Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

高可用性

  • VRRP(PTX1000、PTX10002、PTX10008、PTX10016)のサポート:Junos OSリリース21.1R1、PTX1000、PTX10002、PTX10008、およびPTX10016ルーターでVRRPをサポートしています。ただし、これらのルーターは以下のVRRP機能をサポートしていません。

    • IRB 上の VRRP
    • デュアル タギング
    • GRES
    • LT(論理トンネル)インターフェイス上のVRRP
    • レイヤー 2 VRRP

    [ VRRP についてを参照してください。]

  • EX9200-SF3およびEX9200-15C(EX9200)でのVRRPのサポート-Junos OSリリース21.1R1以降、EX9200-SF3スイッチファブリックモジュールとEX9200-15CラインカードはVRRPをサポートしています。すべてのVRRP機能がサポートされています。

    [ VRRP についてを参照してください。]

  • 高速 BFD 障害検知(SRX1500、SRX4100、SRX4200、SRX4600)の分散モードのサポート:Junos OS リリース 21.1R1 以降、BFD の分散モードがサポートされています。このモードでは、BFD障害検出時間が3 x 300 msに高速化されます。分散モードを有効にするには、BFD障害検出時間を500ms未満の値に設定します。この機能は、スタンドアロンのSRXシリーズデバイスでサポートされています。シャーシ クラスタではサポートされていません。

    メモ:

    BFD障害検出時間に関係なく、SRX1500デバイスは、設定 set chassis dedicated-ukern-cpuした場合、専用モードで動作します。SRX1500 デバイスで分散モードを有効にできるのは、専用モードが有効になっていない場合のみです。

    [ 検出時間(BFDライブネス検出)分散型BFDの理解を参照してください。