Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セグメント ルーティング

  • セグメントルーティングトラフィックエンジニアリング(ACX5448、 ACX710、MX204、MX104、MX480、MX960、MX10003、MX2020、PTX10001)—Junos OS リリース 21.1R1 以降、要件に基づいて異なるパラメーターとリンク制約を使用してパスを計算する柔軟なアルゴリズムを定義することで、ネットワークをシンスライスできます。例えば、IGPメトリックを最小化するパスを計算する柔軟なアルゴリズムを定義し、トラフィック制御メトリックに基づいてパスを計算する別の柔軟なアルゴリズムを定義し、ネットワークを別々のプレーンに分割することができます。この機能により、コントローラなしのネットワークでトラフィック制御を設定し、デバイスのセグメントルーティング機能を利用できます。

    柔軟なアルゴリズムを定義するには、 階層レベルに flex-algorithm ステートメントを [edit routing-options] 含めます。

    柔軟なアルゴリズムに参加するようデバイスを設定するには、 階層レベルで ステートメントを[edit protocols ospf source-packet-routing]flex-algorithmめます。

    [ セグメント ルーティング トラフィック エンジニアリングの OSPF で柔軟なアルゴリズムを設定する方法を参照してください。

  • 厳しい SPF および IGP ショートカット(ACX710、MX960、MX10008、 MX2020、PTX5000、PTX1000):Junos OS リリース 21.1R1 以降では、セグメント ルーティング アルゴリズム 1(ストリクト SPF)を設定し、その SID を IS-IS リンク状態 PDU(LSPDU)でアドバタイズし、これらの SID を使用して SR-TE トンネルを作成し、最短の IGP パスを使用してトンネル エンドポイントに到達することで、トラフィックを転送できます。また、トンネルがトラフィックを特定の宛先にリダイレクトできるに基づいて、インポートポリシーで一連のプレフィックスを指定することもできます。Source Packet Routing in Networking(SPRING)が有効になっている場合、アルゴリズム 1(ストリクト SPF)とアルゴリズム 0(デフォルト SPF)を使用できます。

    [ ストリクト SPF SID と IGP ショートカットプレフィックス セグメントソース パケット ルーティングを有効にする方法を参照してください。