Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

FIBプレフィックスの優先順位付け

FIB プレフィックスの優先順位付け

FIB プレフィックスの優先順位付けにより、ルーティング プレーンから転送プレーンにエクスポートされるルートにユーザー定義の優先度を割り当てることができます。ルートの優先度は、ルートに優先度を割り当てる IGP プロトコル インポート ポリシーを使用して、ルーティング プレーンに割り当てることができます。ユーザーは、既存のプロトコルインポートポリシーを使用して、プレフィックスの相対優先度を高低に設定します(「 プレフィックスの優先順位付けの概要」を参照)。これらのルート優先順位は、転送テーブルにエクスポートされます。

ただし、ルーティングプレーンのルート優先度設定を上書きして、転送プレーンでユーザー定義のルート優先度設定を行う必要がある場合があります。FIB(転送情報ベース)プレフィックスの優先順位付けにより、これが可能になります。転送テーブルのエクスポートポリシーでは、一致するルートに対して、ルート優先度を割り当てることができます。

FIB プレフィックスの優先順位

  • 高 – この優先度が割り当てられたプレフィックスは、インストール優先度が最も高いです。これらのルートは常に他のルートよりも重要視されています。

  • 中 – この優先度が割り当てられたプレフィックスは、2 番目に高いインストール優先度を持ちます。

注:

高または中程度の優先度が割り当てられていないプレフィックスは、優先度が付けられません。

FIBプレフィックスの優先順位付けでサポートされているルートタイプ(インストール優先順)

  • インターフェイス/ローカルルート - 最高の優先度が無条件に与えられ、転送テーブルのエクスポートポリシー評価をバイパスします。

  • ホスト ルート

  • IPv4 および IPv6 ルート

  • MPLS – ルートのプロテライゼーションは、プレフィックスベースではなく、プロトベースになります。

FIB プレフィックスの優先順位付けワークフロー

転送テーブルは、ユーザー設定に基づいて、優先度が高および中程度のルート用にメモリバッファを予約します。については、「」 fib-prioritizationを参照してください。この設定を設定すると、転送テーブルにインストールできる優先度の低いルートの数は、これらのルートの残りのスペースに制限されます。

優先度が高および中ルートのパーセンテージを設定したら、次のステップは転送テーブルのエクスポートポリシーを設定することです。「fib-install-priority」を参照してください。

ルートが転送テーブルにインストールされ、FIB プレフィックス優先順位付けプロセスによってルート優先順位が割り当てられると、ルートは他の優先順位にも移行できます。転送テーブルのエクスポートポリシーを繰り返すと、例えば優先度が設定されていなかったルートが高優先度としてマークされることがあるため、そのような遷移はパケット転送エンジンによって転送テーブルで管理されます。