Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.3R1 の変更

EVPN

  • SVLBNH 情報の表示のサポート - コマンドを使用して、指定された ESI およびルーティング インスタンスの VXLAN トンネル エンドポイント情報を表示すると、SVLBNH(共有 VXLAN ロード バランシング ネクスト ホップ)情報を show ethernet-switching vxlan-tunnel-end-point esi esi-identifier esi-identifier instance instance svlbnh 表示できるようになりました。

一般的なルーティング

  • SLC 値(MX2020 および MX2010)の誤った設定に対するコミット チェック —SPC(サブ ライン カード)の誤った設定に対するコミット チェックを導入しました。SPCの設定中に、不正な値(サポートされていないパケット転送エンジンの範囲、CPUコア、またはDRAM値など)を指定した場合、設定コミットは失敗し、エラーを示す適切なメッセージが表示されます。

    [ サブラインカードの設定とGNFへの割り当てを参照してください。]

  • show chassis pic コマンド(Junos|Evo)—<cli>show chassis pic </cli> コマンドを実行すると、光インターフェイスに関する追加情報が表示されるようになりました。出力には、次の追加フィールドが表示されます。MSA バージョン: 指定された光インターフェイスが準拠しているマルチソースアグリーメント (MSA) バージョン。サポートされる値は次のとおりです。SFP+/SFP28 &-8212;SFF-8472(バージョン9.3~12.3)、QSFP+/QSFP28 & -8212;SFF 8363(バージョン1.3~2.10)、およびQSFP-DD &# -8212;CMIS 3.0、4.0、5.0。以前は、show chassis pic コマンドにはこの追加フィールドは表示されませんでした。

    [ シャーシの写真を表示する]を参照してください。

  • show interfaces(アグリゲート イーサネット)コマンド(Junos|Evo)—コマンドの実行時に、MAC 統計に関する追加情報を show interfaces extensive ae 表示できるようになりました。出力には、次の追加フィールド MAC statistics: Receive Transmit Broadcast packets 0 0 Multicast packets 0 0が表示されます。以前は、 コマンドには show interfaces extensive ae この追加フィールドは表示されませんでした。

    [ シャーシの写真を表示する]を参照してください。

  • URR クエリーまたは削除リクエストへの拡張応答(MX シリーズ):コントロール プレーン機能が URR クエリーまたはリクエストの削除を送信すると、Junos マルチアクセス ユーザー プレーンは変更応答に使用率レポートを送信するようになりました。

  • 複数のプロキシIDリスト(MX5、MX10、MX40、MX80、MX104、MX240、MX480、MX960、MX2008、MX2010、およびMX2020)のサポート:MXシリーズルーターは、次の2つのケースを除いてIDリストをサポートしていません。

    • MXシリーズルーターは、IDリストをサポートするリモートデバイスからプロキシIDリスト内の任意のトラフィックセレクターを受け入れます。

    • MXシリーズルーターは、特定のIDの重複を削除することでリストを削減できる場合、IDリストを受け入れます。例えば、ID リストの 80.0.0.1 と 80.0.0.0/24 をスーパーセット ID 80.0.0.0/24 に減らします。

      リスト(any:0,ipv4(any:0-65535,0.3=80.0.0.1)、ipv4_subnet(any:0-65535,0.7=80.0.0.0/24))

  • ISSU はサポートされていません。PTP(Precision Time Protocol)と Synchronous Ethernet でクロック同期が設定されている場合、統合型 ISSU(インサービス ソフトウェア アップグレード)はサポートされません。

Junos XML APIとスクリプティング

  • コマンドライン引数をPythonアクションスクリプト(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、PTXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)に渡す方法の変更 -カスタムYANG RPCがPythonアクションスクリプトを呼び出し、コマンドライン引数をスクリプトに渡すと、デバイスのプレフィックスはハイフン(-)を単一文字の引数名に、プレフィックスは2つのハイフン(#8212;)。を、複数文字の引数名に変更します。プレフィックスを使用すると、標準的なコマンドライン解析ライブラリを使用して引数を処理できます。以前のリリースでは、デバイスは変更されていない引数名をスクリプトに渡します。

    [ Junos OS を実行するデバイスでの YANG RPC のアクション スクリプトの作成を参照してください。

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • DHCP のリンク選択サポート — [edit forwarding-options dhcp-relay relay-option-82] 階層レベルで ステートメントが導入link-selectionされ、DHCP リレーでサブオプション 5 からオプション 82 への追加が可能になりました。サブオプション 5 では、DHCP プロキシ クライアントとリレー エージェントが、特定の IP アドレス範囲とスコープから特定のサブネットの IP アドレスを要求できます。このリリースの前は、更新時に DHCP リレーがパケットをドロップし、DHCP サーバーはリーフのアドレスを宛先として使用して DHCP 更新メッセージを確認していました。

    [ relay-option-82 を参照してください。

ネットワークの管理と監視

  • snmp mib walk コマンド(PTX シリーズ、QFX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、SRX シリーズ)の拡張-ipv6IfOperStatus フィールドには、インターフェイスの現在の運用状態が表示されます。noIfIdentifier(3)状態は、有効なインターフェイス識別子がインターフェイスに割り当てされていないことを示しています。この状態は、通常、リンクローカルインターフェイスアドレスが重複アドレス検出に失敗したことを示しています。インターフェイスで「重複アドレス検出」エラーフラグを指定すると、新しい値(noIfIdentifier(3))が表示されます。以前は、snmp mib walk コマンドは新しい値(noIfIdIdentifier(3))を表示しませんでした。

  • SNMPv3 INFORMS(ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、PTX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ)のコンテキストの変更EngineID が、SNMPv3 INFORMS のコンテキストEngineID が Junos デバイスのローカル エンジン ID に設定されるようになりました。以前のリリースでは、SNMPv3 INFORMSのコンテキストEngineIDがリモートエンジンIDに設定されていました。

    [ Junos OSでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。]

  • SNMP MIB オブジェクト ifAlias の動作の変更 - SNMP MIB オブジェクト ifAlias には、設定されたインターフェイス エイリアスが表示されます。以前のリリースでは、ifAlias が設定されたインターフェイスの説明を表示するために使用していました。

加入者アクセス管理

  • PPPoEアクティブディスカバリーネットワーク(PADN)非推奨(MXシリーズ)—[edit access domain map domain-map-name]階層レベルで ステートメントが非推奨padnになりました。