Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.1R3 の変更

EVPN

  • show Ethernet Switching Flood extensive の出力 -- 現在のshow ethernet-switching flood extensive出力には、EVPN-VXLAN ネットワークの仮想イーサネットと WAN メッシュ グループの正しいネクストホップ タイプがユニリストとして表示されます。以前は、拡張イーサネットスイッチングフラッドを表示するの出力では、ネクストホップタイプをコンポジットとして誤識別していました。

インターフェイスとシャーシ

  • 複数の柔軟なトンネルインターフェイス(FTI)トンネルを設定する場合、送信元と宛先のアドレスペアは、同じトンネルカプセル化タイプのFTIトンネル間でのみ一意である必要があります。このPRの前に、トンネルのカプセル化タイプに関係なく、すべてのFTIトンネル間で送信元アドレスと宛先アドレスのペアを一意にする必要がありました。

Junos XML APIとスクリプティング

  • HTTPSサーバーからスクリプトを更新するには、証明書(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、PTXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)が必要です。HTTPSサーバーからローカルコミット、イベント、op、SNMP、またはJuniper Extension Toolkit(JET)スクリプトを更新する場合、デバイスがサーバー証明書の検証に使用する証明書(Root CAまたは自己署名)を指定する必要があります。 サーバーが本物であることを確認します。以前のリリースでは、HTTPS サーバーからスクリプトを更新しても、デバイスは証明書の検証を実行しません。

    運用モード コマンドを使用してスクリプトをrequest system scripts refresh-from更新する場合は、 オプションをcert-file含め、証明書パスを指定します。または set refresh-from 設定モード コマンドを使用してスクリプトを更新する前にset refresh、まず、スクリプトを設定する cert-file 階層レベルで ステートメントを設定します。証明書は、PEM(プライバシ拡張メール)形式である必要があります。

    [ リクエスト システム スクリプトの refresh-fromcert-file(Scripts)を参照してください。