Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ハードウェア

  • Junos OS リリース 21.1 の MPC10E(MPC10E-15C-MRATE、MPC10E-10C-MRATE)および MPC11E(MX2K-MPC11E)に次の機能を追加しました。

    表 1:ネットワークルーターでの MPC10E および MPC11EのMX シリーズ
    機能の 説明
    EVPN
    • 柔軟な VXLAN トンネル用に内部ソース MAC アドレス を設定する — ジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET)RIB サービス API を使用して、IPv4 および IPv6 の柔軟な VXLAN トンネル カプセル化プロファイルで使用される送信元 MAC アドレス を設定します。ソース MAC アドレス を指定しない場合は、デフォルトのソース MAC アドレス 00:00:5e:00:52:01 が、IPv4 および IPv6 の柔軟な VXLAN トンネルのカプセル化に使用されます。

      [「 Programmable Flexible VXLAN Tunnels and ジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET) について 」 参照してください。

    • EVPN ベースで自動派生ルート ターゲットをMPLS。Junos OSルーター上のMPC10Eライン カードにあるEVPN-MPLSのルート ターゲットの自動派生をMX シリーズします。自動派生ルート ターゲット機能を有効にした場合、EVPN タイプ 2 および EVPN タイプ 3 ルートの VLAN ID からルート ターゲットが自動的に取得され、EVPN ルーティング インスタンス テーブルにインポートできます。

      自動派生ルート ターゲット オプションを有効にするには、 [ ] 階層レベルに auto edit routing-instances routing-instance-name protocols evpn vrf-target ステートメントを含てます。

      [自動 派生ルート ターゲットを参照してください。]

    • MX240、MX480、MX960、MX2008、MX2010、MX2020のルーター上で実行されているMPC10EおよびMPC11Eラインカードで、IPv4ユニキャストVXLANカプセル化を最適化します。デフォルトでは、これらのルーターは以下のプロトコル トンネル タイプでサイズが 512~1500 バイトの IPv4 ユニキャスト パケットの VXLAN カプセル化スループットVXLAN最適化します。

      • PIM ベースのVXLAN

      • EVPN-VXLAN

      • 静的VXLAN

      この機能では、EVPN タイプ 5 トンネル(すでに最適化されています)を使用した最適化は提供されません。転送テーブル フィルタではサポートされていません。

      [「 VXLANs について 」を参照してください

    高可用性(HA)および高可用性
    • MX シリーズ バーチャル シャーシ(MX-VC)で MPC10E-10C-MRATE および MPC10E-15C-MRATE(MX240、MX480、MX960)をサポート—MPC10E-10C-MRATE と MPC10E-15C-MRATE ライン カードを、MX シリーズ バーチャル シャーシ 内のルーターで操作できます。MX-VCでのMPC10Eのサポートはアップリンク使用専用です。

      [詳細なバーチャル シャーシの概要 を参照してください]

    ジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET)
    • IP-in-IP トンネルのカプセル化とプロビジョニング API(MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020)による静的バックアップ パスのサポート— ジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET)API を拡張して、コントローラが、IPv4 カプセル化で IP-in-IP トンネルを使用するアンダーレイ ネットワーク バックアップ パスを設定できます。

      [詳細 をジュニパー Juniper Extension Toolkit(JET).]

    レイヤー 2 の機能
    • MAC統計(MXシリーズ)のサポート: MPC10E-15C-MRATE、MPC10E-10C-MRATE、MX2K-MPC11E MPCラインカードでレイヤー2トラフィックのMAC統計を有効にできます。

      ブリッジ ドメインで MAC 統計を有効にするには、 [ ] 階層レベルに設定 mac-statistics ステートメント edit bridge-domains <bridge-domain name> bridge-options を含てます。

      グローバル レベルで MAC 統計を有効にするには、 [ ] 階層レベルに設定ステートメント global-mac-statistics edit protocols l2-learning を含める必要があります。

      [mac-statistics と global-mac-statistics を参照してください]

    • MVRP(Multiple VLAN Registration Protocol)および ERPS(イーサネット リングプロテクション スイッチング)に対応。

      [ダイナミック VLAN 登録およびイーサネット リングプロテクション スイッチングの MVRP(Multiple VLAN Registration Protocol) について を 参照してください。 概要 .]

    ポート セキュリティ
    • 論理インターフェイス(MPC10E および MPC11E)での MACsec(Media Access Control Security)をサポート。VLAN タグはクリア テキストで送信されます。これにより、MACsec に未感染の中間スイッチが VLAN タグに基づいてパケットを交換できます。

      [WAN 上の MACsec(Media Access Control Security)をご覧ください。]

    サービス アプリケーション
    • MAP-E(アドレスおよびポートカプセル化によるマッピング)およびインライン 6rd(MPC10E および MX2K-MPC11E)に対応:MAP-E およびインライン IPv6 ラピッド 導入(インライン 6rd)を以下の MPC で設定できます。

      • MPC10E-15C-MRATE と MPC10E-10C-MRATE(MX240、MX480、MX960 ルーター)

      • MX2K-MPC11E をMX2010およびMX2020使用

      [カプセル 化を使用したアドレス とポートのマッピングの設定(MAP-E)と インライン 6rd の設定 を参照してください]

    • MPC10E ライン カード上のトンネル インターフェイスをサポート— Junos OS は、MPC10E ライン カード上の 3 つのトンネル インターフェイスをサポートしています。このインターフェイスは、GRE(汎用ルーティング カプセル化)トンネル、LT(論理トンネル)、VT(仮想トンネル)です。

      • GRE トンネル インターフェイスは、 、 のオプションを使用して tunnel destination key source traffic-class ステートメントをサポートしています ttl 。ステートメント copy-tos-to-outer-ip-header もサポートされています。

      • LT インターフェイスは、ファミリー inet 、 、 、 inet6 オプションをサポート iso しています。ステートメント encapsulation は、イーサネットとVLANの物理インターフェイス オプションのみをサポートしています。

      • VTインターフェイスはファミリー オプションのみを inet サポートしています。

      [トンネル サービスの概要 ] を参照してください。

    • AMS のサポート(MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020 ルーター)—Junos OS は、MPC10E および MX2K-MPC11E ライン カード上のアグリゲート マルチサービス(AMS)インターフェイスをサポートし、ステートフル ファイアウォールおよび NAT サービス用に ロード バランシング と高可用性機能を提供します。AMS インターフェイスは、ネクストホップ スタイルのサービス セットと、MS-MPC または MS-MIC のみを使用して設定できます。

      [アグリゲートマルチサービス インターフェイスについて を参照してください]

    システム管理
    • リンク アグリゲーション グループ インターフェイス(MX240、MX480、MX960)をサポート—MPC10E ライン カードは、リンク アグリゲーション グループ(LAG)上の同期イーサネットをサポートします。

      [同期 イーサネットの概要.]

    • PTP over Ethernet、ハイブリッド モード、G.8275.1 プロファイル(MX240、MX480、MX960)がサポートされます。MPC10E ライン カードは、イーサネット、G.8275.1 プロファイル、ハイブリッド モードに対応しています。

      [「 Precison Time Protocol Overview and Understanding Hybrid Mode 」 を参照してください

    • リンク アグリゲーション グループ インターフェイス(MX240、MX480、MX960)で PTP over Ethernet およびハイブリッド モードをサポート: MPC10E ライン カードは、リンク アグリゲーション グループ(LAG)を使用してイーサネット経由で PTP(高精度時刻プロトコル)をサポートし、ハイブリッド モードをサポートします。

      [ハイブリッド モードと Precison Time Protocolの概要 を参照してください]