Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ライセンス

  • 帯域幅ベースのMACsecライセンスサポート(MX204、MX240、 MX304、MX480、MX960、MX2008、MX2010、MX2020、MX10003、MX10004、MX10008、およびMX10016)-Junos OSリリース23.1R1以降、記載されたデバイスでのメディアアクセス制御セキュリティ(MACsec)サポートには、MACsec帯域幅ライセンスが必要です。これらのライセンスは永久です。

    MACsec機能ライセンスは、以下のバリエーションで利用できます。

    • S-MX-1C-MSEC-P-100 ギガビット イーサネット ライセンス

    • S-MX-4C-MSEC-P-400 ギガビット イーサネット ライセンス

    • S-MX-4C8-MSEC-P-480 ギガビット イーサネット ライセンス

    インストールされるMACsec帯域幅ライセンスの最小数は、MACsec対応ポートの設定された帯域幅以上でなければなりません。

    コマンド show system macsec licenseを使用して、MACsecの帯域とライセンスの使用状況を表示できます。コマンド show system licenseを使用すると、さまざまな機能ライセンスの使用状況を表示できます。

    ジュニパーアジャイルライセンスは、MACsec帯域幅ライセンスのソフトポリシー適用をサポートします。ソフト適用により、有効なライセンスがなくても機能は引き続き動作します。ただし、有効なライセンスのインストールを主張するコミット警告と定期的なアラームが表示されます。

    [MXシリーズルーターおよびMPCサービスカード用フレックスソフトウェアライセンスとライセンスの管理を参照してください。

  • 設定された時間間隔(EXシリーズ、MXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ)でライセンスアラームをトリガーするサポート-Junos OSリリース23.1R1以降では、ライセンスがインストールされていない機能または容量に対してアラームをトリガーする間隔を設定できます。

    アラーム ログの頻度を設定するには、 階層で コマンドをset system license使用しますlog-frequency

    [ ライセンスの管理を参照してください。]