Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

変更点

EXシリーズスイッチのこのリリースでの変更点について説明します。

EVPN

  • 簡単なEVPN LAG設定(EZ-LAG)機能のデフォルト動作の変更と新しいオプション:簡単なEVPN LAG設定機能では、次のようにいくつかの新しいデフォルト値または派生値が使用されるようになりました。
    • ピア PE デバイス peer-id 値は 1 または 2 のみです。

    • 各ピアPEデバイスのループバックサブネットアドレスは、 階層レベルでnewloopback-subnet peer1-subnetオプション[edit services evpn device-attribute]loopback peer2-subnetオプションを使用して設定する必要があります。コミットスクリプトは、各PEデバイスでこれらの値を導出するのではなく、各ピアPEデバイスのループバックサブネットにこれらの値を使用します。loopback-subnet階層レベルの オプションは[edit services evpn device-attribute]非推奨になりました。

    • オプションを設定する no-policy-and-routing-options-config 場合、デフォルトのアンダーレイ設定に必要な EXPORT-LO0 というポリシーステートメントを設定するか、新しい no-underlay-config オプションを設定して独自のアンダーレイ設定を含める必要があります。

    • コミットスクリプトは、設定エラーに対して「エラー」メッセージの代わりに「通知」メッセージを生成するため、設定の問題をより適切に処理 [edit services evpn] できます。

    • コミット スクリプトは、生成された設定の説明文に、設定した要素名(IRB インスタンス名やサーバー名など)を含めます。

  • この機能にはいくつかの新しいオプションも含まれているため、生成される構成をより柔軟にカスタマイズできます。

    • no-underlay-config[edit services evpn]階層レベル—独自のアンダーレイピアリング設定を提供します。

    • mtu overlay-mtu 階層レベルの および mtu underlay-mtu オプション [edit services evpn global-parameters] —アンダーレイまたはオーバーレイ パケットにデフォルトで割り当てられる MTU サイズを変更します。

    [ Easy EVPN LAG Configurationを参照してください。]

一般的なルーティング

  • この変更以前は、ほとんどのリストは、ユーザーがリスト項目を設定した順序(一連の静的ルートなど)で並べ替えられていました。この変更後、リストの順序はシステムによって決定され、項目が設定された順序ではなく、項目が番号順に表示されます。この変更による機能的な影響はありません。

  • メモ: CLI で コマンドを使用する リクエストシャーシ FEB スロットスロット番号オフライン プライマリ FEB をオフラインにすると、トラフィック損失の警告メッセージが表示され、FEB オフライン要求は拒否されます。オフライン/再起動が引き続きプライマリ FEB を対象としている場合は、コマンドに加えて force オプションを使用します。CLIに表示される警告メッセージ:「警告:RCBとFEBはペアスロットモードで動作します。FEB %s オフライン/再起動によってトラフィックが失われ、スイッチオーバーは発生しません。「シャーシ ルーティング エンジン マスター スイッチの要求」CLIを使用してマスターシップスイッチオーバーを開始した後、再試行してください。それでもオフライン/再起動が意図されている場合は、このCLIに加えて「強制」オプションを使用してください。

Junos XML APIとスクリプティング

  • アプリケーションファイルが利用できない場合に設定をコミットextension-service fileする機能 - 階層レベルで オプションedit system extension extension-service application file file-nameを設定するoptionalと、ファイルが /var/db/scripts/jet ファイルパスで使用できない場合でも、オペレーティングシステムは設定をコミットできます。

    [ ファイル(JET)を参照してください。

ネットワークの管理と監視

  • NETCONF <copy-config> オペレーションは file:// 、ファイルへのコピー操作用のURIをサポートします(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、およびvSRX)—NETCONF <copy-config> オペレーションは、 file:// がターゲットであり、ローカルファイルの絶対パスを指定する場合に <url> 、URIの使用をサポートします。

    [ <copy-config>を参照してください。

  • ephemeral-db-supportエフェメラル設定データベース(ACXシリーズ、EXシリーズ、QFXシリーズ)でMSTP、RSTP、VSTPを設定するのに必要なステートメント—エフェメラル設定データベースでマルチプルスパニングツリープロトコル(MSTP)、ラピッドスパニングツリープロトコル(RSTP)、またはVLANスパニングツリープロトコル(VSTP)を設定するには、まず静的設定データベースの階層[edit protocols layer2-control]レベルでステート メントを設定する必要がありますephemeral-db-support

    [ エフェメラル構成データベースのインスタンスの有効化と設定を参照してください。

ユーザー インターフェイスと構成

  • コマンドで file compare files ファイルを表示するには、ユーザーに maintenance パーミッションが必要です — file compare files Junos OSおよびJunos OS Evolvedのコマンドでは、ユーザーにパーミッションのある maintenance ログインクラスが必要です。

    [ ログインクラスの概要を参照してください。