Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Mpls

  • RFC5440(ACX5448、ACX5448-M、ACX5448-D、ACX710、MX204、MX240、MX304、MX150、MX480、MX960、 MX10003、MX10004、MX10008、MX10016、MX2008、MX2010、MX2020、vMX)—Junos OSリリース23.2R1以降、セグメントルーティングラベルスイッチパス(SR-LSP)のパス計算要素プロトコル(PCEP)接続において、制限された制約に対するメトリックオブジェクトと帯域幅オブジェクトをサポートしています。メトリック オブジェクトと帯域幅オブジェクトはどちらも PCEP のオプション オブジェクトであり、PCInit、PCUpd、PCRpt PCEP メッセージに存在できます。

    LSPコントローラに制限付きメトリック値を設定するには、 階層レベルで を[edit protocols mpls label-switched-path <lsp-name> lsp-external-controller controller-name]入力igp-metric-bound <val> | te-metric-bound <val> | delay-metric-bound <val>します。

    計算プロファイルの制限付きメトリック値を設定するには、 階層レベルで を[edit protocols source-packet-routing compute-profile compute-profile-name]入力bound-metric igp <val> | bound-metric te <val> | bound-metric delay <val>します。

    SR-MPLS セグメント識別子(SID)の最大深さを使用するには、設定を使用します set protocols pcep maximum-srmpls-segment-list-depth <val>

    リストを提案するには、設定を使用します set protocols pcep propagate-lsp-max-segment-list-depth

    [ lsp-external-controllercompute-profilepcepを参照してください。]

  • パス計算要素プロトコル(ACX5448、ACX5448-M、ACX5448-D、ACX710、MX150、MX204)における、委任された、PCE開始のセグメントルーティングトラフィックエンジニアリング(SR-TE)LSPの帯域幅と予約優先度を報告するサポート、 MX240、MX304、MX480、MX960、MX2008、MX2010、MX2020、MX10003、MX10004、MX10008、MX10016、vMX)—Junos OSリリース23.2R1以降、ジュニパーは、委任された セグメントルーティングトラフィックエンジニアリングの帯域幅と予約優先度の 報告をサポートしています。(SR-TE)LSP(ラベルスイッチ パス) 。PCE(パス計算クライアント)が開始した SR-TE LSP の場合、コントローラから 帯域幅、設定優先度、予約優先度要求 を受信すると 、パス計算クライアント(PCC)は同じ情報をコントローラに報告します。

    メモ:

    PCC では、委任された SR-TE LSP に対してのみ帯域幅と予約優先度を設定でき、提供されていない SR-TE LSP および PCE 開始 SR-TE LSP には設定できません。

    委任された SR-TE LSP の および を設定bandwidth-requestedするには、 階層レベルで 設定ステートメントを[edit protocols source-packet-routing compute-profile compute-profile-name]bandwidth-requested | bandwidth-reservation-priorityめます。bandwidth-reservation-priority

    [ PCEP のレポート パス最適化メトリックを参照してください。]