Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.3R1 の変更点

EVPN

  • SVLBNH 情報の表示のサポート — コマンドを使用して、指定された ESI show ethernet-switching vxlan-tunnel-end-point esi esi-identifier esi-identifier instance instance svlbnh およびルーティング インスタンスの VXLAN トンネル エンドポイント 情報を表示するときに、共有 VXLAN ロード バランシング ネクスト ホップ(SVLBNH)情報を表示できます。

一般的なルーティング

  • show chassis pic コマンドの拡張 — コマンドを実行するときに光ファイバーに関する追加情報を表示 show chassis pic できます。出力には、追加のフィールドが表示されます。 MSAバージョン: 指定された光が準拠しているマルチソース契約(MSA)バージョンです。サポートされる値は次のとおりです。 SFP+/SFP28 &-8212、SFF-8472(バージョン 9.3 ~ 12.3)、QSFP+/QSFP28 &-8212、SFF 8363(バージョン 1.3 ~ 2.10)、QSFP-DD &-8212、CMIS 3.0、4.0、5.0。以前は、 コマンド show chassis pic でこの追加フィールドが表示されません。

    [show chassis pic.]

  • show interfaces(Aggregated Ethernet)コマンドの拡張 — コマンドを実行すると、MAC統計情報に関する追加情報を表示show interfaces extensive aeできます。出力には、次の追加フィールドが表示されます。 MAC statistics: Receive Transmit Broadcast packets 0 0 Multicast packets 0 0以前は、 コマンドshow interfaces extensive aeでこの追加フィールドが表示されません。

    [show chassis pic.]

Junos XML API とスクリプティング

  • コマンドラインの引数をPythonアクションスクリプトに渡す方法の変更(ACX シリーズ、 EX シリーズ、MX シリーズ、PTX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ、vMX、vSRX)—カスタム YANG RPC が Python アクション スクリプトを呼び出してコマンドラインの引数をスクリプトに渡すと、デバイスはハイフン(-)を単一文字の引数名にプレフィックスし、2 つのハイフン(—)をマルチ文字の引数名にプレフィックスします。プレフィックスにより、標準のコマンドライン解析ライブラリを使用して、引数を処理できます。以前のリリースでは、デバイスは変更されていない引数名をスクリプトに渡します。

    [「 ネットワーク で稼働しているデバイスでの YANG RPC のアクション スクリプトの作成 Junos OS.]

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • DHCP のリンク選択のサポート — link-selection [edit forwarding-options dhcp-relay relay-option-82] 階層レベルに ステートメントを導入しました。これにより、DHCP リレーはサブオプション 5 をオプション 82 に追加できます。サブオプション 5 では、DHCP プロキシ クライアントとリレー エージェントが、特定の IP アドレスの範囲と範囲から特定のサブネットの IP アドレスを要求できます。このリリースの前は、DHCP リレーは更新時に DHCP プロセスでパケットを破棄し、DHCP サーバーはリーフのアドレスを宛先として DHCP 更新メッセージを受信しました。

    [ relay-option-82 を参照してください]

ネットワーク管理と監視

  • SNMPv3 INFORMS のコンテキスト内の変更 (ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、PTX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ)—現在では、SNMPv3 INFORMS のコンテキストEngineID が Junos デバイスのローカル エンジン ID に設定されます。以前のリリースでは、SNMPv3 INFORMS の contextEngineID がリモート エンジン ID に設定されました。

    [snmp MIB と Traps supported by Junos OS.]