Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

例:ルートフラップ減衰パラメーターの設定 BGP

この例では、減衰パラメーターを設定する方法について説明します。

要件

開始する前に、ルーターインターフェイスを構成し、ルーティングプロトコルを構成します。

概要

この例では、3つのルーティングデバイスを使用しています。デバイス R2 は、デバイス R1 およびデバイス R3 との外部 BGP (EBGP) 接続を備えています。

デバイス R1 とデバイス R3 には、テスト用に構成された静的ルートがいくつかあり、これらの静的ルートは BGP を通じてデバイス R2 に通知されます。

デバイス R1 とデバイス R3 から受信したデバイス R2 damps ルートは、以下の条件に従っています。

  • 9 ~ 16 の範囲でマスク長が指定されたルートよりも、すべてのプリフィックスの長さが17以上になるようにすべてのプレフィックスを湿らせた。

  • マスク長が 0 ~ 8 で、マスクの長さが8以上のルートを湿らせたルートです。

  • 10.128.0.0/9 プレフィックスは、湿らせないでください。

ルーティングポリシーは、ルーティングテーブルから転送テーブルにルートがエクスポートされるときに評価されます。ルーティングテーブルから、アクティブなルートのみがエクスポートされます。

図 1は、サンプルネットワークを示しています。

図 1: BGP フラップ減衰トポロジBGP フラップ減衰トポロジ

CLI クイック構成は、のすべてのデバイスの設定を図 1示しています。

このセクション#configuration649__bgp-damp-policy-stでは、デバイス R2 の手順について説明します。

構成

手順

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」 を参照してください

減衰パラメーターを設定するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

  2. BGP の近隣ノードを設定します。

  3. 減衰パラメータグループを作成して設定します。

  4. 減衰ポリシーを設定します。

  5. BGP の減衰を有効にします。

  6. BGP の近隣ノードのインポートポリシーとしてポリシーを適用します。

    注:

    同一または異なるimport文内で、同じルーティングポリシーを1回以上参照できます。

  7. エクスポートポリシーを構成します。

  8. エクスポートポリシーを適用します。

  9. 自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

設定モードからshow interfaces、、、 show protocolsshow policy-options、およびshow routing-optionsコマンドを発行して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

フラップへのルートの一部が原因

目的

ルートフラップ減衰ポリシーを確認するには、ルートがフラップを使用する必要があります。ライブインターネットフィードは、一定数のルートフラップが提供されることをほぼ保証しています。ルートをアドバタイズしているリモート システムを制御できる場合、アドバタイズルーターのポリシーを変更して、すべてのルートまたは特定のプレフィックスのアドバタイズメントと取り出しを有効にできます。テスト環境では、BGP の隣接ノードをクリアするか、隣接する BGP のルーティングプロセスを再開することで、フラップによるルートを発生させることができます (図を参照)。

アクション

デバイス R1 およびデバイス R3 の運用モードから、 restart routingコマンドを入力します。

注意:

実稼働ネットワークでは、このコマンドを慎重に使用してください。

デバイス R2 では、近隣からのすべてのルートがウィズドロウされ、再通知を受けます。

ルートフラップの確認

目的

近隣フラップの数を表示します。

アクション

動作モードから、 show bgp summaryコマンドを入力します。

この出力は、ルーティング プロセスをデバイス R2 のネイバーで 4 回再起動した後にキャプチャされました。

ルートフラップ減衰を検証する

目的

減衰が原因でルートが非表示になっていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route damping suppressedコマンドを入力します。

この出力は、ルーティングが不安定になっていることを示しています。減衰により、11個のルートを非表示にします。

Damped ルートの詳細を表示する

目的

Damped ルートの詳細を表示します。

アクション

動作モードから、 show route damping suppressed 172.16.192.0/20 detailコマンドを入力します。

この出力は、表示されたルートの長さが/17 以上であることを示し、積極的な減衰プロファイルに正しくマップされていることを確認します。Merit 値のルートの現在の(および最後の)数値も確認できます。また、ルートが安定していてはアクティブになることが予想されます。

デフォルト減衰のパラメーターが有効になっていることを確認します。

目的

/16 マスクを使用して damped ルートを検索すると、デフォルトのパラメーターが有効になっていることを確認できます。

アクション

動作モードから、 show route damping suppressed detail | match 0/16コマンドを入力します。

/16 マスクを使用するルートは、カスタム減衰ルールによる影響を受けません。そのため、デフォルトの減衰ルールが有効になります。

繰り返すには、カスタムルールは次のようになります。

  • 9 ~ 16 の範囲でマスク長が指定されたルートよりも、すべてのプリフィックスの長さが17以上になるようにすべてのプレフィックスを湿らせた。

  • マスク長が 0 ~ 8 で、マスクの長さが8以上のルートを湿らせたルートです。

  • 10.128.0.0/9 プレフィックスは、湿らせないでください。

減衰情報のフィルタリング

目的

マスク長が指定されたルートに使用される減衰プロファイルの決定を簡素化するには、グループまたはカスケードパイプを使用します。

アクション

動作モードから、 show route damping suppressedコマンドを入力します。

EBGP ルートが減衰プロファイルに適切に関連付けられていることを確認したら、 clear bgp damping運用モードコマンドを発行して、アクティブステータスを damped ルートに戻し、通常の運用に接続を戻します。