Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

加入者管理およびサービス

  • L2TP セッション ロックアウト サポート(MX シリーズ):Junos OS リリース 21.1R1 以降では、レイヤー 2 トンネリング プロトコル(L2TP)セッション ロックアウト状態における L2TP アクセス コンセントレータ(LAC)動作を制御するためのオプションとlockout-error-code オプションを指定lockout-result-codeできます。

    [ ロックアウト タイムアウト(L2TP 宛先ロックアウト)を参照してください。

  • PWHT(EVPN-VPWS 経由、トランスポート論理インターフェイス上)と加入者管理(BNG)サービス論理インターフェイス(MX シリーズ ルーター)のサポート:Junos OS リリース 21.1R1 以降、EVPN-VPWS を実行するアグリゲーション ネットワークに接続されたブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)を導入できます。pseudowire 加入者インターフェイス上にあるトランスポート論理インターフェイスで、PWHT(PseudoWire ヘッドエンド 終端)を設定します。BNG は EVPN ヘッダーと VPWS ヘッダーをポップし、レイヤー 2 で加入者を終端します。

    この機能には、以下のサポートが含まれます。

    • すべてのブロードバンド機能は、MX シリーズ ルーターの PWHT で利用できます。
    • 論理トンネル(LT)インターフェイスに固定された PseudoWire 加入者インターフェイスを備えたシングルホーム EVPN-VPWS
    • 制御語を使用するかどうかの選択