Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.1R3 の変更点

Junos XML APIとスクリプティング

  • HTTPSサーバーからスクリプトを更新するには、証明書(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、PTXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)が必要—HTTPSサーバーからローカルコミット、イベント、op、SNMP、またはJuniper Extension Toolkit(JET)スクリプトを更新する場合、デバイスがサーバーの証明書を検証するために使用する証明書(ルートCAまたは自己署名)を指定する必要があります。 したがって、サーバーが本物であることを保証します。以前のリリースでは、HTTPS サーバーからスクリプトを更新すると、デバイスは証明書の検証を実行しません。

    operational mode コマンドを使用してスクリプトrequest system scripts refresh-fromを更新する場合は、 オプションを含めcert-file、証明書のパスを指定します。または set refresh-from 設定モードコマンドを使用してスクリプトset refreshを更新する前に、まずスクリプトを設定する階層レベルの下でステートメントを設定しますcert-file。証明書は、プライバシー拡張メール (PEM) 形式である必要があります。

    [ システム スクリプトの更新元証明書ファイルの要求 (スクリプト)を参照してください。