Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ネットワークの管理と監視

  • 負荷更新操作(EX9200、MX5、MX10、MX80、 MX204、MX240、MX480、MX960、MX2008、MX2010、MX2020、MX10003、MX10008、MX10016、vMX)—Junos OS リリース 21.1R1 以降、NETCONF および Junos XML プロトコル クライアント アプリケーションは、負荷更新操作を使用して一時的な構成データベースを構成できます。ロード更新操作を実行するには、属性を <load-configuration> action に設定します update

    [ <load-configuration>.]

  • デュアル ルーティング エンジン デバイス(MX240、 MX480、MX960、MX2010、MX2020、MX10003、MX10008、MX10016)—Junos OS リリース 21.1R1 以降では、デュアル ルーティング エンジン デバイス上の同期コミット モデルを使用してコミット 同期操作を実行するように一時的なデータベースを設定できます。同期コミット モデルでは、グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)またはノンストップ ルーティング(NSR)が有効になっているデバイスで一時的なデータベースを確実に使用できます。一時的なデータベースに同期コミットモデルを使用するには、 階層レベルで ステートメントを[edit system configuration-database ephemeral]設定commit-synchronize-model synchronousします。

    [一 時的な設定データベースを理解するを参照してください。

  • 運用コマンド RPC は、NETCONF セッション(ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX4000、ACX5048、ACX5096、ACX5448)で、JSON および XML 出力の返しをサポートしています。 EX2300、EX3400、EX4300、EX4400-24P、EX4400-24T、EX4400-48F、EX4400-48P、EX4400-48T、EX4600、EX4650、EX9200、MX104、MX204、MX240、 MX480、MX960、MX2008、MX2010、MX2020、MX10003、MX10008、MX10016、PTX1000、PTX5000、PTX10001 、PTX10002、PTX10008、PTX10016、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210、QFX10002、 QFX10002-60C、QFX10008、QFX10016、 SRX550HM、SRX4100、SRX4200、SRX4600、SRX5400、SRX5600、SRX5800、vMX、vSRX)—Junos OS リリース 21.1R1 以降、運用コマンド RPC(RPC を含む <get-configuration> )は、JSON または XML 出力を最小フォーマットで返す NETCONF セッションと属性をサポート format="json-minified" しています format="xml-minified" 。縮小形式では、不要なスペース、タブ、改行など、コンピューターの処理に必要でない文字が削除されます。縮小形式ではデータのサイズが小さくなり、その結果、データの配信と処理時間だけでなく、転送コストも削減できます。

    [ NETCONFセッションにおける運用情報リクエストの出力形式の指定を参照してください。

  • キャリアグレードNAT PBA監視(MXシリーズ)のSNMPサポート-Junos OSリリース21.1R1以降、MS-MPCと統合サービスフレームワーク(USF)MX-SPC3に関するポートブロック割り当て(PBA)情報を取得できます。2つの新しいMIBオブジェクトと2つの新しいMIBテーブルを使用して、関連する側面:

    • 新しい MIB オブジェクト jnxNatSrcNumAddressMIB テーブルの下でマップされた jnxSrcNatStatsTable、および新しい MIB テーブル jnxNatPbaStatsTable は、MS-MPC-PIC および MS-MIC に関する情報を取得します。

    そして

    • 新しい MIB オブジェクト jnxJsNatSrcNumAddressMIB テーブルの下でマップされた jnxJsSrcNatStatsTable、および新しい MIB テーブル jnxJsNatPbaStatsTable は、MX-SPC3 に関する情報を取得します。

    [ JunosでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。]

  • sFlow は IP-IP トラフィック(MX240、MX480、MX960)をサポートしています。Junos OS リリース 21.1R1 以降では、sFlow テクノロジを使用して、物理ポート上のトンネル エントリー ポイント、トランジット デバイス、トンネル エンドポイントで IP over IP(IP-IP)トラフィックのエグレス sFlow をサンプリングできます。sFlow サンプリングは、IPv4 または IPv6 トラフィックを伝送する IPv4 外部ヘッダーを持つ IP-IP トンネルでサポートされています。トンネルヘッダーのカプセル化は、動的トンネルまたはFTI(フレキシブルトンネルインターフェイス)のいずれかによって行われます。sFlow監視技術を使用して、IP-IPトンネルからネットワークパケットをランダムにサンプリングし、監視のためにサンプルを宛先コレクターに送信できます。

    [ sFlowテクノロジーの概要IPトンネルインターフェイスの設定を参照してください。]

  • SNMPv3 USM(MX シリーズおよび SRX シリーズ)ユーザー向けの HMAC-SHA-2 認証プロトコル サポート -Junos OS リリース 21.1R1 以降、SNMPv3 USM(ユーザーベース セキュリティ モデル)のユーザー向けに、以下の新しい CLI 構成ステートメントを使用して HMAC-SHA-2 認証プロトコルを設定できます。

    • authentication-sha224
    • authentication-sha256
    • authentication-sha384
    • authentication-sha512

    これらのステートメントは、ローカルエンジンユーザーには、 で[edit snmp v3 usm local-engine user username]、リモートエンジンユーザーには.[set snmp v3 usm remote-engine engine-id user user-name]

    [ authentication-sha224 authentication-sha256 authentication-sha348 authentication-sha512を参照してください。