Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

未解決の問題

QFXシリーズスイッチのこのリリースで未解決の問題について説明します。

Junos OS Evolvedの既知の不具合のほとんどを網羅した最新の情報を得るには、ジュニパーネットワークスのオンライン Junos問題レポート検索 アプリケーションを使用してください。

一般的なルーティング

  • FIPS モードはサポートされていません。 PR1530951

  • MPLSトラフィックエンジニアリングを有効にすると、LDPセッションが立ち上がらなくなります。その理由は、基盤となるTCP接続がSYN-SENT状態のままであるためです。MPLS トラフィック エンジニアリングを無効または無効化すると、この問題は解決します。 PR1617629

  • Junos OS Evolvedプラットフォームでは、NDP(ネイバー検出プロトコル)エントリーを1回のショットでIRB上で32000に拡張すると、NDPプロセスのCPU使用率が100%に達し、32000エントリーすべてのユニキャストネクストホップが存在しないことがあります。これにより、ユニキャストNexthopが存在しないエントリーのトラフィックがドロップされます。 PR1551644

レイヤー 2 イーサネット サービス

  • リクエストシステムのゼロ化を発行してもZTPがトリガーされないことはめったに見られませんでした。簡単な回避策は、ZTPを再起動することです。 PR1529246

ルーティングプロトコル

  • Junos OS Evolvedプラットフォームでは、MSDPが有効になっている場合、Junos OS Evolvedデバイスの再起動後にrpdがクラッシュすることがあります。これにより、クラッシュ後にrpdが起動し、すべてのルートが復元されるまで、トラフィックが落ちる可能性があります。 PR1536593