Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティングポリシーの照合条件に使用するルートフィルターとソースアドレスフィルタリストについて

既存のルートフィルターとソースアドレスフィルターは、ポリシーステートメントの期間内にインラインで設定および処理されます。ルートポリシーが変更されると、ポリシー全体が削除され、設定の解析処理中に再構築が発生します。数百または数千のルートフィルターと送信元アドレスのフィルターが含まれているルーティングポリシーでこの現象が発生すると、ポリシーの再構築にかなりの時間がかかることになります。

解析操作を高速化するために、 route-filter-list and source-address-filter-listステートメントはルートフィルターと送信元アドレスフィルターを構成する別の方法として使用できます。これらのステートメントはroute-filter 、プレフィックス長や、 source-address-filterリスト内の個別のプレフィックスの種類を考慮するなど、and ステートメントのすべての機能を維持します。

ルートフィルターとルートフィルターリストは、通常、ユニキャストソースアドレスを除く任意のタイプの宛先一致プレフィックスに、受信ルートアドレスを照合するために使用されます。

通常、ソースアドレスフィルターとソースアドレスフィルターリストは、受信ルートアドレスをマルチプロトコル BGP (MBGP) およびマルチキャストソース探索プロトコル (MSDP) 環境のユニキャストソースアドレスと照合するために使用されます。

同じポリシーステートメント内で、複数のルートフィルターリストとソースアドレスフィルターリストを使用できます。ルートフィルターリストとソースアドレスフィルターリストは、ルートフィルターと送信元アドレスフィルターとともに使用することもできます。