Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティング オプション

  • バックアップルーター(MXシリーズデバイスおよびvMX)での拡張PPPoEセッション作成—リリース21.3R1以前のJunos OSリリースでは、PPP(ポイントツーポイントプロトコル)キープアライブ時間が切れた後、プライマリルーターからバックアップルーターへのPPPoEセッションスイッチが発生します。Junos OSリリース21.3R1以降、PPPoEセッションは、キープアライブ時間の期限が切れるのを待つことなく、切り替えることができます。バックアップルーターは、PPPセッションから認識できないパケットを受信すると、PPPoEアクティブディスカバリー終端(PADT)メッセージで応答します。この PADT 応答により、PPP クライアントは直ちに再起動し、PPP セッションを再起動する時間が短縮されます。

    この拡張機能により、加入者はスタンバイ ルーターでセッションを迅速に再確立できます。

    [イーサネット 上のポイントツーポイント プロトコルの理解を参照してください。