Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティングポリシーアクションのまとめ

アクションとは、一致条件で定義されたすべての条件を満たすルートがある場合に、ポリシーフレームワークソフトウェアが実行する動作です。1つまたは複数のアクションを構成できます。

ポリシーフレームワークソフトウェアは、以下のタイプのアクションをサポートしています。

  • フロー制御アクションは、ルートを受け入れるか拒否するか、または次の条件またはルーティングポリシーを評価するかどうかを決定します。

  • ルートの特性を操作するアクション

  • ルートが一致するものを記録するトレースアクション

ルート特性を操作することで、宛先に到達するためにアクティブなルートとして選択するルートを制御できます。一般的に、アクティブなルートはルーティング プラットフォームのネイバーにもアドバタイズされます。次のルートの特性を操作できます。パス、クラス、色、コミュニティー、減衰パラメーター、宛先クラス、外部タイプ、next-hop、負荷分散、ローカル設定、メトリック、送信元、優先度、タグ。

数値情報 (カラー、ローカル設定、メトリック、優先度、タグ) については、特定の値を追加または減算して、値を設定するか、または範囲を変更することができます。加算と減算の操作では、値が最大値を超え、最小値を下回るようにドロップできません。

ポリシーの評価中に以下のいずれかの状況が発生した場合、すべてのポリシーにデフォルトのアクションが適用されます。

  • ポリシーには一致条件が指定されていません。

  • 一致は発生していますが、ポリシーでアクションが指定されていません。

  • ポリシー内の用語と、同じポリシー内のその他の条件が存在する場合、一致するものはありません。

  • ポリシーの終了時に一致するものはありません。

アクションは、ルートが特定の項のfrom and toステートメント内のすべての match 条件と一致した場合にルーターがルートでどのように実行するかを定義します。1つの条件に and fromtoステートメントが含まれていない場合、すべてのルートが一致すると見なされ、すべてのルートにアクションが適用されることになります。

各用語には、以下のタイプのアクションが1つ以上含まれていることがあります。アクションはステートメントのthen下で設定されます。

  • フロー制御アクションは、ルートを受け入れるか拒否するか、または次の条件またはルーティングポリシーを評価するかどうかを決定します。

  • ルートの特性を操作するアクション

  • ルートが一致するものを記録するトレースアクション

アクションが指定されていない場合は、以下のいずれかの結果が発生します。

  • ルーティングポリシーの次の用語 (存在する場合) が評価されます。

  • ルーティングポリシーに何も条件がない場合は、次のルーティングポリシーがあれば、それが評価されます。

  • 条件またはルーティングポリシーがこれ以上ない場合は、デフォルトポリシーに指定されている accept アクションまたは reject action が実行されます。

表 1ルーティングポリシーアクションの概要を示します。

表 1: 主なルーティングポリシーアクションのまとめ

アクション

説明

フロー制御アクション

これらのアクションは、ルーティングテーブルとの間のルーティング情報のフローを制御します。

accept

ルートを受け入れて伝達します。ルートが受け入れられると、ルーティングポリシー内の他の条件はなくなり、その他のルーティングポリシーは評価されません。

reject

ルートを拒否し、伝達しません。ルートが拒否された後、ルーティングポリシー内の他の条件はありません。その他のルーティングポリシーは評価されません。

next term

同じルーティングポリシーの次の用語にスキップして評価します。ステートメントで指定されたaccept or rejectアクションは無視されます。 then ルート特性を操作するthenステートメントで指定されたアクションは、ルートに適用されます。

next policy

次のルーティングポリシーにスキップして評価します。ステートメントで指定されたaccept or rejectアクションは無視されます。 then ルート特性を操作するthenステートメントで指定されたアクションは、ルートに適用されます。

工順操作アクション

これらのアクションによってルートの特性が操作されます。

as-path-prepend as-path

AS path の先頭に1つ以上の数字を追加します。2以上の数値を指定する場合は、数字を引用符で囲みます。

AS 番号は、ローカルの番号がパスに追加された後に追加される。このアクションは数字として、セットとしてではなく、シーケンスとして追加されます。既存の AS path がコンフェデレーション sequence または set で始まっている場合は、数字として追加されたものがコンフェデレーションのシーケンス内に配置します。それ以外の場合は、数字として追加され、nonconfederation シーケンスとともに挿入します。

as-path-expand last-as count n

既存の AS パスの最後の番号ASし、その番号を AS パス n 回の先頭に追加ASします。n をからの番号に 1 置き換 32 える。

AS 番号は、ローカルの番号がパスに追加された後に追加される。このアクションは数字として、セットとしてではなく、シーケンスとして追加されます。既存の AS path がコンフェデレーション sequence または set で始まっている場合は、数字として追加されたものがコンフェデレーションのシーケンス内に配置します。それ以外の場合は、数字として追加され、nonconfederation シーケンスとともに挿入します。

class class-name

指定されたサービスクラス (CoS) パラメーターをルーティングテーブルにインストールされたルートに適用します。

color preference

color2 preference

指定した値にプリファレンス値を設定します。color優先color2度値には、~ 0 (4,294,967,295) 232 – 1からの数値を使用できます。数値が低い場合は、優先ルートを示しています。

damping name

ルートに指定されたルート減衰のパラメーターを適用します。これらのパラメータはBGPダンピング パラメータによって上書きされます。

このアクションは、インポートポリシーでのみ有効です。

local-preference value

BGP ローカル優先属性を設定します。この優先度は、スルー 04,294,967,295 (232 – 1) からの数で指定できます。

metric metric

metric2 metric

metric3 metric

metric4 metric

メトリックを設定します。最大 4 metricつのメトリック値 (最初のメトリック値) を指定し、、、、およびmetric2metric3metric4を使用できます。

BGP ルートの場合metricは、med-v に対応しmetric2 、BGP 次ホップが別のルーターを介してループしている場合は、IGP メトリックに対応します。

next-hop address

次ホップを設定します。

としてを指定した場合、ネクストホップ アドレスはローカル ルーターのアドレスの addressself 1 つで置き換まれます。広告プロトコルは、どのアドレスを使用するかを決定します。