Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.1R3 で変更された内容

Junos XML API とスクリプティング

  • HTTPS サーバーからスクリプトを更新するには、証明書(ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、PTX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ、vMX、vSRX)が必要です。HTTPS サーバーからローカル コミット、イベント、op、SNMP、または Juniper Extension Toolkit(JET)スクリプトを更新するときは、デバイスがサーバーの証明書の検証に使用する証明書(ルート CA または自己署名)を指定する必要があります。 サーバーが本物であることを確認します。以前のリリースでは、HTTPS サーバーからスクリプトを更新しても、デバイスは証明書の検証を実行しません。

    動作モード コマンドを使用してスクリプトをrequest system scripts refresh-from更新する場合は、オプションをcert-file含め、証明書パスを指定します。またはset refresh-from設定モード コマンドを使用してスクリプトを更新する前にset refresh、まず、スクリプトを設定するcert-file階層レベルでステートメントを設定します。証明書は、PEM(Privacy-Enhanced Mail)形式である必要があります。

    [ システム スクリプトの更新元cert-file(Scripts)を参照してください。

プラットフォームとインフラストラクチャ

  • Junos Limited バージョン(MX シリーズ ルーター、PTX シリーズ ルーター、SRX シリーズ デバイス)で PKI 動作モード コマンドをサポートしていません。制限付き暗号化 Junos イメージ(「Junos Limited」)では、 clear PKI 関連の運用コマンドはサポート request show されていません。制限付き暗号化 Junos イメージで PKI 運用コマンドを実行しようとすると、適切なエラー メッセージが表示されます。このプロセスは pkid 、Junos Limitedバージョンイメージでは実行されません。そのため、限定されたバージョンは PKI 関連の操作をサポートしていません。

J-Web

  • ダッシュボードページとモニターページの変更(SRXシリーズ):J-Web UIの読み込み速度を向上するには、以下の手順にしたがってください。

    • [ダッシュボード] ページで、オンボックス レポート関連のウィジェットが削除されました。

    • [マップとチャート >の監視>トラフィック マップ] ページで、デフォルトの所要時間を「過去 1 時間」から「5 分」に変更しました。