Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

移行、アップグレード、ダウングレードの手順

このセクションでは、CLIを使用してJunos OSをvSRX向けにアップグレードする方法について説明します。ネットワークの規模や構成によっては、Junos OSのアップグレードまたはダウングレードに数時間かかることがあります。

また、J-Web( J-Webを参照)またはJunos Spaceネットワーク管理プラットフォーム( Junos Spaceを参照)を使用して、vSRX向けJunos OSリリース21.1R3にアップグレードすることもできます。

Junos OS 15.1X49リリースからJunos OSリリース17.4、18.1、18.2、18.3、18.4、19.1、19.2、19.4へのvSRXの直接アップグレードがサポートされています。

次の制限が適用されます。

  • Junos OS 15.1X49リリースからJunos OSリリース19.3以降へのvSRXの直接アップグレードはサポートされていません。vSRXとvSRX 3.0のJunos OSリリースの他の組み合わせ間でのアップグレードには、一般的なJunos OSアップグレードポリシーが適用されます。

  • /var 使用量にマウントされたファイルシステムは、容量の 14% 未満である必要があります。

    次のコマンドを使用してこれを確認します。

    コマンドを使用すると、 request system storage cleanup その割合に到達するのに役立つ場合があります。

  • Junos OSアップグレードイメージは、/var/host-mnt/var/tmp/のディレクトリに配置する必要があります。を使用する request system software add /var/host-mnt/var/tmp/<upgrade_image>

  • Junos OSのアップグレードではなく、新しいVM(vSRX仮想マシン)を導入することをお勧めします。また、vSRXからより新しく推奨されるvSRX 3.0に移行するオプションも提供されます。

  • 設定、ライセンスキー、証明書、および保持しておきたいその他のファイルなどの貴重なアイテムを必ずバックアップしてください。

メモ:

ESXi を展開する場合、15.1X49-Dxx vSRX インスタンスに 3 つ以上のネットワーク アダプタがある場合、Junos OS リリース 15.1X49-Dxx から Junos OS リリース 17.x、18.x、または 19.x へのファームウェア アップグレードは推奨されません。ネットワークアダプタが3つ以上あり、アップグレードする場合は、アップグレード後に追加のネットワークアダプタをすべて削除してネットワークアダプタを追加するか、ターゲットのOSバージョンに新しいvSRXインスタンスを展開することをお勧めします。

ソフトウェア パッケージのアップグレード

CLI を使用してソフトウェアをアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. ジュニパーネットワークスのWebサイトからvSRXのJunos OSリリース21.1R3の.tgzファイルをダウンロードします。ソフトウェア イメージのサイズをメモします。

  2. vSRXインスタンスに新しいソフトウェアイメージをアップロードするのに十分な空きディスク容量があることを確認します。

  3. 必要に応じて、イメージをアップロードするためにディスク領域を解放します。

    メモ:

    このコマンドで十分なディスク領域が解放されない場合、vSRX から手動で削除してディスク領域を解放できる安全なファイルの詳細については、「 [SRX] 使用可能なシステム ストレージを増やすために削除する一般的で安全なファイル 」を参照してください。

  4. FTP、SCP、または同様のユーティリティを使用して、vSRX の Junos OS リリース 21.1R3 の .tgz ファイルを vSRX VM のローカルファイルシステム上の /var/crash/corefiles/ にアップロードします。例えば:

  5. 動作モードから、ソフトウェア アップグレード パッケージをインストールします。

    エラーが発生しなければ、Junos OS が自動的に再起動してアップグレード プロセスを完了します。vSRX向けJunos OSリリース21.1R3へのアップグレードが完了しました。

    メモ:

    Junos OSリリース17.4R1以降では、vSRXイメージのアップグレードが完了すると、アップグレードプロセスの一環として、デフォルトで元のイメージが削除されます。

  6. ログインし show version 、 コマンドを使用してアップグレードを確認します。

OVA イメージの検証

vSRX .ovaイメージをダウンロード済みで、それを検証する必要がある場合は、 VMware用のvSRX .ovaファイルの検証を参照してください。

検証できるのは.ova(VMwareプラットフォーム)vSRXイメージのみであることに注意してください。KVMで使用する.qcow2 vSRXイメージは、同じ方法で検証することはできません。ただし、すべてのソフトウェア イメージのファイル チェックサムは、ダウンロード ページで入手できます。

Junos OSリリースおよび延長サポート終了リリースのアップグレードおよびダウングレードサポートポリシー

リリースには、標準EOLとEEOLの2種類があります。

  • Standard サポート終了 (EOL) リリースには、最初の一般提供日から 24 か月間のエンジニアリング サポートと、さらに 6 か月間のカスタマー サポートがあります。

  • 延長サポート終了 (EEOL) リリースには、最初の一般提供日から 36 か月間のエンジニアリング サポートと、さらに 6 か月間のカスタマー サポートがあります。

標準 EOL リリースと EEOL リリースの両方で、次の 3 つの後続のリリースにアップグレードするか、前の 3 つのリリースにダウングレードできます。たとえば、20.4 から次の 3 つのリリース(21.1、21.2、21.3)にアップグレードしたり、以前の 3 つのリリース(20.3、20.2、20.1)にダウングレードしたりできます。

EEOL リリースの場合のみ、追加のオプションがあり、ターゲットリリースが次の 3 つのリリースを超えている場合でも、1 つの EEOL リリースから次の 2 つの後続の EEOL リリースに直接アップグレードできます。同様に、ターゲットリリースが前の 3 つのリリースを超えている場合でも、1 つの EEOL リリースから前の 2 つの EEOL リリースに直接ダウングレードできます。たとえば、20.4 は EEOL リリースです。したがって、20.4 から次の 2 つの EEOL リリース(21.2 と 21.4)にアップグレードするか、以前の 2 つの EEOL リリース(20.2 と 19.4)にダウングレードできます。

表 1: EOL と EEOL のリリース
リリースタイプ エンジニアリング終了(EOE) サポート終了(EOS) 後続の3つのリリースへのアップグレード/ダウングレード 後続の2つのEEOLリリースへのアップグレード/ダウングレード
標準サポート終了(EOL) 24ヶ月 エンジニアリング終了 + 6 か月 はい いいえ
Extended End of Life(EEOL) 36ヶ月 エンジニアリング終了 + 6 か月 はい はい

標準 EOL および EEOL リリースの詳細については、「 https://www.juniper.net/support/eol/junos.html」を参照してください。

ソフトウェアのインストールとアップグレードについては、 インストールおよびアップグレードガイドを参照してください。