Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Junos Telemetry Interface

  • JTI(MX5、MX10、MX40、MX150、MX204、MX240、MX480) MX960、MX2008、MX2010、MX2020、MX10003、MX10008、MX10008、MX100016、vMX)—Junos OS リリース 21.1R1 以降、Junos テレメトリ インターフェイス(JTI)とリモート プロシージャ コール(gRPC)サービスを使用して、バーチャル シャーシ ポート(VCP)インターシャーシ リンク統計情報とキュー統計をエクスポートできます。バーチャル シャーシのオペレータは、サポートされているセンサーを購読して MX-VC のシャーシ間リンクの状態を監視し、リンクが問題になった場合に発生する問題を診断して解決できます。この機能はまた、キュー統計収集を最適化し、アクティブなテレメトリ サブスクリプションがあるインターフェイス セットの一部であるキューにデータと統計ポーリングを制限します。これにより、リソースが削減され、より安定した運用環境が作成されます。

    サポートされる新しいセンサーは次のとおりです。

    • バーチャル シャーシ ポート センサー。インターフェイス(リソース パス/junos/system/mxvc/member/member[memberID=<ID>]/virtual-chassis-port/virtual-chassis-port[vcp-interface-name=<vcp-interface-port-string>])の基本的なエラーと動作状態を提供します。このセンサーは動作モード コマンドを使用するとき表示されるのと同じデータを集めますshow interfaces vcp-x/x/x extensiveおよび.show virtual-chassis vc-port
    • バーチャル シャーシ ハートビート センサー:バーチャル シャーシ システム(リソース パス /junos/system/mxvc/member/member[memberID=<ID>]/ハートビート)の全体的なリンク状態に関するインサイトを提供します。バーチャル シャーシ ハートビート センサーは、アクティブの場合、接続状態を追跡するためにシャーシ間で情報を定期的に送受信します。このセンサーは、動作モード コマンドを使用して表示されたのと同じデータを収集します show virtual-chassis heartbeat detail
    • バーチャル シャーシ高/低 DDoS キュー統計センサー(リソース パス /junos/system/mxvc/メンバー/メンバー[memberID=<ID>]/ddos-protocols/ddos-protocol[packetType=<packet_type>]/)。このセンサーは、DDoS(分散型サービス拒否)防御で使用される高い統計と低い統計を追跡します。このセンサーは、グローバル プライマリ シャーシで使用できます。バックアップ シャーシのセンサー出力は収集されません。このセンサーは、動作モード コマンドを使用して表示されたのと同じデータを収集します show ddos-protection protocols virtual-chassis statistics terse

    • タイムスタンプ センサー(リソース パス /junos/system/subscriber-management/dynamic-interfaces/interface-sets/queue-statistics/interface-set[container-index=<container-index>]/fpcs/fpc[slot=<slot>]/last update-time and /junos/system/subscriber-management/dynamic-interfaces/interfaces/queue-statistics/interface[sid=<session-identifier>]/fpcs/fpc[slot=<slot>]/last-update-time ).タイムスタンプ センサーは、FPC が特定の FPC レッグのキュー統計をいつ計算したのを追跡します。これにより、データの有効性を追跡するより良い方法が提供され、より正確なレート計算の基礎となります。

    強化されたセンサーは次のとおりです。

    • 加入者単位のキュー統計センサー(リソース パス/junos/system/subscriber-management/dynamic-interfaces/interfaces/queue-statistics/interface[sid=<session-identifier>]/fpcs/fpc[slot=<slot>]/queues/queues/queue[queue-no=<que]ue-index>]および/junos/system/subscriber-management/dynamic-interfaces/interface-sets/queue-statistics/interface-set[container-index=<container-index>]/fpcs/fpc[slot=<slot>]/queues/queue[queue-no=<queue-index>] )このセンサーには、追加のリーフとcurrent-polling-interface-sets.current-polling-interfaces対応するインデックス(インターフェイスの SID、インターフェイス セット用のコンテナ ID)を指定すると、対応するインデックスに対してのみキュー統計のポーリングが有効になります。インデックスが指定されていない場合は、すべてのインデックスキュー統計のポーリングが有効になります。

    [ 『Junos Telemetry Interface User Guide』を参照してください。

  • JTI(MX2010 および MX2020、MPC11E および MPC9E ライン カードを使用)によるシャーシ センサーのサポートの最適化:Junos OS リリース 21.1R1 以降、Junos テレメトリ インターフェイス(JTI)とリモート プロシージャ コール(gRPC)サービスを使用して、MX2010 または MX2020 ルーターから追加のシャーシ センサーを外部コレクターにエクスポートできます。

    ネットワークデバッグには、システム生成ログとSNMPトラップが利用可能です。しかし、電力入力モジュール(PEM)電圧やPEM供給障害などの一部のパラメータは、テレメトリでは使用できません。フィールド交換可能ユニット(FRU)、ファン、PEM、またはプレーンのSNMPトラップの一部としてログに記録されるメッセージをサポートするシャーシセンサーを介して、これらの追加のシステムパラメータを導入しました。

    これらの追加シャーシ センサーのサブスクリプションで、リソース パス /コンポーネント/コンポーネント/プロパティ/プロパティ を使用します。
    • 電源障害
    • シャーシ型ペンブレーカートリップ
    • シャーシ-pem電圧
    • ファン送風機取り外し
    • pem-not-powered
    • シャーシドゾーンブロワースピードタイプ
    • シャーシドゾーンブロワースピード
    • 温度設定-バックツーノーマル
    • 温度過多
    • FRU に障害が発生しました
    • プレーン fru チェック
    • プレーンオンライン

    [ 『Junos Telemetry Interface User Guide』を参照してください。