Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルートの詳細を表示

構文

構文 (EX シリーズスイッチ)

説明

ルーティングテーブル内のアクティブなエントリに関する詳細な情報を表示します。

オプション

なし

すべてのシステムで、ルーティングテーブルのすべてのアクティブなエントリを表示します。

宛先プレフィックス

ナ指定されたアドレスまたはアドレス範囲のアクティブなエントリを表示します。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show route detailコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 2次ホップタイプの出力フィールドに使用可能なすべての値について説明します。

表 3州出力フィールドの使用可能なすべての値について説明します。ルートは複数の状態にすることができます (例<Active NoReadvrt Int Ext>、など)。

表 4コミュニティーの出力フィールドに使用可能な値について説明します。

表 1: ルートの詳細出力フィールドを表示します

フィールド名

フィールドの説明

ルーティングテーブル名

ルーティングテーブルの名前 (inet. 0 など)。

宛先 の数

ルーティングテーブルにルートが存在する宛先の数。

番号 ルート数

ルーティングテーブル内のルート数と以下の状態でのルート数の合計:

  • active(アクティブなルート)

  • holddown(非アクティブと宣言される前に保留状態にあるルート)

  • hidden(ルーティングポリシーのために使用されていないルート)

ルート宛先( エントリー、発表)

ルート宛先 (例: 10.0.0.1/24) です。このentry値は宛先のルート数を示し、 announced value はその宛先に対してアナウンスされているルートの数を示します。ルート宛先は、次のような別の形式で提示される場合があります。

  • MPLS-label (例: 80001)

  • interface-name(たとえば、ge-1/0/2)。

  • neighbor-address:control-word-status:encapsulation type:vc-id:source(レイヤー2サーキットのみ、たとえば 10.1.1.195: NoCtrlWord: 1: 1: ローカル/96 など)。

    • neighbor-address—近隣のアドレス。

    • control-word-status—この仮想回線に対して制御ワードの使用がネゴシエートされたかどうか:NoCtrlWordまたCtrlWordはです。

    • encapsulation type—番号で表されるカプセル化のタイプ: (1) フレームリレー DLCI (2) atm AAL5 VCC transport, (3) ATM 透明セルトランスポート、(4) イーサネット、(5) VLAN イーサネット、(6) HDLC、(7) PPP、(8) ATM VCC セルトランスポート、(10) ATM VPC セルトランスポート。

    • vc-id—仮想回線識別子。

    • source—広告の送信元:LocalまたRemoteはです。

    • source—広告の送信元:LocalまたRemoteはです。

ラベルスタック

(MPLS のみを対象とした最終ホップルーティングデバイス MPLS ラベルスタックの深さ。スタックの一番上から1つまたは複数のラベルを削除するには、ラベルポップ操作が必要です。ルートのペアが表示されるのは、pop 操作が実行されるのは、スタック深度が2つ以上のラベルである場合のみです。

  • S=0 route着信ラベルスタックの深さが2以上のパケットが、このルーティングデバイスを1つ少ないラベル (ラベルポップ操作が実行される) で終了することを示します。

  • 情報がないS=場合、ルートは通常の MPLS ルートです。これはスタックの深さが1になっています (ラベルをポップする操作は実行されません)。

[プロトコル設定]

ルートが学習されたプロトコルとルートの優先度値。

  • +—プラス記号は、アクティブ ルート(デバイスから転送テーブルにインストールルーティング テーブルを示します。

  • - —ハイフンは最後のアクティブ ルートを示します。

  • *— アスタリスクは、ルートがアクティブなルートと最後のアクティブ ルートの両方である必要があります。線のto前にあるアスタリスクは、ルートへの最適なサブパスを示します。

BGP LocalPref属性を除くすべてのルーティングメトリックでは、より小さい値が優先されます。共通の比較ルーチンを使用するために、Junos OS はLocalPrefPreference2フィールドの値の1の補数を格納します。たとえば、ルート1のLocalPref値が100の場合、 Preference2値は-101 になります。ルート 2 LocalPrefの値が155の場合、 Preference2値は-156 になります。ルート2には高いLocalPref価値があるため、推奨されています。

Preference2値は符号付き整数、つまり、 Preference2正または負の値を指定できます。ただし、Junos OS はPreference2 、値を正の値で表される符号なし整数として評価します。Preference2値に基づいて、次のシナリオでは、Junos OS が推奨ルートを評価します。

  • 両方の署名 Preference2 付き値

    • ルート A =-101

    • ルート B =-156

    両方のPreference2値が符号付きの場合、Junos OS は符号なしのPreference2値とルート a のみを評価しPreference2ます。これにより、低い値が優先されます。

  • 取り付 Preference2 け値

    ここで、署名Preference2されていない値を検討します。

    • ルート A = 4294967096

    • ルート B = 200

    ここでは、Junos OS Preference2は、値が4294967096より小さいPreference2ため、価値が200であることを推奨しています。

  • 署名付き値と変更済み値の Preference2 組み合わせ

    2 Preference2つのルートの値が比較され、一方のPreference2ルートが符号付きの値である場合、その他のルートでは符号なしの値になりますPreference2 。 Junos OS は、 Preference2負の値を持つ正の値を持つルートを優先します。たとえば、以下の符号付きおよび符号なしPreference2の値について考えてみましょう。

    • ルート A =-200

    • ルート B = 200

    この場合、Junos OS は値のPreference2Preference2符号なしの値のみを評価するため、この値は-200 よりも大きくなりますが、値が200のルート B は推奨されます。

レベル

(IS-IS のみ)。IS-IS では、AS a をエリアと呼ばれる小さなグループに分割できます。エリア間のルーティングは階層的に編成されており、ドメインの管理を小規模な領域に分割できます。この組織は、レベル1とレベル2の中間システムを構成することで達成されています。エリア内でのレベル1のシステムルート宛先がエリア外にある場合は、レベル2のシステムへとルーティングされます。レベル2の中間システムは、エリア間およびその他の路線の方向にルートされます。

ルート識別子

IP サブネットは、64ビットプレフィックスで補強されています。

PMSI

プロバイダマルチキャストサービスインターフェイス (MVPN ルーティングテーブル)。

次ホップタイプ

次ホップのタイプ。このフィールドに使用可能な値の詳細につい表 2ては、を参照してください。

Next-hop 参照カウント

次ホップに行われた参照数です。

Nexthop の枝が最大メッセージ数を超えています

フラッドの次ホップブランチの数が、32ブランチのシステム制限を超えていることを示します。また、フラッド次ホップブランチのサブセットのみがカーネルにインストールされています。

ソース:

ルートソースの IP アドレス。

次ホップ

直接到達可能な近接システムのネットワークレイヤーアドレス。

Next-hop に到達するために使用されるインターフェース。次ホップに使用可能なインターフェイスが複数ある場合は、実際に使用されるインターフェイスの名前の後に、その単語Selectedが続きます。このフィールドには、以下の情報も含めることができます。

  • 重み — プライマリ、セカンダリ、バックアップ ルートの識別に高速再ルート値。重み情報は MPLS ラベルスイッチパス (LSP) リンク保護、ノードリンク保護、または高速再ルーティングが有効になっている場合、またはセカンダリパスでスタンバイ状態が有効になっている場合に使用できます。低重量値を使用することをお勧めします。同じ重量値を持つルートの中には、負荷分散が可能です。

  • バランス — ルーティング デバイスで非等コスト プロトコルが実行されている場合に、ネクスト ホップ間で等しくないコストのトラフィックがどのように分散されるのかを示す係数ロード バランシング。この情報は BGP マルチパスのロードバランシングを有効にすると利用できます。

ラベルスイッチ パス lsp-path-name

次ホップに到達するために使用される LSP の名前。

ラベルオペレーション

このルーティングデバイスで発生するラベルと運用を MPLS します。この操作は、 pop (スタックの一番上からラベルが削除される)、 pushまたは (別のラベルがラベルスタックに追加されてswapいる)、または (ラベルが別のラベルに置き換えられている場合は) 実行できます。

インターフェース

(ローカルのみ)ローカルインターフェイス名。

プロトコルのネクストホップ

プレフィックスをアドバタイズしたリモートルーティングデバイスのネットワークレイヤーアドレス。このアドレスは、転送の次ホップを導き出すために使用されます。

次ホップの間接

プロトコルのネクストホップ、タグ、カーネルエクスポートポリシー、転送の次ホップのマッピングを指定するために使用されるインデックス指定。

都道府県

ルートの状態 (ルートは複数の状態である場合があります)。参照表 3してください。

ローカルとしての

ローカルルーティングデバイスの番号。

タイム

ルートが認識されている期間。

AIGP

累積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) の属性を BGP します。

メトリックn

指定されたルートのコスト値。内のルートでは、コストは IGP と個々のプロトコルメトリックによって決定されます。外部ルート、宛先、ルーティングドメインについては、コストは優先度の値によって決定されます。

MED-V + IGP

次ホップ宛先への IGP 費用が加算された BGP のパス選択のメトリック値を追加しました。

TTL-アクション

MPLS Lsp については、TTL 伝播属性の状態を挙げています。すべての RSVP 信号および LDP シグナルの Lsp に対して、または特定の VRF ルーティングインスタンスに対して有効または無効にすることができます。

サンプル出力についてshow route tableは、を参照してください。

タスク

ルートを追加したプロトコルの名前。

発表ビット

Junos OS がこのルートを発表した BGP ピアまたはプロトコルの数と、そのお知らせの受信者のリストが表示されます。また、Junos OS は、KRT へのルートを、パケット転送エンジン、解決ツリー、L2 VC、または VPN にルートをインストールするように通知することもできます。たとえば、指定n-Resolve inetされたルートは、ルーティングテーブルで見つかった次のホップのルート解決に使用されます。

  • n—顧客サポートでのみ使用ジュニパーネットワークスインデックス。

パスとして

ルートが学習されたパス。AS path の末尾にある文字はパスの原点を示し、AS path が送信された時点でのルートの状態を示しています。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • Recorded—サンプル ASパスはサンプル プロセスによって記録されます(サンプル)。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

ルートにパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]—角括弧は、パスの前にある番号ASします。この数値は、RFC 4271 で定義されているように計算した場合に、AS path に存在する総提供数を表します。この値は、RFC 4893 で定義されているように、パスのマージプロセスで使われます。

  • [ ]:ルーティング デバイス上で複数の AS 番号が設定されている場合、または AS パスの未追加が設定されている場合、角括弧は、ルーティング パスに関連付けられたローカル AS AS 番号を囲みます。

  • { }—中括弧はAS括弧で囲む。これは、番号のAS重要ではない番号のグループです。ルートアグリゲーションによる一般的な結果セットです。各セットの数値は昇順で表示されます。

  • ( )—括弧の中にはコンフェデレーションを囲います。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OS リリース10.3 以降では、BGP 属性 128 (属性セット) を受信し、ルーティングインスタンスで独立ドメインを構成していない場合、AS path フィールドに、認識されない属性と関連する16進値が示されます。

検証状態

(BGP 学習したルート)ルートの検証ステータス:

  • Invalid:プレフィックスが見つかっていますが、EBGP ピアから受信した対応する AS がデータベースに表示される AS ではなく、または BGP 更新メッセージ内のプレフィックス長さが、データベースで許可されている最大長よりも長いのいずれかを示します。

  • Unknown—プレフィックスがデータベース内のプレフィックスまたはプレフィックス範囲に含第 1 に含えからなかどうかを示します。

  • Unverified—プレフィックスの起点がデータベースに対して検証されないかどうかを示します。これは、データベースが作成され、BGP インポートポリシーで検証が呼び出されていないためです。送信元の検証が有効になっているか、BGP のピアに対して送信元の検証が有効になっていないことが原因です。

  • Valid—プレフィックスと自律システムのペアがデータベースに含つかつかを示します。

ORR 生成 ID

最適なルートリフレクション (ORR) 生成識別子を表示します。ISIS と OSPF 内部ゲートウェイ・プロトコル (IGP) の更新ファイルは、対応する ORR ルートのいずれかにメトリック値が変更された場合、または ORR ルートが追加または削除された場合にはすべて提出される。

FECs をルートにバインド

ポイントツーマルチポイントのルートアドレス、マルチポイント LDP (M-LDP) inband シグナリングが設定されている場合のマルチキャスト送信元アドレス、および multicast group アドレス。

プライマリアップストリーム

マルチキャストのみの高速再ルーティング (MoFRR) を使用するマルチポイント LDP が構成されている場合は、アップストリームパスがプライマリになります。MoFRR は、受信側からプライマリパス上のソースへのマルチキャスト結合メッセージを送信します。また、受信側からバックアップパス上のソースへのセカンダリマルチキャスト結合メッセージも送信します。

RPF Nexthops

マルチポイント LDP で MoFRR を設定すると、リバースパスフォワーディング (RPF) の次ホップ情報が使用されます。データパケットは、プライマリパスとセカンダリパスの両方から受信されます。RPF のチェックが原因で、トポロジー結合ポイントで冗長パケットが破棄されます。

ラベル

複数の MPLS ラベルを使用して、MoFRR ストリームの選択を制御します。各ラベルは個別のルートを示していますが、それぞれが同じインターフェイスリストチェックを参照しています。その他のすべてのドロップ時に、プライマリラベルのみが転送されます。複数のインターフェイスで同じラベルを使用してパケットを受信できます。

重量

プライマリおよびバックアップルートを区別するために使用される値。低重量値を使用することをお勧めします。同じ重量値を持つルートの中には、負荷分散が可能です。

VC ラベル

レイヤー2サーキット仮想接続に割り当てられた MPLS ラベル。

MTU

レイヤー2回線の最大転送ユニット (MTU) です。

VLAN ID

レイヤー2回路の VLAN 識別子。

ルートにバインドされたプレフィックス

このルートにバインドされた同等クラス (FEC) を転送します。LDP によってインストールされたルートにのみ適用できます。

コミュニティー

ルートのコミュニティーパス属性。この表 4フィールドのすべての使用可能な値については、「」を参照してください。

Layer2-info: encaps

レイヤー2カプセル化 (VPLS など)

制御フラグ

制御フラグ:noneまたSite Downはです。

ユニット

最大転送ユニット (MTU) 情報

ラベルベース、範囲

ラベルおよびラベルブロックサイズの最初のラベル。リモート PE ルーティングデバイスは、広告 PE ルーティングデバイスへのトラフィックを送信するときに、この最初のラベルを使用します。

ステータスベクター

レイヤー 2 VPN と VPLS のネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI)

マルチパスを許可

BGP マルチパスが設定されているときの現在のアクティブなパス。

許可された LongLivedStale

LongLivedStale フラグは、ルートがこのルーターによって LLGR-古くとマークされていることを示します。 LLGR 受信モードの操作の一部として機能します。ルートに対して、このフラグまたは LongLivedStaleImport フラグが表示されることがあります。これらのフラグは、古い (通常の GR 古い) フラグと同時には表示されません。

許可された LongLivedStaleImport

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはポリシーのインポートによってルーティング経路が LLGR-stale とマークされたことを示します。ルートに対して、このフラグまたは LongLivedStale フラグが表示されることがあります。これらのフラグは、古い (通常の GR 古い) フラグと同時には表示されません。

すべての受信 BGP、長期的なグレースフルリスタート (LLGR) および LLGR の古いルートを許可します。構成された近隣から学習し、inet にインポートしてください。0ルーティングテーブル

ImportAccepted

LongLivedStaleImport

削除(削除)

すべての受信 BGP、長期間のグレースフルリスタート (LLGR) および LLGR の古いルートを、構成された近隣から学習して inet. 0 ルーティングテーブルにインポートします。

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはポリシーのインポートによってルーティング経路が LLGR-stale とマークされたことを示します。

DeletePending フラグは、BGP ピアダウンイベントによって BGP ルートを処理する必要があることを示します。

許可された MultipathContrib

現在 BGP マルチパスに貢献しているパス。

Localpref

ルートに含まれているローカル優先値。

ルーター ID

オープンメッセージ内の近隣ノードによって通知されたルーター ID BGP ます。

プライマリルーティングテーブル

ルーティングテーブルグループにおいて、ルートが存在するプライマリルーティングテーブルの名前。

セカンダリテーブル

ルーティングテーブルグループにおいて、ルートが存在する1つまたは複数の二次テーブルの名前。

表 2: Next-hop タイプ出力フィールド値

次ホップタイプ

説明

ブロードキャスト (bcast)

ブロードキャストの次ホップ。

拒否

次ホップを拒否します。

捨て

次ホップを廃棄します。

動的リスト

動的リスト next-hop

拡散

次ホップを溢れます。ブランチと呼ばれるコンポーネントで構成されており、最大32個の枝を持つことができます。各フラッドの次ホップブランチは、トラフィックのコピーを転送インターフェイスに送信します。ポイントからマルチポイントの RSVP、ポイントツー multipoint の LDP、ポイントツー multipoint の CCC、およびマルチキャストに使用されます。

保持

次ホップは、ユニキャストまたはマルチキャストタイプへの解決を待機しています。

インデックス (idxd)

索引付き次ホップ

Indirect (indr)

リモートのプロトコルのネクストホップアドレスを持つアプリケーションで使用されます。BGP のネクストホップが、直接接続されていない BGP 隣接ノードである場合、この次ホップタイプのルーターを内部 BGP (IBGP) ルートとして認識することがあります。

インターフェース

インターフェイスに割り当てられたネットワークアドレスに使用されます。ルーターのネクストホップとは異なり、インターフェイスの次ホップは、ネットワーク上の特定のノードを参照しません。

ローカル (locl)

インターフェイスのローカルアドレスです。この next-hop タイプにより、この宛先アドレスを持つパケットがローカルに受信されます。

マルチキャスト (mcst)

ワイヤマルチキャストのネクストホップです (LAN に限定されます)。

マルチキャスト破棄 (mdsc)

マルチキャスト破棄。

マルチキャストグループ (mgrp)

マルチキャストグループメンバーです。

受信 (recv)

取れる.

拒否 (rjct)

捨て. ICMP 到達不能メッセージが送信されました。

解決 (rslv)

次ホップを解決しています。

ルーティングマルチキャスト (mcrt)

通常のマルチキャスト次ホップ。

ルーター

ルートプレフィックスと一致するパケットをルーティングデバイスが転送する特定のノードまたはノードのセット。

次ホップタイプルーターとして認定するには、ルートが以下の基準を満たしている必要があります。

  • ルーティングデバイスの直接またはローカルサブネットであってはなりません。

  • ルーティングデバイスに直接接続された次ホップを持つ必要があります。

ソフトウェア

プレフィックス/32 を使用したリモート IP アドレスのルーティングエンジン転送テーブルに追加されたネクストホップは、Junos OS 進化のみを対象としています。

ルーティングテーブルの次ホップ

ユニキャスト (ucst)

ユニキャスト.

Unilist (ulst)

ユニキャストの次ホップのリストです。この next-hop に送信されたパケットは、リスト内の次ホップに移ります。

表 3: 状態出力フィールド値

金額

説明

アカウンティング

ルートには会計が必要です。

アクティブ

ルートがアクティブになっています。

常に MED を比較

低レベルのマルチ出口識別子 (MED) を持つパスを使用できます。

パスとして

短いほどパスを使用できます。

Cisco 非確定的 MED

Cisco 非決定的 MED が有効になり、低い MED のパスが使用可能になります。

クローン

ルートはクローンです。

クラスタリストの長さ

ルートリフレクタによって送信されたクラスターリストの長さ。

Del

ルートが削除されています。

Link

外部ルートです。

淡色

外部 BGP の近隣から受信した BGP ルート

FlashAll

すべてのプロトコルに、アクティブまたは非アクティブなルートに対する変更が通知されるように強制します。設定されていない場合、プロトコルは、アクティブなルートが変更された場合にのみ、プレフィックスの通知を受けます。

隠れる

ルーティングポリシーが原因で、ルートが使用されていません。

IfCheck

ルートが RPF チェックを転送する必要があります。

IGP メトリック

次ホップを通過するパスは、低い IGP メトリックを使用できます。

無効な理由

このルートのフラグ。特定の宛先には最適なものとして選択されていません。

初回

ルートが追加されています。

整数

内部ルート。

Int Ext

BGP 内部 BGP ピアまたは BGP のコンフェデレーションピアから受信したルート。

内部 > 外部 > の外部

直接、静的、IGP、EBGP パスを使用できます。

ローカルプレファレンス

より高いローカル優先度値を持つパスを使用できます。

Martian

ルートは martian です (明らかに無効であるため無視されます)。

MartianOK

Martian フィルタリングからのルート除外。

Next-hop アドレス

より低いメトリックのネクストホップを持つパスを使用できます。

違いなし

下位の IP アドレスを持つ近隣からのパスが利用可能です。

NoReadvrt

アドバタイズされないルートです。

NotBest

最も低い MED がないため、ルートが選択されていません。

グループには最適ではない

受信 BGP は、グループのベストではありません (最適なものとして1つしか使用できません)。

NotInstall

転送テーブルにインストールされないルートです。

NSR-不可

NSR がサポートされていないプロトコルで追加されたルート。

ゲートウェイ数

パスには、次のホップ数が多くても使用できます。

戻す

下位コードを持つパスを使用できます。

処理

別のルートに構成された保留リストがあるため、ルートを保留しています。

プログラム

API を使用して、オンボックスまたはオフボックスのアプリケーションによってプログラム可能なルートをインストールします。

保護 Cand

保護を要求するパスを示します。

保護パス

保護パスとして使用できるルートエントリを示します。

リリース

リリース用にスケジュールされたルート。

リブの優先度

番号が大きいルーティングテーブルからのルートを利用できます。

ルート識別子

64ビットプレフィックスを IP サブネットに追加して、それらを一意にします。

ルートメトリックまたは MED 比較

低いメトリックまたは MED を使用するルートを使用できます。

ルートの優先度

低い優先度値を持つルートが使用可能

ルーター ID

下位の ID を持つ近傍ノードからのパスを使用できます。

副次

ルートが1次ルートではありません。

使用できないパス

次の条件のいずれかが原因で、パスを使用できません。

  • ルートは damped です。

  • このルートは、インポートポリシーによって拒否されます。

  • ルートが解決されています。

ソースの更新

最後の tiebreaker は、最小の IP アドレス値です。

表 4: コミュニティーの出力フィールド値

金額

説明

エリア番号

4バイトで、32ビットのエリア番号をエンコードします。外部ASルートの場合、値は0です。0 以外の値は、ルートをドメイン内の内部、およびOSPFされたエリア内として識別します。エリア番号は、特定の OSPF ドメインを基準としています。

帯域 幅:ローカル AS番号:link-bandwidth-number

非等価コストのロードバランシングに使用される、リンク帯域幅コミュニティー値。BGP に複数のパスを使用できるようにしている場合は、すべての候補パスがこの属性を持っていなければ、リンク帯域幅のコミュニティーに従って、不等価コストのロードバランシングが実行されません。

ドメイン ID

OSPF ドメインを識別する、構成可能な一意の番号です。

ドメイン ID ベンダー

OSPF ドメインをさらに詳しく識別する、構成可能な一意の番号です。

リンク帯域幅番号

リンク帯域幅数: 0~4,294,967,295(バイト/秒)

ローカルAS番号

ローカル (番号): 1から65,535までです

オプション

1バイトです。現在、これはルート タイプが 5 または 7 の場合にのみ使用されます。フィールドで最小有効ビットを設定すると、ルートはタイプ 2 メトリックを運ぶ必要があります。

戻す

(Vpn で使用)ルートがどこから来たかを示します。

ospf-route-type

エリア内ルートで1または2としてエンコードされた1バイト(ルートがタイプ1またはタイプ2 LSAから来たかどうかに応じて)。3(サマリ ルート用)、5(外部ルートの場合)(エリア番号は0である必要があります)、NSSA ルートの場合は 7。シャムリンクエンドポイントアドレスの場合は129です

ルートタイプベンダー

ルートのエリア番号、OSPF ルートタイプ、およびオプションを表示します。これは、 拡張コミュニティ属性BGPを使用して設定0x8000。形式は エリア番号:ospf-route-type:options です

rte-type

ルートのエリア番号、OSPF ルートタイプ、およびオプションを表示します。これは、 拡張コミュニティ属性BGPを使用して設定0x0306。形式は エリア番号:ospf-route-type:options です

移行

ルートが参加する VPN を定義します。target には 、32 ビット IP アドレス:16 ビット番号が付きます。たとえば、10.19.0.0: 100 のようになります。

未知のIANA

受信IANA とポート間の値を0x1する受信0x7fff。BGP の拡張コミュニティー属性のコードは受け入れられますが、認識されません。

未知のOSPFベンダー コミュニティ

受信IANA値が 1 つ以上の受信パケット 0x8000。BGP の拡張コミュニティー属性のコードは受け入れられますが、認識されません。

サンプル出力

ルートの詳細を表示

ルートの詳細を表示 (BGP マルチパス)

ルートの詳細を表示する (BGP、DeletePending)

ルートラベルの詳細を表示します (ポイントツーマルチポイント Lsp のマルチポイント LDP Inband シグナリング)

ルートラベルの詳細を表示します (マルチポイント LDP の場合、高速再ルーティングを使用しています)。

ルートの詳細 (柔軟な VXLAN トンネルプロファイル) を表示します。

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

コマンドは、Junos OS リリース 14.1 X53-D20 に OCX シリーズ用に導入されています。

DeletePendingJunos OS リリース 19.4 R1 のコマンド出力に追加されたフラグ。