Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リリース 21.1R2 の変更

一般的なルーティング

  • 接続ごとのSSHセッション接続制限とレート制限(PTXシリーズとQFXシリーズ)—接続ごとにSSHconnection-limit接続制限とrate-limitレート制限をedit system services ssh有効にするために、 階層レベルでSSHとオプションを導入しました。デフォルトの接続制限値は75接続であり、レート制限に関連付けられたデフォルト値はありません。

  • Support only for manual channelization on QSFP-100G-SR4-T2 optics (QFX5120-48T and QFX5120-32C)-自動チャネル化には、アクティブ光ケーブル(AOC)を使用することをお勧めします。QSFP-100G-SR4-T2 ケーブルは、自動チャネル化をサポートしていません。QSFP-100G-SR4-T2 光インターフェイスを外部ブレイクアウト ケーブルで使用するには、 階層レベルで ステートメントを実行して、チャネル化をchannel-speed手動で設定するedit chassis fpc slot-number pic pic-number (port port-number | port-range port-range-low port-range-high)必要があります。

    [ チャネルスピードを見る]

  • ジュニパーアジャイルライセンシング(QFX5120-48Y、QFX5110-32Q、QFX5110-48S)—このリリース以降、QFXスイッチは以下の機能をサポートします。

    • 標準:BFD、フィルター(レイヤー 2 およびレイヤー 3)、レイヤー 2(xSTP、802.1Q、LAG)、レイヤー 3(静的)、QoS(レイヤー 2 およびレイヤー 3)、SNMP

    • アドバンスド1: 標準機能、BGP、IS-IS、FBF、VRRP、MC-LAG、レイヤー 3(静的)、GRE トンネル、OSPF、RIP、sFlow、バーチャル シャーシ

    • アドバンスド2: 高度な 1 機能、CFM、Q-in-Q、VXLAN、PCEP、ESI-LAG、タイミング、イーサネット OAM、EVPN-VXLAN、IGMP バージョン 1、IGMP バージョン 2、IGMP バージョン 3、PIM、MLD(Multicast Listener Discovery)バージョン 1 またはバージョン 2

    • プレミアム: 高度な 2 機能、レイヤー 3 VPN、LDP、RSVP、レイヤー 2 回線、EVPN-MPLS、セグメント ルーティング、MPLS、MACsec

    [ QFXシリーズスイッチのフレックスソフトウェアライセンスジュニパーアジャイルライセンスガイドを参照してください。

インターフェイスとシャーシ

  • 同じルーティング インスタンスで重複 IP 検出をブロックする(すべての Junos プラットフォーム)—Junos は、同じルーティング インスタンス内の異なる論理インターフェイス間で重複 IP を受け入れなくなります。inet(インターフェイス)のトピックで言及されているテーブルを参照してください。同じルーティングインスタンス内の2つの論理インターフェイスに同じIPを設定しようとすると、 コミットは次のようにedit表示され、エラーはブロックされます。user@host# セット インターフェイス ge-0/0/1 ユニット 0 ファミリー inet アドレス 2.2.2.2/24 edit user@host# コミット コミット完全なedituser@host# セット インターフェイス ge-0/0/2 ユニット 0 ファミリー inet アドレス 2.2.2.2/24 edit user@host# コミット edit interfaces ge-0/0/2 unit 0 family inet 'address 2.2.2.2/24' rt_inst defaultで見つかった同一のローカル アドレス 、 intfs ge-0/0/2.0 and ge-0/0/1.0、 ファミリー inet. エラー: 構成チェック アウトに失敗しました

    [ inet(interfaces)を参照してください。]

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • Link selection support for DHCP (QFX Series)- 階層レベルで ステートメントがlink-selectionedit forwarding-options dhcp-relay relay-option-82導入され、DHCP リレーでサブオプション 5 からオプション 82 への追加が可能になりました。サブオプション 5 では、DHCP プロキシ クライアントとリレー エージェントが、特定の IP アドレス範囲とスコープから特定のサブネットの IP アドレスを要求できます。このリリースの前は、更新時に DHCP リレーがパケットをドロップし、DHCP サーバーはリーフのアドレスを宛先として使用して DHCP 更新メッセージを確認していました。

    [ relay-option-82 を参照してください。

ネットワークの管理と監視

  • Change in OID ifHighSpeed—ネゴシエーションが完了すると、HighSpeedがネゴシエートされた速度を表示する場合、オブジェクト識別子(OID)が表示されます。速度がネゴシエートされていない場合、HighSpeedにインターフェイスの実際の最大速度が表示されます。以前のリリースでは、IfHighSpeedは常にインターフェイスの実際の速度を表示していました。

    [ Junos OSでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。]

  • snmp mib walk コマンド(PTX シリーズ、QFX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、SRX シリーズ)の機能強化 —ipv6IfOperStatus フィールドには、インターフェイスの現在の運用状態が表示されます。noIfIdentifier(3)状態は、有効なインターフェイス識別子がインターフェイスに割り当てされていないことを示しています。この状態は、通常、リンクローカルインターフェイスアドレスが重複アドレス検出に失敗したことを示しています。インターフェイスで「重複アドレス検出」エラーフラグを指定すると、新しい値(noIfIdentifier(3))が表示されます。以前は、snmp mib walk コマンドは新しい値(noIfIdIdentifier(3))を表示しませんでした。

  • SNMPv3 INFORMS(PTX シリーズ、QFX シリーズ、ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、SRX シリーズ)のコンテキストEngineID の変更—SNMPv3 INFORMS のコンテキストEngineID が Junos デバイスのローカル エンジン ID に設定されます。以前のリリースでは、SNMPv3 INFORMSのコンテキストEngineIDがリモートエンジンIDに設定されていました。

    Junos OSでサポートされているSNMP MIBとトラップを参照してください。