Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

オープンな問題

新しいルーター向けこのリリースで、オープンな問題MX シリーズ確認してください。

既知の問題の検出と欠陥に関する最もJunos OS最新情報は、 オンライン サポート ジュニパーネットワークスレポートJunos を使用 してください。

EVPN

  • AA EVPNのシナリオでは、リモートプロバイダエッジデバイスが、リモートPEデバイスで学習されていないが、AAローカルPEデバイスで学習されたMACが原因でIMラベル付きパケットを送信すると、重複するパケットがいくつか見られる可能性があります。非設計の転送者は、パケットをドロップするのではなく、MAC ルックアップの後で IM ラベルの付いたカプセル化パケットを PE-CE インターフェイスに送信します。重複するパケットは カスタマー エッジ 側に表示されます。PR1245316

  • vmcore プロセスでは、コア ファイルをrts_ifbd_get_parent、rts_ifstate_chk_if_interesting_int生成rts_ifstate_chk_if_interesting_int_with_stats。 PR1542037

  • VLAN ID の削除MPLS、マルチホーミング PE デバイスの 1 つのトランク論理インターフェイスに追加した後で、EVPN-MPLSマルチホーミング制御 MA が欠落しています。これは VLAN ID 設定を変更する推奨方法ではありません。両方のマルチホーミング PE デバイスで常に対称変更を実行する(VLAN ID を削除または追加する)。 PR1596698

  • L2-DCI 間の MAC IP 移動は、ゲートウェイ ノードの MAC-IP テーブルで更新されません。この問題は、MACをDC1からDC2に移動するときに、変換VNIでのみ発生します。VMは、設計された方法で相互接続機能にVNI設定を変換がないDC間を移動します。 PR1610432

フローベースおよびパケットベースの処理

  • 太いトンネル内の IPv6 には、512 のアンチプレイ ウィンドウ サイズを使用します。また、太いトンネルの並列暗号化が 384 パケット(12 コア * 32 のパケットを 1 つのバッチで)内にある場合、ESP シーケンス チェックによって順序外のパケットが報告される場合があります。そのため、512 のアンチプレイ ウィンドウ サイズのアウトオブオーダー パケットはありません。

    PR1470637

転送とサンプリング

  • fast-lookup-filter FLTハードウェアでサポートされていない一致が発生するとトラフィックが低下する可能性があります。PR1573350

一般的なルーティング

  • このMX104 CPU 使用率が高い場合に、散ルーティング エンジン I2C エラー メッセージが表示されます。I2C は、影響を与え無い方法で次回のポーリングで正常にアクセスできる可能性があります。 PR1223979

  • FPC-PTX-P1-A または FPC2-PTX-P1A を使用する PTX シリーズ ルーターでは、TQCHIP のリンクリストの破損を引き起こす可能性のある SEU(イベントの一変)が発生する可能性があります。 PR1254415

  • MX シリーズ または PTX シリーズ デバイス上の RE-S-X6-64G、RE-S-2X00x6、RE-PTX-X8-64G モデルの次世代 ルーティング エンジン(NG-RE)では、プライマリ ルーティング エンジン間で約 20~35 秒、Linux ベースのホスト(VM ホスト)の一時的なシステム停止が発生する可能性があります。 PR1312308

  • 受信/送信フィルターの両方で VLAN を変更するアクションとして VLAN を追加しても、フィルターはインストールされません。 PR1362609

  • 次世代 ルーティング エンジン(NG-RE)を使用すると、一部のレース状況では、プライマリ ルーティング エンジン: kernel: interrupt ACX7100-32C で検出された「iルーティング エンジン:」で検出されたメッセージが表示される場合があります。割り込みソースの調整を行います。 PR1386306

  • MPC7E、MPC8E、または MPC9E が取り付いた MX シリーズ ルーターでは、光インターフェイス QSFPP-4X10GE-LR(パーツ番号 740-054050)が使用されている場合、リンクがフラップされる可能性があります。 PR1436275

  • PTP およびセカンダリ PTP ポートの設定は、ポート設定に従ってMAC アドレス PTP パケットとマルチキャスト パケットを受け入れる。転送可能なマルチキャストを設定した場合、転送可能なアドレスを持つ PTP MAC アドレスは受信され、転送不可は破棄されます。リンクローカル マルチキャストを設定した場合、転送不可のインターフェイスを持つ PTP パケットMAC アドレスはドロップされます。 PR1442055

  • 競合条件では、異なるルーティング プロトコルからのプレフィックス ルートを持つ ルーティング テーブル 内の同じプレフィックス プロトコルのネクスト ホップを通して BGP ルートが解決され、ルートがフラッピングされている場合(最初にこれらのルートがダウンしてからアップの場合)、BGP ルートが再解決され、rpd クラッシュが見られる可能性があります。 PR1458595

  • IP オプション ルーターのアラート ヘッダーがエグレスのファイアウォール フィルターにアクセスできない。 PR1490967

  • コマンドを実行 show pfe filter hw filter-name filter- name すると、コマンドが失敗し、パケット転送エンジンのプログラミングの詳細が取得されません。 PR1495712

  • バックアップ デバイスがルーティング エンジンすると、CB1 はオフラインに戻り、オンラインに戻されます。これによりバックアップ ノードが再起動ルーティング エンジン、再起動の理由が「0x1:power cycle/Failure」として示されます。 PR1497592

  • リリース リリース リリースで使用した場合と比較して、再起動時に 35 Junos OS 20.2R1の遅延Junos OSされます19.4R2。 PR1514364

  • Junos Node Slicing で統合型 ISSU を実行した後、サポートされていない FRU(フィールド交換可能ユニット)統合型 ISSU は、ISSU の後に手動でオンラインになるまでオフラインの状態になります。この問題により、オフラインの FRUs にサービスやトラフィックが影響します。 PR1534225

  • FPC は、フラップ トラップ set protocols oam ethernet cfm performance-monitoring sla-iterator-profiles 監視機能が使用され、パフォーマンス監視フラップが実行された場合にコア ファイルを生成することがあります。 PR1536417

  • ukernがsflowdデーモン(サーバー)に対するソケットを閉じると、「ソケットからsflowd closed」というエラーが発生します。このエラーは、クライアントが後続の試行で接続を正常に再確立すると、それ自体で再設定されます。これらのエラーが一貫している場合は、sflowdとFPC上で実行されているsFlow間の通信の問題を示します。 PR1538863

  • VRF のMX2020対応、ネクストホープの規模 400 万、ルートスケール 800,000 基を備えた拡張ルーター。FPC が GRES でオフラインになる場合があります。GRES の後も、ルーターは引き続き多くのファブリック関連のネットワーク ネットワークをCM_ALARMs。FPC が再起動を継続して、オンラインになされない場合があります。プライマリ およびバックアップ スイッチを再起動ルーティング エンジン復旧に役立ち、ルーターは安定しています。 PR1539305

  • PTP から PTP へのノイズ転送は、障害プロファイル「400nsp-p_1Hz」を通過しますが、プロファイル「400nsp-p_0.1Hz」および下位の BW プロファイルでも失敗します。問題は10Gにも共通しています PR1543982

  • 複数の再起動を行った後、100Gから近いデバイスを AOC に設定しても問題はありません。インターフェイスが有効または無効になると、回復します。 PR1548525

  • このログは無害です 2 月 27 日 20:26:40 xolo fpc3 Phys_mem_size.out をスキャンできません。/var/log/*.out(0;0xdd3f6ea0;-1)(posix_interface_get_ram_size_info):未知のエラー: -1。 PR1548677

  • QFX10002-60CとMX2010に接続された5M DACはリンクアップしない。しかし、100 万と 300 万の DAC を使用した場合、この相互運用性は期待通り機能します。また、同じ 5M DAC がQFX10002-60C、ACX、またはトラフィック ジェネレータにもシームレスに機能する必要があります。QFX10002-60CとMX2010の両方に、特定のSIまたはリンクレベルの設定があるようです。これらの構成は、HWおよびSIチームの支援を受け、解決する必要があります。 PR1555955

  • VEおよびCEメッシュグループは、特定のルーティング インスタンス用に作成されたデフォルトのメッシュグループです。VLAN またはブリッジドメインの追加では、VE およびメッシュ グループまたはフラッド グループに対してフラッド CEルートが作成されます。VEメッシュグループは、インターフェイス上でIGMPが有効CEなルーターではCE理想的です。MX シリーズベースのCEボックスには無制限の数の大きな問題が含まれます。そのため、大きな問題ではありません。 PR1560588

  • タイミング lc エラー、「CdaExprInfo:grpc api コール ExprServerInfoGet に失敗しました」および「CdaExprInfo: サーバー情報エラー:5 の取得に失敗しました。」。このエラーは、ルーターの再起動または fpc の再起動後のすべての ffで表示されます。 PR1561362

  • 競争状態により、出力はセッション show multicast route extensive instance instance-name ステータスを無効として表示できます。このような出力は、アロケーション 障害であり、機能上の問題は示されません。 PR1562387

  • インターフェイスのフラップを追加しないように、インターフェイスのホールド タイムを設定する必要があります。 PR1562857

  • リリース 21.1R1 Junos OSから、python3 Junos OS 出荷されます(python2 はサポートされなくなりました)。ZTP プロセスで Python スクリプトがダウンロードされている場合は、python スクリプトが python3 構文に従っている必要があります(python2 構文と python3 構文に特定の変更があります)。また、Junos OS リリース 20.4R1 までは、python スクリプトの最初の行には #!/usr/bin/python が使用されました(つまり、python インタープリターのパス)。リリース 21.1R1 から #!/usr/bin/python3 に同Junos OSする必要があります。 PR1565069

  • シャーシ ログには、接続されているポートごとに「pic_create_ifname: 0/0/0 pic type F050 はサポートされていません」というメッセージがあふれしています。これは数秒ごとに行うでしょうPR1566440

  • すべての prpd ルートが削除された場合でも、NSR での切り替ルーティング エンジン後に、Stale TCNH エントリーが新しいプライマリ エントリに表示されます。これらの TCNH エントリーは、NSR が静的でプログラム可能なルートのサポートBGPためです。これにより、ネクスト ホップが解放されないルーティング エンジン参照カウントが追加されます。 PR1566666

  • パケット転送エンジン のスケールが高いトンネルの場合、routing-options dynamic-tunnel を非アクティブ化した後で、メッセージが表示される「トンネル id: show dynamic-tunnel database statistics は存在しない」というメッセージが表示されます。これは一時的なエラー メッセージで、機能への影響はありません。トンネルの削除中にこのエラーが表示され、すべてのトンネルが削除された後は表示されません。 PR1568284

  • ファイルを /tmp/ にコピーすると、多 大なJTASK_SCHED_SLIP。回避策として、代わりにファイルを /var/tmp/ に コピーします。 PR1571214

  • HAクラスタの導入では非常にまれな条件下では、RG0フェイルオーバーを実行すると同時に制御リンクがダウンすると、プライマリルーティング エンジンおよびセカンダリルーティング エンジンがdcd.snmp_ix情報の同期をしていないため、この mib2d コア ファイルにぶち当たって処理されます。 PR1571677

  • すべてのプラットフォームJunos OS、IFBD(Interface Bridge Domain)設定の変更を頻繁に実行する際にまれなタイミングの問題が発生する可能性があります。この動作は、パケット転送エンジン が ルーティング エンジン からアウトオブオーダー IFBD を受信し、fxpc プロセスのクラッシュやトラフィック ドロップを引き起す可能性がある場合に見られます。 PR1572305

  • MPC11E ライン カードからのログに、次のメッセージが表示される場合があります。 2 月 9 日 11:35:27.357 router-re0-fpc8 aftd-trio[18040] [Warn] AM :IPC 処理 - タイプ:27 の のハンドラーが見つかりません。機能に影響はないので、これらのログは無視できます。 PR1573972

  • MX シリーズ ルーターでは、約 3,2000 回の接続の拡張が可能な加入者シナリオで、複製デーモンがコア ファイルを生成したり、実行を停止したりすると、GRES アップグレード後に新しい ルーティング エンジン 上の加入者サービスで障害が発生する可能性があります。 PR1577085

  • IRB 上で設定VXLANした EVPN-OSPFのシナリオでは、接続に関する問題OSPFが確立されない可能性があります。 PR1577183

  • この問題は、ブロック サイズが 1 の /8 プールが、設定がコミットされている場合、ブロック作成により多くのメモリを利用し、現在 syslog タグ付き RT_NAT_POOL_MEMORY_SHORTAGE で顧客に通知されている NAT プールのメモリ不足が原因です。 PR1579627

  • 「:」文字を含む入力サブスクリプション パスの場合、GNMI show network-agent statistics の場合の拡張ヘッダーと特定のフィールドには、CLIは正しくありません。 PR1581659

  • フルインストール済みデバイスでは、6,4800 を超えるエントリを持つ拡張されたプレフィックス設定により、ファイアウォール プログラミングが失敗する場合がありました。ただし、この問題は開発設定では見られない。 PR1581767

  • アクティブなセカンダリ インターフェイスが非アクティブの場合、BMCAが次の最適な奴隷インターフェイスを選択する前に、PTP show ptp lock-status ロック ステータスが出力の「初期化」状態に数秒間設定されます。これは Day 1 の動作であり、機能への影響はありません。 PR1585529

  • 階層設定を ON にし、オプション C を BGP CT と一緒に使用すると、ASBR の VPN CT チェイッディング ルートが 1 つのラベルを付いて SRTE トンネルを使って解決される場合、転送 mpls.0 ルート プログラミングは MX シリーズ ボックスでは正しくありません。 PR1586636

  • USF モード(MX-SPC3)では、FTP ALG NAT セッション内でも EIM マッピングが作成されます。 PR1587849

  • すべての Junos OS および EVO プラットフォームでは、テレメトリ ストリームが接続されたリンクで輻輳が発生した場合、競争条件で na-grpcd コアおよびテレメトリ サービスが影響を受ける可能性があります。na-grpcd はオンラインに戻すまで少し時間がかかる場合があります。 PR1587956

  • VM のインターフェイス上で NAPT44、EIM、APP、および PCP show services session count を構成した USF モード(MX-SPC3)は、パブリックサイドから開始した FTP トラフィックでは想定されません。 PR1588046

  • S5-J3 Junos OS リリース 19.1R3を実行しているすべてのデバイスでは、拡張可能な加入者サービス マネージャー(ESSM)を削除すると、加入者の論理インターフェイスが立ち往生する可能性があります。 PR1591603

  • USF モードでは、GRES が関係する IPSec 特定のシナリオでは、RPD は即座にルート エントリ(ネゴシエートされたトラフィック セレクターに基づいて IKED ベースでインジェクトされる ARI ルート)をパージします。これは、IKED が IKE および IPSec SA の処理の一部として ARI ルートを追加するまで、アップリンクに(または暗号化する)トラフィックに影響を与える ルーティング エンジン マスターシップ スイッチ上の古いルート エントリーと見なします。トラフィック損失を最小限に抑えるために、次の設定可能な設定ステートメントを使用をお勧めします。 set system services subscriber-management gres-route-flush-delayPR1592655

  • ネットワークMX シリーズインラインNPTは、認証ヘッダーが存在するパケットの送信元IPv6を変換しない。パケットはアップストリームを通過するシンプルな方法です。その結果、ダウンストリーム トラフィックが、NPT プール IPv6 アドレスとともに IPv6 宛先アドレスとして、および認証ヘッダーを使用して到着するとは限されません。このようなトラフィックは悪意のある可能性があります。外部設定で処理する必要があります。推奨される修正は、NPT プール アドレス宛てのトラフィックを、認証ヘッダーを使用してブロックする、ダウンストリーム方向のファイアウォールを設定する方法です。 PR1592957

  • Pim VxLAN は TD3 チップセットでは動作しません。リリース 21.3R1 以降は VxLAN Junos OSフローを有効にしません。 PR1597276

  • すべての MX シリーズ ルーターでは、構成 AMS 1:1 のウォーム スタンバイをロードバランスまたは定義的な NAT に変更すると、vmcore ファイルが生成され、トラフィック ロスが発生する可能性があります。 PR1597386

  • MX2010、MX2020: MPC11E: フラグ日の変更により、Junos OSリリース21.2から21.3、Junos OSリリース21.4へのソフトウェアアップグレードでは、統合型 ISSUはサポートされていません。 PR1597728

  • MX10008、MX10016、PTX10008、PTX10016(JNP10K-RE1)では、StorFly VSFBM8CC200G SSD のスマート属性の一部が「Unknown_Attribute」と表示される可能性があります。この問題によるサービスへの影響はありません。 PR1598566

  • PTP がデフォルト プロファイルで、PTPoE がステートフルで設定されている場合、通常のクロックモード設定はサポートされていません。サポートされていない設定の下ではコミット エラーが発生しない。サポートされていない設定の下に、エラー ログが報告されるはありません。サポートされていない PTP 構成: user@router# show プロトコル ptp クロックモード 普通、ステートフル{ インターフェイス xe-0/0/0.0 { マルチキャストモード { トランスポート { ieee-802.3; } } }PTP over Ethernet およびデフォルト プロファイルのステートフル ポート設定は境界クロック モードでのみサポートされ、通常のクロック モードではサポートされません。クロックモードを変更したり、ステートフル設定を削除したりします。 PR1601843

  • インターフェイスがダウンからアップに移行すると、ピア インターフェイスの設定に長い時間がかかる場合、特定のインターフェイスのキャリア移行カウンター値が正しくありません。アップ/ダウンのホールドタイム設定は、解決に役立ちます。 PR1601946

  • コンバージェンス時間を Junos OS リリース 21.1R1.5 と比較した場合、ISISv6、ospfv2、ospfv3 のコンバージェンス時間でパフォーマンスが低下しました。コンバージェンス時間の問題であるため、多くのコンポーネントが関与するため、複数のチーム(rpd、カーネル、コンバージェンス)による調査がパケット転送エンジン。. PR1602334

  • MS-MPC または SPC3 サービス カードと AMS/MAMS インターフェイスを設定した MX シリーズ バーチャル シャーシ の設定では、プロトコル バックアップ シャーシ内の MPC2 ライン カード上のトラフィックが、タイミング条件によって正しく負荷分散されない可能性があります。回避策として、サービスカードがオンラインの場合、影響を受けたラインカードを再起動します。 PR1605284

  • NAPT44 と NAT64 の一部のシナリオでは、syslog にSESSION_CLOSEが見られます。 PR1614358

  • DSLite と NAT設定を使用して ICMP および UDP トラフィックを一致するように設定すると、ICMP エラー パケット ペイロード IP と UDP ヘッダー変換は適切に行っていません。 PR1616633

  • メモリ ゾーンは、Vty コマンドを使用してメモリ テストを実行している間、適切に反映されない。test usp service-sets memory-testing startPR1619499

  • FIPS モードの有効化が失敗し、自己テストエラーとカーネル クラッシュが発生します。 PR1623128

  • Zeroize RPC では、肯定的な返信は返ってくさい。 PR1630167

  • DHCP ALQ syslog エラー bbesmgd[26939] : LIBSDB_RSMON_PS_TABLE_PTR_FAILURE: sdb_get_ps_interface_table_record:2076 でソフトウェア ptr を取得ps_table_headerしました。 PR1631858

  • SPC3 サービス カードがインストールされた MX シリーズでは、データ セッションが閉じた後、TFTP コントロール セッションがアクティブなタイムアウトとともに更新され、制御セッションがセッション テーブルに残る時間が少し続きます。TFTP制御セッションは最終的にタイムアウト後に削除されるので、サービスへの影響はマイナーまたは無視できます。 PR1633709

  • ボックスを挿入local_dest_timeoutプレーン 1 は状態をチェックしない。 PR1636943

ジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET)

  • jsd プロセスは、特定の場合においてコレクターまたはクライアント側でソケットの突然の終端を検出する時間がかかる場合があります。これは、コレクターがルーターに接続されているインターフェイスをフラッピングするか、ファイアウォールがクライアント ポートを終了するときに発生します。このような場合、クライアントは、接続の終端が検出されるのを待つ必要があります。検出には約 1 時間かかる場合があります。jsd プロセスを再起動してから、同じクライアント ID で再接続する必要があります。

    PR1549044

  • スタブ作成機能を使用できません。 PR1580789

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • デバイスを 1~2 回削除しても、ZTP はアクティブになりません。 PR1529246

レイヤー 2 の特長

  • サブインターフェイスの論理インターフェイスを既存のインターフェイスに追加すると、既存の論理インターフェイスで20~50ミリ秒のトラフィック ドロップが発生します。 PR1367488

MPLS

  • MPC7E ライン カード内でのみ統合型 ISSU 中に BFD セッションがフラップされます。問題は頻繁に見られない。 PR1453705

  • シングル ホップ BFD セッションは、RSVP リンクまたはリンクノード保護バイパスが有効になっている高度に拡張された設定で GRES の後にフラップされる場合があります。これは、ネイバーのタイムアウトが発生する前に RSVP hello を受信しない場合、RSVP ネイバーが GRES の後にダウンする場合がある場合に発生します。RSVP ネイバーがダウンした結果、RSVP は、信号バックアップ LSP に必要なバイパス トンネルに /32 ルート ポイントをインストールします。リンクが戻った後、すべての LSP がバイパスの使用を停止すると、このルートは削除されます。この/32 ルートが存在すると、BFD がフラップされます。 PR1541814

  • use-for-shortcut ステートメントは、厳密な SPF Algo 1(SSPF)プレフィックスSDを使用する SR-TE トンネルでのみ使用することを意図しています。set protocols isis traffic-engineering tunnel-source-protocol spring-teデバイスset protocols isis traffic-engineering family inet-mpls shortcuts上で設定されている場合、Algo 0 プレフィックス SID を使用して SR-TE トンネルが use-for-shortcut ステートメントで設定されている場合、ルーティング ループまたは rpd プロセス コア ファイルが発生する可能性があります。PR1578994

  • MX10008およびMX10016ルーターでは、拡張されたRSVPセッション(21,000など)が有効で、すべてのインターフェイスでRSVPが有効になっている場合、rpdプロセスがすべてのインターフェイスを通過すると、それまではCPUの使用率が高になります。これにより、LSP フラップも発生します。 PR1595853

  • 保護されたリンクがダウンすると、RSVPからトンネルMPLS修復メッセージを受け取り、CSPFの計算をトリガーします。次に、MPLS RRO通知を介してリンク保護情報を取得します。RRO MPLS前にTED通知を最初に受信した場合、CSPFの計算は失敗します。リンク保護フラグは設定されていないのMPLSリンクだと考えて、LSP をダウンします。 PR1598207

  • 受信ノードでは、複数の RSVP セッションがダウンしています。 PR1631774

  • RSVPセットアップ保護が有効になっている場合、コード内のブロードキャスト セグメントをネクストホープチェックする機能が欠落のため、ブロードキャスト セグメント上のLSPがダウンする可能性があります。 PR1638145

ネットワーク管理と監視

  • 一時的なインスタンスを削除すると、インスタンスに関連する物理ファイルは削除されません。ファイルの内容はそのまま残り、デバイスの動作が不明になる可能性があります。 PR1553469

プラットフォームとインフラストラクチャ

  • カーネル commit synchronize ソケットがスタックされ、コマンドが失敗します。 PR1027898

  • 論理子インターフェイスでフィルタを適用して使用すると、スイッチオーバーのトラフィックが失われます。 PR1487937

  • MX480ルーターでは、VXLAN機能によるGRES機能およびNSR機能の検証中に、コンバージェンスはL2-DOMAIN-TO-L3VXLANとして想定されるではありません。 PR1520626

  • DHCP リレー モードを no-snoop として設定すると、プログラムの誤りによりASICsされます。この問題は、EVPN ベースの仮想環境で DHCP リレーを実行しているVXLANします。 PR1530160

  • ファイアウォール フィルターが使用される MX シリーズ ベースのライン カードでは、まれなケースでは、複数の繰り返しで大規模な構成の追加と削除を行う場合、ライン カードがクラッシュし、FPC が再起動する可能性があります。このFPCのトラフィックは、再びオンラインになるまで失われます。 PR1589619

  • デバイスで認証(tacplus サーバー、radius-server など)が設定されている場合、まれなケースでファイルを開かない可能性があります。その場合、mgd プロセスがクラッシュする可能性があります。 PR1600615

  • vrrp マスターシップの変更をバックアップからプライマリに変更すると、トラフィック損失が観察されます。これは、リンクを有効にした後にルートを戻している場合に表示されます。 PR1612504

  • eVPN Junos OS 21.3R1 では、EVPN VxLAN SMET マルチキャスト スヌーピング設定トラフィックが VTEP でドロップされる可能性があります。 PR1613457

  • EX4400-48MP - VMコアファイルが生成され、マルチキャストバーチャル シャーシで分割されている可能性があります。 PR1614145

  • すべてのMX シリーズでは、再起動時に、アグリゲート イーサネットの論理インターフェイスが最初に追加され、その後削除され、再度追加されます。このフラッピングは、フィルタの添付ファイル ipc に古いアグリゲート イーサネット論理インターフェイス インデックスが付き、フィルタのバインドが失敗するコーナー ケースです。フィルタはインターフェイスにアタッチされません。そのため、フィルタ関連サービスは機能しません。 PR1614480

  • 一部のブリッジ ドメインでは学習されない MAC アドレス PR1632411

  • gre の FPC とアグリゲート イーサネット インターフェイスを L2GRE で再起動し、仮想スイッチイーサネットを設定すると、トラフィック ドロップが発生します。 PR1640953

ルーティング ポリシーおよびファイアウォール フィルター

  • すでに設定済みのルーティング ポリシーが不適切に変更され、構成済みの「from」一致条件すべてが削除されます。グローバルなデフォルト ルート フィルター ウォークアップ オプションが変更された場合、つまり設定の追加/ set policy-options default route-filter walkup 削除が実行されます。この問題は、どの用語にも「from route-filter」が設定されていないルーティング ポリシーにのみ影響します。 PR1646603

ルーティング プロトコル

  • ドラフトローゼンマルチキャストVPNで他のベンダーと相互運用する場合、デフォルトでJunos OSは、ルートターゲットをMDT(マルチキャスト配信ツリー)のSAFI(ネットワークレイヤー到達可能性情報)ルートアドバタイズメントに添付します。しかし、一部のベンダーは、ルート ターゲットを MDT-SAFI ルート アドバタイズメントに接続しない場合があります。この場合、ルート ターゲットの拡張コミュニティがない MDT-SAFI ルート アドバタイズメントは、Junos OS を実行しているデバイスで BGP ルート ターゲット フィルタリングが有効になっている場合、伝達から除外されます。 draft-rosen-idr-rtc-no-rt は IETF で作成され、この問題を文書化して標準に従って提案された修正を実行します。PR993870

  • TILFA バックアップ パスは LAN シナリオでインストール失敗し、インターフェイスごとに 4 個を超えるエンド xSD が設定MPLS LAN 用 SR-MPLS TILFA が壊れます。 PR1512174

  • draft-ietf-idr-bgp-ext-opt-jp-s との準拠問題RFC 9072の以前のバージョン(draft-ietf-idr-bgp-ext-opt-何も有効なアドレス)では、必要なオプションパラメータの長さは255で、更新された動作をトリガーできます。インターネット ドラフトの後半エディションでは、非ゼロのオプション パラメータ長値の使用が許可されました。 PR1554639

  • clns ping ステートメントが L3 VPN を介して失敗します。 PR1559005

  • ファブリックのバーチャル シャーシまたはバーチャル シャーシ、igmpスヌーピング設定が削除されると、不整合なMCSNOOPDコア ファイルが表示されます。 PR1569436

  • アップグレード後の SHA-1 システム ログイン パスワード形式は受け入れされません。 PR1571179

  • 統合型 ISSU をサポートしているすべてのプラットフォームで、LFM(Link Fault Management)で接続された 2 台のルーターで ISSU が実行されると、あるルーター上で「Aborting Daemon Prepare」でこのプロセスが停止します。BFD(双方向転送検出)プロセスは停止状態で停止し、アイドル状態に戻されません。障害が発生したノードでの ISSU の後続の試みは、同じメッセージで失敗します。 PR1598786

  • トラフィックMPLS rib inet.3 保護コア設定ステートメントが有効になっている場合、inet.3 のトランスポート ルートはルート解決に使用されません。 PR1605247

サービス アプリケーション

  • トリガーの X-port-Id が 48 文字の長さをパケット転送エンジンすると、DTCP radius-flow-tap でプログラム NAS失敗します。 PR1647179

加入者アクセス管理

  • Acct-Stop のイベント タイムスタンプRADIUS、特定の状況下で将来の時刻を示す場合があります。 PR1643316

ユーザー インターフェイスと設定

  • bbe-smgd コア ファイルは、/.0x040e9caf で中止()で監視しています。/0x040e9caf/svl-engdata5vs2/occamdev/build/freebsd/stable_12_213/20211023.042806__ci_fbsd_builder_stable_12_213.0.7016a19/src/libc/stdlib/stdlib/abort.c:67PR1637272