Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

例:ルーティングポリシーを使用したBGPルートの優先値の設定

この例では、ルーティングポリシーを使用して、BGPから学習したルートの優先度を設定する方法を示しています。ルーティング情報は、複数のソースから学習できます。複数のソースから学習した等しく特定のルート間の関係を断ち切るために、各ソースには優先値があります。静的ルートなどの明示的な管理アクションによって学習されたルートは、BGPやOSPFなどのルーティングプロトコルから学習したルートよりも優先されます。この概念は、一部のベンダーでは アドミニストレーティブ ディスタン スと呼ばれています。

要件

この例を構成する前に、デバイスの初期化以上の特別な構成は必要ありません。

概要

ルーティング情報は、静的設定、BGP、または内部ゲートウェイプロトコル(IGP)などを通じて、複数のソースから学習することができます。Junos OSがアクティブルートとなるルートの優先度を決定すると、優先度が最も低いルートをアクティブルートとして選択し、このルートを転送テーブルにインストールします。デフォルトでは、ルーティングソフトウェアは、BGP から発信されたルートにプリファレンス 170 を割り当てます。すべてのルーティングプロトコルの中で、BGPはデフォルトの優先値が最も高いため、BGPが学習したルートがアクティブルートになる可能性は最も低くなります。

一部のベンダーでは、外部BGP(EBGP)の設定(距離)を20、内部BGP(IGBP)の距離を200としています。Junos OSは、EBGPとIBGPの両方で同じ値(170)を使用します。しかし、ベンダー間のこの違いは、Junos OSが常にIBGPルートよりもEBGPルートを優先するため、運用上への影響はありません。

ベンダーが異なるもう1つの領域は、BGP距離と比較したIGP距離です。たとえば、一部のベンダーは OSPF ルートに 110 の距離を割り当てています。これは EBGP 距離の 20 よりも長く、同等の OSPF ルートよりも EBGP ルートが選択される結果になります。同じシナリオで、Junos OS が OSPF ルートを選択するのは、内部 OSPF ルートがデフォルトの優先度 10、外部 OSPF ルートが 150 であり、どちらもすべての BGP ルートに割り当てられた優先度 170 よりも低いためです。

この例では、特定のネクストホップからのルートを照合し、プリファレンスを設定するルーティングポリシーを示しています。ルートが第 1 項に一致しない場合は、第 2 項で評価されます。

トポロジー

サンプルネットワークでは、デバイスR1とデバイスR3がデバイスR2とEBGPセッションを持っています。

デバイスR2では、インポートポリシーは以下のアクションを実行します。

  • ネクストホップ 10.0.0.1(デバイス R1)から BGP 経由で受信したルートの場合、ルート優先度を 10 に設定します。

  • ネクストホップ10.1.0.2(デバイスR3)からBGP経由で受信したルートの場合、ルート優先度を15に設定します。

図 1は、サンプルのネットワークを示しています。

図 1: BGP プリファレンス値トポロジーBGP プリファレンス値トポロジー

CLIクイック構成は、図 1でのすべてのデバイスの設定を示しています。

セクション#configuration178__bgp-preference-policy-stは、デバイスR2の手順を説明します。

設定

CLIクイック構成

この例をすばやく設定するには、次のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除して、ネットワーク構成に合わせて必要な詳細を変更し、[edit]階層レベルのCLIにコマンドをコピー&ペーストしてください。

デバイスR1

デバイスR2

デバイスR3

手順

ステップバイステップでの手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLIのナビゲーションについては、Junos OS CLIユーザーガイド設定モードでCLIエディターを使用する を参照してください。

デバイスR2 を設定するには:

  1. デバイスインターフェイスを設定します。

  2. ローカルの自律システムを設定します。

  3. 直接ルートを送信するルーティングポリシーを設定します。

  4. 受信したルートの優先度を変更するルーティング ポリシーを設定します。

  5. デバイスR2との外部ピアリングを設定します。

  6. ポリシーを インポートポリシーとして適用します。set-preference

    これは、デバイスR2のルーティングテーブルに影響し、デバイスR1およびデバイスR3には影響しません。

結果

設定モードから、show interfacesshow protocolsshow policy-options、およびshow routing-options のコマンドを入力して設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから commit を入力します。

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

プリファレンスの確認

目的

デバイスR1とデバイスR2のルーティングテーブルに、デバイスR1が設定されたEBGPプリファレンス8を使用し、デバイスR2がデフォルトのEBGPプリファレンス170を使用しているという事実が反映されていることを確認します。

アクション

動作モードからshow route protocols bgpコマンドを入力します。

意味

出力からは、デバイスR2では、デバイスR3から学習したルートの優先値が15に変更され、デバイスR1から学習したルートの優先値が10に変更されていることがわかります。