Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

管理対象インターフェイスでのファイアウォールフィルターについて

Contrail コントローラを使用して QFX スイッチ上の VXLA を管理する場合(OVSDB(Open vSwitch Database—OVSDB を使用)、VXLAN インターフェイスは flexible-vlan-tagging 、 と ステートメントを使用して自動的に設定されます。 encapsulation extended-vlan-bridge Junos OS リリース 14.1 X53-D30 をはじめとして、 family ethernet-switchingこれらのインターフェイス上に論理ユニット (サブインタフェース) を作成できます。これにより、これらのサブインターフェイスfamily ethernet-switchingにレイヤー 2 () ファイアウォールフィルターを適用できます。これは、ファイアウォールフィルタを、このサブインタフェースに適用することを意味します。これらのフィルターは、他のレイヤー2フィルタと同じ対戦条件とアクションをすべてサポートしています。

警告:

ファイアウォールフィルターは、「」を管理family ethernet-switchingするインタフェースのサブインタフェースでサポートされている唯一の構成項目です。レイヤー 2 (ポート) フィルターは、許可されている唯一のフィルターです。

Contrail コントローラは、サブインタフェースを動的に作成することができるため、コントローラフィルターを適用するには、コントローラーでサブインタフェースを作成するたびにフィルタが適用されるように、ファイアウォールフィルタが必要になります。これを実現するには、構成グループを使用してファイアウォールフィルターの構成と適用を行います。詳細例:管理対象インターフェイスへのファイアウォールフィルタの適用については、を参照してください。