Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MPLS

  • P2MP LSP(PTX10008)でのデフォルトの再マージ動作を変更するサポート : RSVP ポイントアンドマルチポイント(P2MP)ラベルスイッチ パス(LSP)で、デフォルトの再マージ動作を変更できます。再マージ という用語は、ネットワーク内の別のノードで P2MP LSP と交差する支社/拠点を再マージするイングレスノードまたはトランジット ノード(再マージ ノード)を指します。これは、パス計算のエラー、手動構成のエラー、P2MP LSP の確立中にネットワーク トポロジが変更された場合に発生する可能性があります。

    [「ポイント to-マルチポイント LSP での再マージ動作の概要 」を参照してください

  • PCEP ( PTX シリーズ ) を使用してRSVP-TELSPのプレフィックスをインストールする – Junos OS Evolved リリース 21.1R1 から、パス計算要素(PCE)開始および PCE が委託した RSVP-TE LSP(Path Computation Element Protocol)を使用して、異なるプレフィックスを設定できます。この機能の前に PCE が開始した LSP では、テンプレートを通じてプレフィックスをルートとしてインストールし、テンプレートを LSP にマップできます。PCC(Path Computation Client)で設定された LSP では、デバイスにプレフィックスをインストールすることもできますが、この情報は PCE に報告されていませんでした。

    この機能を使用して、PCEP 通信を介して外部 RSVP-TE LSP のプレフィックスをインストールし、PCC が、すべてのローカル RSVP-TE LSP に対してインストール済みプレフィックスを PCE に報告できます。このサポートにより、ネットワーク機能トラフィック制御向上し、Junos OSベンダーの PCC または PCE と相互運用できます。

    [RSVP-TEのパス計算要素プロトコルのサポートTE概要 ]