Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.1R2 の変更

EVPN

  • IGMP スヌーピング オプションが階層レベルに変更されました。Junos OS は、以下のオプションを [edit protocols igmp-snooping] 階層から 階層に[edit protocols igmp-snooping vlan vlan-name][edit routing-instances evpn protocols igmp-snooping]階層から 階層に[edit routing-instances evpn protocols igmp-snooping vlan vlan-name]移動しました。

  • クエリー間隔

    クエリー-last-member-interval

    クエリー-レスポンス-インターバル

    堅牢なカウント

    evpn-ssm-reports-only

    即時休暇

  • SVLBNH 情報の表示のサポート - コマンドを使用してshow ethernet-switching vxlan-tunnel-end-point esi esi-identifier esi-identifier instance instance svlbnh 指定された ESI およびルーティング インスタンスの VXLAN トンネル エンドポイント情報を表示すると、SVLBNH(共有 VXLAN ロード バランシング ネクスト ホップ)情報を表示できるようになりました。

一般的なルーティング

  • 内部 IPsec 認証アルゴリズム(EX シリーズ)の設定 - 内部 IP セキュリティ(IPsec)認証の 階層レベルで[edit security ipsec internal security-association manual direction bidirectional authentication algorithm]アルゴリズムhmac-sha-256-128を設定できます。以前のリリースでは、MXシリーズデバイスに対してのみアルゴリズムhmac-sha-256-128を設定できました。

インターフェイスとシャーシ

  • 同じルーティング インスタンス(ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、NFX シリーズ、PTX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ)で重複 IP 検出をブロックする--Junos は、同じルーティング インスタンス内の異なる論理インターフェイス間で重複 IP を受け入れなくなります。inet(インターフェイス)のトピックで言及されているテーブルを参照してください。同じルーティング インスタンス内の 2 つの論理インターフェイスに同じ IP を設定しようとすると、コミットはブロックされ、次に示すようにエラーが表示されます。[edit] user@host# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family inet address 2.2.2.2/24 [edit] user@host# commit commit complete [edit] user@host# set interfaces ge-0/0/2 unit 0 family inet address 2.2.2.2/24 [edit] user@host# commit [edit interfaces ge-0/0/2 unit 0 family inet] 'address 2.2.2.2/24' で見つかった同一のローカル アドレスrt_instデフォルトで、 intfs ge-0/0/2.0 および ge-0/0/1.0、ファミリー inet.エラー: 構成チェック アウトに失敗しました。

    [ inet(interfaces)を参照してください。

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • DHCP のリンク選択サポート— 階層レベルで ステートメントをedit forwarding-options dhcp-relay relay-option-82導入link-selectionしました。これにより、DHCP リレーでサブオプション 5 からオプション 82 への追加が可能になりました。サブオプション 5 では、DHCP プロキシ クライアントとリレー エージェントが、特定の IP アドレス範囲とスコープから特定のサブネットの IP アドレスを要求できます。このリリースの前は、更新時に DHCP リレーがパケットをドロップし、DHCP サーバーはリーフのアドレスを宛先として使用して DHCP 更新メッセージを確認していました。

    relay-option-82 を参照してください。

ネットワークの管理と監視

  • Oid の変更HighSpeed-今では、ネゴシエーションが完了するとHighSpeedがネゴシエートされた速度を表示する場合、OID(オブジェクト識別子)が表示されます。速度がネゴシエートされていない場合、HighSpeedにインターフェイスの実際の最大速度が表示されます。以前のリリースでは、IfHighSpeedは常にインターフェイスの実際の速度を表示していました。

    Junos OSでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。

  • SNMPv3 INFORMS(PTX シリーズ、QFX シリーズ、ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、SRX シリーズ)のコンテキストの変更EngineID が、SNMPv3 INFORMS のコンテキストEngineID が Junos デバイスのローカル エンジン ID に設定されるようになりました。以前のリリースでは、SNMPv3 INFORMSのコンテキストEngineIDがリモートエンジンIDに設定されていました。

    Junos OSでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。