Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティング ポリシー アクションの概要

ポリシー フレームワーク ソフトウェアは、ルートが一致条件で定義されたすべての条件に一致する場合に 、アクションを実行 します。1 つの条件で 1 つ以上のアクションを設定できます。

ポリシー フレームワーク ソフトウェアは、次の種類のアクションをサポートしています。

  • フロー制御アクション:ルートを受け入れるか拒否するか、次の条件またはルーティング ポリシーを評価するかに影響します。

  • ルート特性を操作するアクション

  • ルートマッチをログに記録するトレースアクション

ルート特性を操作すると、宛先に到達するためのアクティブルートとして選択されたルートを制御できます。通常、アクティブ ルートはルーティング プラットフォームのネイバーにもアドバタイズされます。次のルート特性を操作できます。ASパス、クラス、色、コミュニティ、ダンピングパラメータ、宛先クラス、外部タイプ、ネクストホップ、ロードバランス、ローカルプリファレンス、メトリック、送信元、プリファレンス、タグ。

数値情報(色、ローカルプリファレンス、メトリック、プリファレンス、タグ)については、特定の値を設定するか、指定した量を加算または減算して値を変更できます。加算および減算操作では、値が最大値を超え、最小値を下回る値をドロップすることはできません。

ポリシー評価中に次のいずれかの状況が発生した場合、すべてのポリシーにデフォルトアクションが適用されます。

  • ポリシーでは一致条件は指定されません。

  • 一致が発生しますが、ポリシーはアクションを指定しません。

  • ポリシー内の条件と同じポリシー内の後続の条件が存在する場合、一致は発生しません。

  • 一致は、ポリシーの終了時には発生しません。

アクションは、ルートが特定の条件の and to ステートメント内のすべての照合条件と一致する場合に、ルーターがルートで何をfrom行うのかを定義します。条件にステートメントおよびtoステートメントがないfrom場合、すべてのルートが一致すると見なされ、アクションはすべてのルートに適用されます。

各条件には、以下の 1 種類のアクションを 1 つ以上指定できます。アクションはステートメントの下で then 設定されます。

  • フロー制御アクション:ルートを受け入れるか拒否するか、次の条件またはルーティング ポリシーを評価するかに影響します。

  • ルート特性を操作するアクション

  • ルートマッチをログに記録するトレースアクション

アクションを指定しない場合、次のいずれかの結果が発生します。

  • ルーティング ポリシーの次の項(存在する場合)が評価されます。

  • ルーティング ポリシーに条件がこれ以上存在しない場合は、次のルーティング ポリシー(存在する場合)が評価されます。

  • 条件またはルーティング ポリシーがこれ以上存在しない場合は、デフォルト ポリシーで指定された同意または拒否アクションが実行されます。

表 1 は、ルーティング ポリシー アクションを要約しています。

表 1: 鍵ルーティング ポリシー アクションの概要

対処

説明

フロー制御アクション

これらのアクションは、ルーティング テーブルとの間のルーティング情報のフローを制御します。

accept

ルートを受け入れ、それを伝達します。ルートを受け入れた後は、ルーティング ポリシーに他の条件はなく、他のルーティング ポリシーは評価されません。

reject

ルートを拒否し、ルートを伝達しません。ルートが拒否されると、ルーティング ポリシー内の他の条件や他のルーティング ポリシーは評価されません。

next term

同じルーティング ポリシーの次の項にスキップして評価します。ステートメントでthen指定された操作acceptrejectはすべて無視されます。ルート特性を then 操作するステートメントで指定されたアクションはすべて、ルートに適用されます。

next policy

次のルーティング ポリシーにスキップして評価します。ステートメントでthen指定された操作acceptrejectはすべて無視されます。ルート特性を then 操作するステートメントで指定されたアクションはすべて、ルートに適用されます。

ルート操作アクション

これらのアクションは、ルート特性を操作します。

as-path-prepend as-path

ASパスの先頭に1つ以上のAS番号を追加します。複数のAS番号を指定する場合は、その番号を引用符で囲みます。

AS番号は、ローカルAS番号がパスに追加された後に追加されます。このアクションは、ASセットではなくASシーケンスにのみAS番号を追加します。既存のASパスがコンフェデレーションシーケンスまたはセットで始まる場合、追加されたAS番号はコンフェデレーションシーケンス内に配置されます。それ以外の場合、追加されたAS番号は、コンフェデレーションシーケンスとともに配置されます。

as-path-expand last-as count n

既存のASパス内の最後のAS番号を抽出し、そのAS番号をASパスの先頭に n 回追加します。n をから始32めとする数値1に置き換えます。

AS番号は、ローカルAS番号がパスに追加された後に追加されます。このアクションは、ASセットではなくASシーケンスにのみAS番号を追加します。既存のASパスがコンフェデレーションシーケンスまたはセットで始まる場合、追加されたAS番号はコンフェデレーションシーケンス内に配置されます。それ以外の場合、追加されたAS番号は、コンフェデレーションシーケンスとともに配置されます。

class class-name

指定された CoS(サービス クラス)パラメーターをルーティング テーブルにインストールされたルートに適用します。

color preference

color2 preference

プリファレンス値を指定した値に設定します。およびcolorcolor2プリファレンスの値は、()から0(232 – 1)までの4,294,967,295数値を指定できます。数値が小さいほど、より優先されるルートが示されます。

damping name

指定したルート ダンピング パラメータをルートに適用します。これらのパラメータは、BGPのデフォルトダンピングパラメータを上書きします。

このアクションは、インポート ポリシーでのみ役立ちます。

local-preference value

BGP ローカル プリファレンス属性を設定します。プリファレンスには、()から0(232 – 1)までの4,294,967,295数値を指定できます。

metric metric

metric2 metric

metric3 metric

metric4 metric

メトリックを設定します。最大 4 つのメトリック値を指定できます(最初のメトリック値の場合) から metric 始まり、続けて metric2、 、 metric3および metric4.

BGP ルートの場合、 metric MED に対応し metric2 、BGP ネクスト ホップが別のルーターをループする場合は IGP メトリックに対応します。

next-hop address

ネクスト ホップを設定します。

としてself指定addressすると、ネクスト ホップ アドレスはローカル ルーターのアドレスのいずれかに置き換えられます。アドバタイジング プロトコルによって、使用するアドレスが決まります。