Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP コミュニティーと拡張コミュニティーの定義方法を理解する

ルーティングポリシーの照合条件として BGP コミュニティーまたは拡張コミュニティーを使用するには、以下のセクションで説明されているように、コミュニティーを定義します。

ルーティングポリシーの照合条件に使用する BGP コミュニティの定義

名前付き BGP コミュニティーを作成し、コミュニティーメンバーを定義するにcommunityは、以下のステートメントを含めます。

名前 がコミュニティを識別します。英数字、ハイフン(-)を含め、最大 255 文字の長みとして使用できます。名前にスペースを含めるには、名前全体を引用符(" ")で囲みます。

コミュニティー IDS は 、コミュニティーの 1 つ以上のメンバーを識別します。各コミュニティー ID は2つのコンポーネントで構成されており、以下の形式で指定します。

  • as-number— ASメンバーの番号を示します。0~65535の値を指定できますAS number を指定するには、次のような表記を使用できます。

    • 数字の文字列

    • アスタリスク(*)—すべてのフィールド番号と一致するワイルドカードAS文字。(コミュニティー属性の定義では、アスタリスクは「」 表 1の説明どおりに機能します)。

    • 期間 (.)—1 桁の数字と一致するワイルドカード文字ASします。

    • 表AS数のグループ — 括弧でAS内に囲まれた単一の括弧ASまたは数字のグループ。数字をこのようにグループ化することで、グループ全体で共通の操作を実行し、グループの優先度を設定できます。数値のグループ化には、正規表現の演算子を含めることができます。正規表現の詳細についてはUNIX の正規表現をコミュニティー名で使用、を参照してください。

  • コミュニティー価値— コミュニティー メンバーの識別子。0~65535の数字を指定できますコミュニティー ID を指定するには、次のような表記を使用できます。

    • 数字の文字列

    • アスタリスク(*)—すべてのコミュニティ値と一致するワイルドカード文字。(コミュニティー属性の定義では、アスタリスクは「」 表 1の説明どおりに機能します)。

    • 期間 (.)—コミュニティ値番号の任意の 1 桁と一致するワイルドカード文字。

    • コミュニティ値番号のグループ — 1 つのコミュニティ値番号または括弧で囲まれたコミュニティ値番号のグループ。このように正規表現をグループ化することで、グループ全体で共通の操作を実行し、グループの優先度を設定できます。パスのグループには、正規表現の演算子を含めることができます。

ステートメントのcommunity-idsオプションには、以下のよく知られているコミュニティ名(RFC 1997 で定義されているBGP Communitys Attribute)のいずれかを含 members めすることもできます。

  • 広告なし — このコミュニティ名のルートを他のピアにアドバタイズBGPする必要があります。

  • エクスポートしない — このコミュニティのルートは、すべてのコンフェデレーション境界の外BGPし使用してください。コンフェデレーションの一部ではないスタンドアロン自律システムは、コンフェデレーション自体として考える必要があります。

  • no-export-subconfed —このコミュニティのルートを外部 BGP ピアにアドバタイズし(コンフェデレーション内の他のメンバーの各メンバーの各仲間の同業者も含む)BGPむ必要があります。

UNIX の正規表現をコミュニティー名で使用

指定された BGP コミュニティのメンバーを指定する場合(ステートメント内)、UNIX スタイルの正規表現を使用して、AS 番号とメンバー識別子を members [ community-ids ] 指定できます。正規表現は2つのコンポーネントで構成されており、以下の形式で指定します。

term は 、一致する文字列を識別します。

演算子は 、その用語が一致する必要がある方法を指定します。 表 1 は、コミュニティDでサポートされる正規表現演算子を示しています。条件の直後に演算子を配置します。ただし、パイプ ( ) と破線 ( )以外の演算子は、2 つの条件と括弧の間に配置します。これは、用語を括弧で囲む場合です。これは、コミュニティ正規表現を使用して定義する方法の例を示しています。 |表 2community-ids 演算子は必須ではありません。

コミュニティーの正規表現は、UNIX の正規表現と同じです。両方とも、POSIX 1003.2 で定義された拡張(最新)正規表現を実装します。

コミュニティーの正規表現でtermは、文字単位で指定された文字列を評価します。たとえば、as 1234:5678を指定するとterm、正規表現にはコロンで区切られた2つの:数字 (1234 and 5678) の代わりに、コロン () を含む9個の個別文字が表示されます。

注:

Junos OSリリース9.1以降では、RFC 4893で定義された4バイトAS番号、4-octet AS番号スペースのBGPサポート、およびJunos OSの以前のリリースでサポートされている2バイトAS番号を指定できます。

表 1: コミュニティー属性正規表現演算子

オペレーター

定義の一致

{m,n}

少なくmともn繰り返しがtermあります。両方mnも正の整数でmなければなりませんn。また、より小さくなければなりません。

{m}

完全mterm繰り返します。m正の整数である必要があります。

{m,}

mまたは複数回term繰り返されます。m正の整数である必要があります。

*

0回以上のterm繰り返し。これはに{0,}相当します。

+

1回以上のterm繰り返し。これはに{1,}相当します。

?

0回以上のterm繰り返し。これはに{0,1}相当します。

|

パイプのいずれかの側面の2つの条件のうちの1つです。

、開始と終了の範囲を含むことができます。

^

コミュニティ属性正規表現の先頭にある文字です。

$

コミュニティー属性正規表現の末尾にある文字。

[ ]

文字のセットです。セットの1文字を一致させることができます。範囲の開始と終了を指定するには、ハイフン (-) を使用します。一致しない文字セットを指定するには、左角カッコ (^[) の後の最初の文字としてカレット () を使用します。

( )

かっこで囲まれた条件のグループ。スペースを含まない引用符で囲まれている場合()は ("")、null を示します。かっこと条件の間のスペースは無視されます。

“ ”

コミュニティ属性の正規表現で、引用符で囲まれた文字 (スペース、タブ、疑問符、ブラケットなど) は、特殊文字を示しています。

表 2: コミュニティー属性正規表現の例

一致させるコミュニティー属性

正規表現

検索結果の例

数値は56または78です。コミュニティーの値は任意の数字です。

^((56) | (78)):(.*)$

56:1000

78:64500

AS 番号は56です。コミュニティ値は、2 で始まる任意の数です。

^56:(2.*)$

56:2

56:222

56:234

AS 番号は任意の数値です。コミュニティ値は、5、7、または 9 で終わる任意の数です。

^(.*):(.*[579])$

1234:5

78:2357

34:64509

数値は56または78です。コミュニティ値は、2 から始まり、2~8 で終わる任意の数です。

^((56) | (78)):(2.*[2–8])$

56:22

56:21197

78:2678

ルーティングポリシーの照合条件で使用する BGP の拡張コミュニティーの定義

名前付き BGP コミュニティーを作成し、コミュニティーメンバーを定義するにcommunityは、以下のステートメントを含めます。

nameコミュニティーを識別します。英数字、ハイフン(-)を含め、最大 255 文字の長みとして使用できます。名前にスペースを含めるには、名前全体を引用符(" ")で囲みます。

community-idsコミュニティーの1人以上のメンバーを識別します。各コミュニティー ID は、以下の形式で指定する3つのコンポーネントで構成されています。

typeは、拡張コミュニティーのタイプであり、特定の BGP の拡張コミュニティーの16ビット数値識別子か、以下のいずれかのタイプを指定できます。

  • bandwidth:帯域幅を拡大するコミュニティを設定します。リンク帯域幅を指定することで、異なる BGP パス間で均等にトラフィックを分散させることができます。

    注:

    リンク帯域幅属性は、プレフィックスごとのロードバランシングで同時には機能しません。

  • domain-id—ルートOSPFのドメインを特定します。

  • origin—ルートの発信元を特定します。

  • rt-import:デバイスにインストールするルートをルーティング テーブル。

    注:

    ルートは、数字ではなく IP アドレスで識別する必要があります。

  • src-as—ルートASの送信元を特定します。IP アドレスではなく AS 番号を指定する必要があります。

    注:

    IP アドレスではなく AS 番号を指定する必要があります。

  • target—ルートが移動する宛先を識別します。

    注:

    VPN ルーティングおよび転送 (VRF) インスタンスのインポートポリシーでは、少なくとも1つのルートターゲットを含める必要があります。さらに、VRF インポートポリシーのルートターゲットでワイルドカード文字や正規表現を使用することはできません。VRF インポートポリシーのルートターゲットに設定する各値は、単一の値でなければなりません。

administratorは管理者です。拡張コミュニティのASに応じて、インターフェイス番号または IP バージョン 4(IPv4)アドレス プレフィックスのいずれかです。

assigned-numberローカルプロバイダを識別します。

Junos OSリリース9.1以降では、RFC 4893で定義された4バイトAS番号、4-octet AS番号スペースのBGPサポート、およびJunos OSの以前のリリースでサポートされている2バイトAS番号を指定できます。プレーン番号形式では、1~4,294,967,295の範囲で値を設定できます。4 バイトの AS 番号をプレーン番号形式で含む拡張コミュニティを設定するには、文字「L」を番号の末尾に targetorigin 追加します。たとえば、4 バイトのフィールド番号 334,324 AS で、割り当てられた番号の 132 を持つターゲット コミュニティは、 と表されます target:334324L:132

リリース 9.2 以降では、拡張コミュニティに対して 4 バイトの AS 番号を定義する場合、AS ドット表記も使用できます。 target Junos OS origin ピリオドで結合された2つの整数を指定します。16 ビットの高次値(10 進数)16 ビットの低次値(10 進数) たとえば、プレーン番号形式で 65546 と表される 4 バイトの AS 番号は、1.10 として表ASドット表記で表されます。

\N BGP の拡張コミュニティーの定義

管理分野10458とその割り当て番号を使用して、ターゲットコミュニティーを20設定します。

管理分野として10.1.1.1、および 20: が割り当てられているターゲットコミュニティを構成します。

管理分野の「10.1.1.1」および「割り当て番号 20:」を使用して、送信元コミュニティーを設定します。

10万の [管理] フィールドと130の割り当て数の4バイトを使用して、ターゲットコミュニティーを設定します。