Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ハードウェア

  • ジュニパーは、Junos OS Evolved 21.1R1に新しいQFXシリーズハードウェアを導入していません。次の表を使用して、QFX5130-32CD スイッチでサポートされる新機能の一部について説明します。

    表1 は、Junos OS Evolvedリリース21.1R1でQFX5130-32CDに追加された機能を要約したものです

    表1: QFX5130-32CDスイッチに追加された機能サポート

    機能

    説明

    サービスクラス(CoS)

    • DSCP(DiffServ サービス コード ポイント)を使用した、レイヤー 3 でのタグなしトラフィックのプライオリティ ベースのフロー制御(PFC)のサポート。これにより、レイヤー 2 サブネットを接続するレイヤー 3 ルーター間でロスレス トラフィックが可能になります。DSCP ベースの PFC は、RoCEv2(コンバージド イーサネット バージョン 2)上のリモート ダイレクト メモリ アクセスをサポートするために必要です。

      [ タグなしトラフィックに対するレイヤー 3 での DSCP を使用する PFC についてを参照してください。]

    転送オプション

    • ストーム制御のサポートにより、スイッチは次のことが可能になります。

      • トラフィック レベルを監視します。
      • ブロードキャスト、マルチキャスト、不明なユニキャスト(BUM)パケットは、トラフィックストームが発生する前にドロップします。

      [ ストーム制御についてを参照してください。

    レイヤー 2 の特長

    • すでにサポートされているエンタープライズスタイルに加えて、サービスプロバイダスタイル設定でのQ-in-Qトンネリングのサポート。コマンドを使用して、物理インターフェイス set encapsulation flexible-ethernet-services の設定を有効にすることができます。サービスプロバイダスタイル設定のQ-in-Qトンネリングには、次の制限があります。
      • タグなしトラフィックは、物理インターフェイスに コマンドを使用する native-vlan-id 場合にのみサポートされます。タグなしのトラフィックは、ネットワーク間インターフェイス(NNI)またはサービスVLANインターフェイスを単一タグ付きS-VLANとして出力します。
     
    • as の内部タグの挿入 native-vlan-id はサポートされていません。コン input-native-vlan-push フィグレーション コマンドはサポートされていません。
    • 単一タグ付きインターフェイスでのスワッププッシュ/ポップスワップ操作と、二重タグ付きインターフェイスでのスワップスワップ操作はサポートされていません。
    • 同じブリッジドメイン上でVLAN IDが異なる、またはQ-in-Q操作が異なる複数のユーザー/ネットワーク間インターフェイス(UNI、またはC-VLANインターフェイス)を使用することは推奨されません。ある論理インターフェイス上のC-VLANトラフィックが別の論理インターフェイスに漏れる可能性があります。
    • UNI の設定コマンドによる inner-vlan-id スワップ操作はサポートされていません。
    • カスタムタグプロトコル識別子(TPID)の設定と変換はサポートされていません。
    • IRB 論理インターフェイスと C-VLAN(UNI)論理インターフェイスは、同じ VLAN 上に共存できません。
    • この設定 vlan-id-list は、有効なI/Oマップを持つインターフェイスでのみサポートされます。
    • [ フレキシブルイーサネットサービスのカプセル化 とQ-in-Q トンネリングの設定を参照してください。]

    タイミングと同期