、ポリシーの再構築にかなりの時間が追加されます。

解析操作を高速化するために、 route-filter-list and source-address-filter-list ステートメントはルート フィルタと送信元アドレス フィルタを設定する別の手段として使用できます。これらのステートメントは、リスト内の個々のプレフィックスの route-filter プレフィックス長と照合タイプを考慮するなど、and source-address-filter ステートメントのすべての機能を維持します。

ルート フィルタとルート フィルタ リストは、通常、受信ルート アドレスをユニキャスト 送信元アドレスを除くあらゆるタイプの宛先一致プレフィックスと照合するために使用されます。

一般的に、送信元アドレス フィルターと送信元アドレス フィルター リストは、受信ルート アドレスを MBGP(マルチプロトコル BGP)および MSDP(Multicast Source Discovery Protocol)環境のユニキャスト ソース アドレスと照合するために使用されます。

同じポリシー ステートメント内で、複数のルート フィルタ リストと送信元アドレス フィルタ リストを使用できます。ルート フィルタ リストと送信元アドレス フィルタ リストは、ルート フィルタや送信元アドレス フィルタと組み合わせて使用することもできます。