Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.3R2 の変更点

一般的なルーティング

  • ログ メッセージ が削除される(MX シリーズ):PTP アグリゲート イーサネット プライマリが設定されていて、PTP アグリゲート イーサネット セカンダリが設定されていない場合、「プロファイルを変更しています」というログ メッセージが削除されます。

  • Junos Limitedバージョン(MXシリーズ、PTXシリーズ、SRXシリーズのデバイス)ではPKI動作モードコマンドをサポートしていません-制限付き暗号化Junosイメージ(「Junos Limited」)では、 、 、 show clear PKI関連の操作コマンドはサポート request していません。制限付き暗号化 Junos イメージで PKI 操作コマンドを実行しようとすると、適切なエラー メッセージが表示されます。プロセスは pkid 、Junos Limited バージョンのイメージでは実行されません。したがって、制限付きバージョンはPKI関連の操作をサポートしていません。

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • 加入者管理統計の新しい出力フィールド(MX シリーズ):拡張加入者管理を有効にすると、階層レベルで ステートメントedit forwarding-options dhcp-relayを使用して overrides bootp-support DHCP リレーまたはサーバーを設定しても、非 DHCPv4 ブートストラップ プロトコル(BOOTP)要求が処理されない場合があります。DHCPの送信および受信パケットカウンターを監視するために、運用コマンドのshow system subscriber-management statistics dhcp extensive次の出力フィールドを導入しました。 - 受信した BOOTP ブート要求パケット - 受信した BOOTP ブート応答パケット - 送信された BOOTP ブート要求パケット - 送信された BOOTP ブート応答パケット

    [ show system subscriber-management statisticsを参照してください。]

ネットワークの管理と監視

  • SNMP MIBオブジェクトifAliasの動作 の変更—SNMP MIBオブジェクトifAliasに、設定済みのインターフェイスエイリアスが表示されるようになりました。以前のリリースでは、ifAlias は設定されたインターフェイスの説明を表示するために使用されていました。

  • エフェメラル設定データベース (ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、PTXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)のインスタンスを非アクティブ化または削除する場合の変更:静的設定データベースでエフェメラルデータベースインスタンスを非アクティブ化または削除する場合、以下の変更が適用されます。
    • 階層レベル全体を [edit system configuration-database ephemeral] 非アクティブ化すると、デバイスはすべてのユーザー定義のエフェメラルインスタンスのファイルおよび対応する設定データを削除します。以前のリリースでは、ファイルと構成データは保持されます。ただし、構成データは静的構成データベースとマージされません。

    • 静的構成データベース内の一時インスタンスを削除すると、インスタンスの構成ファイルも削除されます。それ以前のリリースでは、コンフィギュレーション・ファイルは保持されます。

    • デフォルトのエフェメラルデータベースインスタンスのファイルおよび対応する設定データを削除するには、 階層レベルで ステートメントを ステートメント[edit system configuration-database ephemeral]と組み合わせてignore-ephemeral-default設定しますdelete-ephemeral-default

    [ エフェメラル構成データベースのインスタンスの有効化と設定を参照してください。

ルーティングプロトコル

  • リソース パス間の一貫性を実現するために、リソース パス /mpls/signalling-protocols/segment-routing/aggregate-sid-counters/aggregate-sid-counter ip-addr='address'/state/counters name='name'/out-pkts/ は /mpls/signaling-protocols/segment-routing/aggregate-sid-counters/aggregate-sid-counterip-addr='address'/state/countersname='name' に変更されます/.リーフ「out-pkts」はパスの終わりから削除され、「シグナリング」は「シグナリング」に変更されます(1つの「l」付き)。