Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

解決済みの問題:21.1R2

EVPN

  • 必須プロセスでは、アップグレード中または構成のコミット中にコア ファイルが生成されます。 PR1577548

フローベースおよびパケットベースの処理

  • TCP プロキシ セッションをオフにすると、フローまたは srxpfe プロセスがクラッシュする可能性があります。 PR1573842

  • SRX シリーズ デバイスでは、フィルターの送信元ゾーンがユーティリティ の監視セキュリティ パケット ドロップに追加されました。 PR1574060

一般的なルーティング

  • フローされたコア ファイルは、SRX340 デバイス上で頻繁に生成される場合があります。 PR1463689

  • kmd プロセスはインターフェイスがフラッピングするとクラッシュする可能性があります。 PR1544800

  • SRX1500 は、ファンがオーバースピードで稼働していると報告します。 PR1546132

  • 拡張サービス モードが有効になっている場合、アプリケーション アイデンティティ不明パケット キャプチャ ユーティリティは SRX シリーズ デバイスでは機能しません。 PR1558812

  • SRX5K-SPC3またはMX-SPC3カードのPICは、フロークラッシュが発生した後、オフラインステータスで立ち往生する可能性があります。 PR1560305

  • 電力モード-ipsec が有効になっていると、ファブリック プローブ パケットが正しく処理されない可能性があります。 PR1564117

  • SRXシリーズデバイスのWi-Fi mPIMがNTPサーバーとDNSサーバーにアクセスしています。 PR1569680

  • SRX5800およびMX960デバイスのSNMP動作状態方法がありません。 PR1570433

  • MACsecはネットワーク制御キューを使用していません。 PR1571977

  • VRRP 対応 IRB インターフェイスがダウンすると、VRRP インターフェイスを通過するトラフィックが破棄されることがあります。 PR1572920

  • SRX では、既存の高速 BFD セッションに対してタイマー値が更新される特定の条件では、PFE で BFD セッションが高速に削除される可能性があります。これにより、BFD セッションがダウンまたは PFE コアのままになる場合があります。 PR1578946

  • SecProfiling スレッド フィードが Policy Enforcer(PE) PR1582454 からフェッチされると、ipfd プロセスがコア ダンプでクラッシュする可能性があります。

  • srxpfe プロセスは SRX1500 デバイスで停止することがあります。 PR1582989

  • デバイスの再起動後、1G インターフェイスが起動しない可能性があります。 PR1585698

  • ルーティング インスタンスの変更時に l2ald プロセスがクラッシュする可能性があります。 PR1586516

  • SRX シリーズ デバイスでは、SSL プロキシ内の TLS バージョン(1.1、1.2、1.3 など)を制御する protocol-version コマンドは影響を受けません。 PR1587149

  • SRX シリーズ デバイスでは、未知のパケット キャプチャ機能は SSL を記録しなくなります。デフォルトでは UNKNOWN フロー。この動作は、コマンド セット サービス アプリケーション識別パケット キャプチャ ssl-unknown を有効にすることで変更できます。ssl-unknown コマンドを設定しないと、SRX シリーズ デバイスは UNKNOWN または INCONCLUSIVE としてマークされたフローのみをキャプチャします。 PR1587875

  • Secure Web Proxy が設定されている場合、パススルー トラフィックは再起動後に失敗する可能性があります。 PR1589957

インターフェイスとシャーシ

  • テナント インスタンスで設定されたインターフェイスとデフォルト ルーティング インスタンスで設定されたインターフェイスが同じローカル アドレスを持つ場合。テナントを削除しようとすると、その下のインターフェイスがデフォルトのルーティングインスタンスに追加され、同じルーティングインスタンスの同じローカルアドレスに対するコミットチェックエラーが発生しています。回避策として、テナント インスタンスを削除するときにコミットするのではなく、完全にコミットします。PR1581877

侵入検出および防御(IDP)

  • パケット ドロップの理由に署名を追加し、レコード パケット ドロップ モジュールに送信する。 PR1574603

  • IDP ポリシー プロセスが応答しなくなったり、IDP 自動更新後に IDP ポリシーのコンパイルに失敗する場合があります。 PR1577684

J-Web

  • [ネットワーク > インターフェイスの監視>ページのパフォーマンスを向上させるために、管理者ステータスが削除され、サービスとプロトコルのデータが 1 つのホスト インバウンド トラフィックにマージされます。 PR1574895

  • 機能ゾーンが設定されている場合、ゾーン情報は消えます。 PR1594366

  • カスタム アプリケーション名には、定義済みアプリケーションの下にリストされている任意のものが含まれています。 PR1597221

NAT(ネットワーク アドレス変換)

  • IPv4 から IPv6 へのパケット変換後に挿入された IPv6 UDP チェックサムの誤り。 PR1596952

ネットワークの管理と監視

  • SSH 接続が応答しなくなる可能性があり、ログは uid メッセージによって kern.maxfiles の制限を超過したことを示します。 PR1567634

プラットフォームとインフラストラクチャ

  • re3 および SCB3 がインストールされている SRX5000 シリーズ デバイスでは、show chassis errors コマンドはサポートされていません。 PR1560562

  • show chassis ethernet-switch errors コマンドは、SRX5800 デバイスのポート 14 のエラー カウンターを予期せず表示します。 PR1563978

  • SRX5000 シリーズ デバイスでは、2 つ目の SCB にルーティング エンジンが含まれていない場合、アラーム「パワー バジェット:不十分な電力」が正しく発生しない可能性があります。 PR1568183

ルーティング ポリシーとファイアウォール フィルター

  • 大量のアプリケーションやアドレスが 1 つのポリシーによって参照されている場合、トラフィック損失が発生する可能性があります。 PR1576038

Vpn

  • pkid プロセスは、ローカル証明書の自動登録中にコア ファイルを生成します。 PR1564300

  • 複数の IPsec SA がある場合、バックアップ SA は IPsec 再キーを開始します。 PR1565132

  • iked プロセスは、SRX5000-SPC3 カードがインストールされている SRX5000 シリーズ デバイスの運用コマンドによってクラッシュする可能性があります。 PR1566649

  • VPN ピアが 500 以外のソース ポートを使用して開始すると、kmd プロセスがクラッシュする可能性があります。 PR1596103