Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

既知の制限

このリリースの一部のスイッチの既知の制限EX シリーズください。

既知の問題の検出と欠陥に関する最もJunos OS最新情報は、 オンライン サポート ジュニパーネットワークスレポートJunos を使用 してください。

EVPN

  • リカバリー プロセス中に再起動した後、ESI LAG は BGP セッションの前に起動し、ルートまたは ARP エントリーは同期されません。 PR1487112

一般的なルーティング

  • デバイスが長い間稼働すると、FS が悪いブロックを受け取って蓄積される可能性があります。変更が行われると、リロードを行い、FS から悪いブロックをリカバリーします。 PR910445

  • Junos OS、LinuxおよびQEMUハイパーバイザー上でVMとして実行されている場合、再起動中にSMP IPIロックを取得しようとする際に、何が起きようとする場合があります。デバイスを復旧するには、デバイス PR1385970 の電源サイクルを使用します。

  • Q-in-Q 環境で Junos OS または Junos OS Evolved を実行しているすべてのプラットフォームで、vlan-id リストが設定された論理インターフェイス上で xSTP が有効になっている場合、vlan-id 範囲にネイティブ vlan-id が設定されている論理インターフェイスでのみ実行されます。その他のすべての xSTP は破棄状態になります。これによりトラフィックが低下する可能性があります。 PR1532992

  • ファイアウォールがアクションインライン監視とカウントを使用して設定されている場合は、対応するファイアウォール カウンターにトラフィック統計の増加は表示されません。この制限は、基礎となるハードウェアによる制約です。 PR1542192

  • インライン監視セキュリティサービスは、宛先IPアドレスと同じ送信元IPアドレスを持つトラフィックを受信した場合、IPv4セキュリティ違反を報告できません。この制限はハードウェアに限定されます。 PR1542213

  • バーチャル シャーシでは、バックアップ メンバーでライセンスを追加する cli コマンドは使用できません。ライセンスは、マスター メンバーからのみ追加する必要があります。 PR1545075

  • ユーザーに Tech Support と共有するためのデバッグ データを収集する「サポート情報のリクエスト」という問題が発生すると、プラットフォームでサポートされていないコマンドに構文エラー メッセージが表示されます。 PR1547835

  • バーチャル シャーシ環境では、異なるバーチャル シャーシ メンバーの子メンバーで設定された LAG(リンク アグリゲーション グループ)がある場合は常に、レイヤー 2 ヘッダー ハッシュを使用して、LAG メンバー全体にトラフィックを分散する必要があります。vlan-id ベースのハッシュの使用は推奨されません。その結果、LAG のスループットが低下する可能性があります。 PR1548859

  • テール ドロップは WRED 設定統計で見られます。 PR1549910

  • インライン監視サービスは、最大 8 つのインスタンスのみをサポートします。 PR1550014

  • 現在、EX4400 シリーズスイッチでは VRRP の委任処理はサポートされていません。 PR1552076

  • 異なるバーチャル シャーシ メンバー間でイングレス インターフェイスとエグレス インターフェイスを使用してアナライザを介してミラーリングされたパケットには、エグレス インターフェイスのvlan-IDとは異なるvlan-IDが含されている可能性があります。この制限は、ハードウェアのアンダーリングによるもの。 PR1552905

  • ライセンス キーは、動作コマンドまたは設定セット コマンドを使用してインストールする必要があります。運用およびセット comands を使用して、同じライセンス キーを追加する必要があります。 PR1557980

  • ホストのルート スケールを取得するために CLI コマンドを発行すると、VTY に見られる「家畜のデーモンは未知のトリガー(タイプ Semaphore、id 1)を受け取った」というエラー メッセージが表示されました。機能への影響は見られない。 PR1554140

  • LAG インターフェイスのフラップにより、ISSU 中のトラフィック ドロップを観察します。 PR1569578

  • 以下は、速度が 1. 10m に設定されている場合の管理 LED の状態です。ping/トラフィックが実行された場合、アクティビティ LED が点滅しない(代わりに安定した GREEN のまま)2 。100m - ping/トラフィックなしでアクティビティLEDが点滅。 PR1573889

  • ライセンス キーは、動作コマンドまたは設定セット コマンドを使用してインストールする必要があります。運用およびセット comands を使用して、同じライセンス キーを追加する必要があります。 PR1557980

  • スタンドアロンの EX2300-MP デバイスでは、ピアによってOSPF問題が発生しているのが断続的に表示されます。 PR1583966

  • スタンドアロン EX2300 の EX2300-MP を DHCP サーバーとして使用すると、サーバーで受信したパケットの初期セットが破棄される場合があります。 PR1583983

  • NSSU または Junos OS リリース 21.1R1 にアップグレードした後、バージョンの詳細を確認すると、fpc0 からの応答を待つタイムアウト エラー メッセージが表示されます。 PR1584457

インターフェイスとシャーシ

  • 低電力アイドル モード(EX4400-48T、EX4400-48P、EX4400-24T、EX4400-24P)をサポート—Junos OSリリース21.1R1、1-Gbpsまたは100-Mpbsポートスイッチから、次の状態に基づいて低電力アイドル(LPI)モードに対応しています。

    • ポートが 1 Gbps の速度で動作し、トラフィックを受信または送信しない場合、ポートは LPI モードになります。1 Gbps ポートが単一方向または双方向トラフィックを転送すると、ポートは LPI モードに入しません。
    • ポートが 100 Mbps の速度で動作すると、ポートはトラフィックの方向に基づいて LPI モードに切り替わります。コマンド show interfaces interface-name extensive は、 RX LPI RXトラフィックがない場合と TX LPI 、TXトラフィックがない場合に表示されます。

    コマンドを実行すると、LPI モードのインターフェイスを表示 show interfaces interface-name extensive できます。[出力] フィールド IEEE 802.3az Energy Efficient Ethernet には LPI モードのステータスが表示されます。

    [show interfaces extensive .]

インフラストラクチャ

  • 一EX シリーズスイッチでは、一部のインターフェイスで大規模なファイアウォール フィルターを設定している場合、FPC がクラッシュしてコア ファイルが生成される場合があります。 PR1434927

  • 「IFDE: Null uint32 set vector,ifd および IFFPC: 'IFD Ether uint32 set'(オペコード 151)」というエラー メッセージが、ベース構成を使用する AD 内で継続的に表示されます。 PR1485038

  • ジュニパーネットワークス Junos OS のソフトウェア転送インターフェイス デーモン(sfid)プロセスにおける二重の無料脆弱性により、隣接接続された攻撃者が、作成した ARP パケットをデバイスに送信することでサービス拒否(DoS)を引き起こします。詳細 については https://kb.juniper.net/JSA11162 を参照してください。 PR1497768

  • カーネルを読み込むと、メッセージ「GEOM: mmcsd0s.enh: 破損しているか無効な GPT が検出されました。」というメッセージが表示されます。このメッセージは機能に影響を与えないので、今後のリリースで解決されます。 PR1549754

インターフェイスとシャーシ

  • AE IFL とファイアウォール フィルターのスケール数が一時的に設定された各 IFL に適用され、その後で AE の非アクティブ化とアクティブ化を行った場合、一時的なインスタンスを削除する際に DCD クラッシュが発生する可能性があります。 PR1571121

MPLS

  • EX4400スイッチでは、rpdプロセスにmplsoamd_controlに接続できないに関連するエラー メッセージが10秒ごとにsyslogメッセージに印刷されます。デフォルトでは、特定の設定を行わずにエラー メッセージが印刷されます。ex4400 rpd[15786): %DAEMON-4-JTASK_IO_CONNECT_FAILED: MPLSOAMD I/O./var/run/mplsoamd_control: /var/run/mplsoamd_control への接続に失敗: ファイルまたはディレクトリ PR1590719

ユーザー インターフェイスと設定

  • 「restart」コマンドでは、サポートされていないオプションを確認できます。 PR1545558

  • Python スクリプトは ZTP ワークフローではサポートされていません。Python は(ZTP 中)、少数のフレックス 画像QFX シリーズ実行できます。 PR1547557