Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

既知の制限

このリリースの一部のデバイスの既知の制限SRX シリーズください。

既知の問題の検出と欠陥に関する最もJunos OS最新情報は、 オンライン サポート ジュニパーネットワークスレポートJunos を使用 してください。

認証およびアクセス コントロール

  • 統合型アクセス コントロールが、uac-プラグインでパケットをドロップし、jbuf が null のときに利息チェック イベントを受信します。フローが uac 戻り値を取得すると、フロー プロセスによってパケットがドロップされ、再度ログが記録されます。通常、フロー プロセスがログを実行すると、jbuf にフラグがチェックされます。このドロップがログに記録されているフラグがフローだったら、フローは再びログに記録されません。時には、jbuf にフラグが設定されていないため、2 つのログが表示されました。 PR1555850

フローベースおよびパケットベースの処理

  • Express Path などの高速フローでは、セッション内のパケットまたはバイト カウンターはログを閉じ、セッション出力は、NP を通過しながら蓄積された値のみを考慮に入れます。 PR1546430

一般的なルーティング

  • SRX380では、MACsecはセキュリティmacsec statisticsコマンドを表示します。暗号化オフセットが有効になっている場合、暗号化されたバイトと暗号化されたパケットには、暗号化されたバイトと保護されたバイトの両方が含まれます。 PR1534840

  • AppID の機能強化(リリース 21.1R1 Junos OS、データベース ファイルは以前のリリースと互換性がありません。このため、この問題は、Junos OS リリース 21.1R1 からそれ以前のリリースにダウングレードする際に発生すると予想されます。 PR1554490

Vpn

  • SPC2 および SPC3 の混在モード HA 導入では、既存のトンネルでデッド ピア検出(DPD)が機能している間、TPS(トンネル/秒)が影響を受ける可能性があります。この制限は、IKED が DPD 状態をバックアップ ノードに同期するために使用する、インフラストラクチャ(gencfg)で使用される CPU の大きなチャンクが原因です。 PR1473482